文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青玉の十字架(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(195-248)/590

「お前がどんな関係があるのか知らないが、もし知り合いの間なら、言ってくれ、うちの林檎をもう一ぺんひっくりかえすような事があれば、坊主であろうと何であろうと、あたまをたたき割ってやるからって」

"I don't know what relationship you have, but if you're in an acquaintance, say it, and if it's something like turning your apple upside down, it's a shave or whatever, I'll beat the heat. I will do it

「へへえ?

"Hey?

 そいじゃあ奴等は君んとこの林檎をひっくりかえしたのかね?」

Well then why did they overturn this apple with you? "

と探偵は、同情してこう言った。

Said the detective, sympathetic.

「あいつらの一人がやったのさ」と亭主はポッポッと湯気を立てながら「何しろ通一ぱいぶちまけちゃったんだ。

"One of the guys did it," said the lord with popping steam.

阿呆め、自分で拾い集めないで行ったら、ふん捉まえてやるところだった」

Amida, if I did not pick it up myself, it was a place to catch me. "

「その坊主達はどっちの方角へ行ったかね?」

"Where did the poor go?"

「あの二つ目の通を左へ曲って、広場を突きって行ったらしいよ」と亭主はすぐ答えた。

"It seems that you turned that second street to the left and went through the square," said the lord.

「いや、ありがとう」ヴァランタンは、言葉とともに妖精のように姿を消した。

"No, thank you," Valentine, with words, disappeared like a fairy.

第二の広場の片側で巡査を見付けると、彼は早速訊ねた。

When he found a policeman on one side of the second square, he immediately asked.

「巡査君、重大事件なんだが、君、鍔広帽を冠った二人連れの坊さんを見かけなかったか?」

"President, it's a serious incident, have you not seen a two-person boy with a hat?"

「ハア、見ましたです」巡査はのろのろと笑いながら言った「ひとりの方は大分酔ってるようでした。

"Ha, I saw," said the Consul, laughing slowly, "One seemed to be intoxicated.

往来の真中で、ハテどっちの方角へ行ったものかって言うような腰つきをしましてな――」

In the middle of the traffic, I'm doing the same kind of thing as saying which one I went to in the direction of Hate-"

「どっちの道へ行った?」

"Which road did you go to?"

ヴァランタンはつっこんだ。

The Valentine is stuck.

「あの黄色い乗合に乗って」と巡査は答えた。

"On that yellow board," said the police officer.

「あれはハンプステット行きです」

"That's going to Hampstedt"

 ヴァランタンは警察手帳を示して早口に言った。

Valentine showed the police notebook and said quickly.

「では、至急君の同僚を二人呼んでくれたまえ。

"Now, please call on two of your colleagues.

僕と一緒に追跡してもらうんだ」

I'll keep track with me. "

 彼は、伝染病のようにすごい勢力をもって向う側に突っ切った。

He rushed to the side with a great power like a contagious disease.

で、鈍間な巡査も思わず身軽について行った。

So, a slow policeman went on in vain.

一分半ばかりで、このフランスの探偵は、イギリスの警部と私服の巡査とを仲間に加えた。

For only a minute and a half, this French detective added the British police department and a plainclothes police officer to the group.

「それで」と警部は重大そうな顔付きに微笑を浮べて言った。

"That's it," the police said with a smile on the face that seemed serious.

「事件は――」

"The case is-"

 ヴァランタンはすばやくステッキで指さした。

The Valentine pointed quickly with a stick.

「あの乗合馬車の二階に乗ってから、お話ししよう」もう彼は激しい往来を縫ってす早く突進していた。

"Let's get on the second floor of that ridecoach and let's talk," he was rushing fast, sewing a heavy traffic.

三人が息をはずませて黄色い乗合の階上席についた時、警部は「タクシイなら十倍も早いでしょうに」と言った。

When the three men got their breath and went upstairs on the yellow board, the police said, "Taxi will be ten times faster."

「その通り」ヴァランタンは落付いて言った。

"That's right," Valentine said.

「行先がはっきりしていればね」

"The destination is clear spring"

「へえ、それでは我々は一体どっちへ行くんですか?」

"Hey, so where do we go?"

と驚きの目をみはって巡査がたずねた。

With the eyes of surprise, the policeman asked.

 ヴァランタンはむずかしい顔をしながら、しばらく巻煙草をふかしていたが、それを口から放すと、彼は言った。

Valenant shook his cigarette for a while with a difficult face, but he said, releasing it from his mouth.

「君がある人のすることを知っているなら、前に行けばいいんだ。

"If you know what a certain person does, go ahead.

また何をするか当ててみようというんなら、その人のあとについて行くんだ。

Also, if you ask what you want to do, you will follow that person.

その人が道を外れたら、自分もそれる。

If the person gets out of the way, then he will turn.

止ったら止るんだ。

I will stop if I stop.

その人のゆっくり行く通り、君もゆっくり行くんだ。

As the person goes slowly, you go slowly.

そうすれば、君は、その人の見るものを君も見るし、その人のすることを君もすることになるんだ。

Then you will see what you see and do what you do.

問題は、何か奇妙なものにしっかりと目をつけるにあるんだ」

The problem is to keep a close eye on something strange. "

「一たい、どんな奇妙なことなんです?」

"What kind of strange thing is it?"

と警部がたずねた。

Asked the police.

「奇妙なものなら何でもいいんだ」とヴァランタンは答えると頑固に口を噤んでしまった。

"I can do anything strange," Ballentin said, stubbornly hated.

 黄色い乗合馬車は、ゆっくりと、北部の道路を何時間も走り歩いた。

The yellow wagon slowly ran through the northern roads for hours.

大探偵はもう何にも説明しなかったし、その助手達は自分の役目について無言の疑惑を増して行ったに違いない。

The great detective no longer explained anything, and their assistants must have made more suspicions about their role.

またおそらくは、昼飯について無言の欲求を増して行ったに違いない。

Also, probably, I should have increased my silent desire for lunch.

なぜなら、普通の昼飯時は、もうとうに過ぎていたのだ。

Because normal lunchtime was already over.

そして、ロンドン北郊の長い長い路が、際限もない遠望のように、つづいていた。

And a long, long road in the northern suburbs of London followed, like an endless, distant view.

それは、人々が、もうこの宇宙のはてに来てしまったかと思うような旅行であった。

It was a trip that people would think had already come to the end of this universe.

が、ふと見ればまだタヘネル公園に来たばかりだった。

But when I saw it, I just came to Tahenel Park.

ロンドンは薄汚い居酒屋や、退屈な矮木林となって、もう果ててしまっていた。

London has already been exhausted, becoming a dreary tavern and boring woodland.

かと思うとまた、賑かな街路や、繁昌した旅館などが行手にあらわれて、応接に遑ないくらいだった。

In addition, bustling streets and busy ryokans also appeared on the way to the street, and it was almost impossible to meet them.

日足のみじかい冬のたそがれが、いつの間にか襲って来ていた。

The gloomy winter twilight of each day had been attacking before long.

しかし巴里生れの探偵はむっつりと黙り込んだまま、ただその両眼だけは忙がしげに両側にくばっていた。

However, while her detective was silently shut down, only her eyes were busy on both sides.