文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青玉の十字架(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(249-299)/590

一行がキャムデン町をあとにした頃おいには、巡査等はもうほとんど眠りこけていた。

By the time the group left Camden town, the constables had almost fallen asleep.

少くとも、ヴァランタンが突然、つっ立ち上って各々の肩をたたき、更に馭者に向って「止めろ」と叫びかけた時には、彼等は夢うつつから飛び上らんばかりにおどろいた。

At least, when Valentine suddenly stood up, pounding on their shoulders, and shouting at the devil, "Stop", they dreamed and jumped up.

 彼等は、何のためにここで下りるのだか、見当がつかなかったが、ともかくも転げるように飛び下りた。

They had no idea what they were going to go down here, but they jumped down in a way.

見ると、ヴァランタンは勝ち誇ったように、左側にある家の窓を指さしていた。

Looking at it, Valenant pointed to the window of the house on the left, as he won.

それは金ぴかの宮殿のような構えの料理店の正面になった大きな窓だった。

It was a large window in front of a restaurant with a golden palace.

そこは立派な晩餐のための特別席で、『御料理』という看板が出ていた。

There was a special seat for a good dinner, and there was a signboard saying "Culinary".

この窓は外の窓と同様に、模様入りの曇りガラスになっていたが、氷を破ったように、ぽっかりと大きな穴が、その真中にあいていた。

This window, like the window outside, was a patterned frosted glass, but as it broke the ice, a large, pop hole was in the middle of it.

「さあ諸君、とうとう手懸りがあった。

"Oh, you guys, finally there was an effort.

あの破れた窓の家だ」とヴァランタンは、ステッキを振り廻しながら叫んだ。

That house with a broken window, "Valentine screamed, waving with a stick.

「何ですって、窓が手懸りですって?」

"What is it that the windows help me?"

と警部はいぶかしげに言った。

Said the police department dumbly.

「ハハア、何か役に立つ証拠でもあるんですか?」

"Ha ha, is there any useful evidence?"

 ヴァランタンは竹のステッキを折らんばかりに癇癪をおこした。

Valenant broke the bamboo cane just before breaking.

「証拠だって」と彼は叫んだ。

"Evidence is it," he cried.

「何ってこった! 証拠をさがしてやがる! そりゃあ君、何の役にも立たないってことだって二十回に一回はあるさ。

"What's up! I'm looking for evidence! Oh, oh, there's once in twenty times that it won't do any good.

だが、では、一体ほかに我々にどんなことが出来るんだね?

But what else can we do?

 我々はいかにあてにならないような可能性だって、それを追求するか、さもなけりゃ、家にかえって寝るばかりだろうじゃあないか?」

How might we go wrong and pursue it, or would we just go to bed back home? "

ヴァランタンは、転ぶように料理屋へはいって行った。

Valentine went to the restaurant to roll over.

一行はまもなく、ささやかな食卓で、おそい昼食を喫した。

Soon they had a late lunch at a small dining table.

そこでは破れ硝子の星形の穴を内側からよく見ることが出来たのだ。

There, I could see the broken glass star hole from the inside well.

「窓ガラスがこわれてるじゃないか」とヴァランタンは、勘定を済ますと、給仕に向って言った。

"I guess the windows are broken," Valentan said, going to the wait.

「左様でございます」と給仕は小銭を数えながら答えた。

"They're left," the waiter answered while counting small changes.

ヴァランタンは少なからぬ心付をそっとそこへ加えてやった。

Valenant added a little heartwarming to it.

「はい、左様でございます」と給仕は言った。

"Yes, you are left," said the waitress.

「まったくおかしな出来事なんで」

"It's a totally strange event"

「そうか、俺達に話してくれないか」と探偵は別に何心ない好奇心を装ってたずねた。

"Sorry, can you tell us?" The detective asked, in the guise of a curious curiosity.

「はあ、坊さんがお二人お見えになりまして」と給仕は言った。

The waiter said, "Oh, two boys are now in sight."

「二人とも近頃来たらしい外国の坊さんですが、安直なお弁当をお上りになると、一人の方がお勘定をなさいました。

"They are both foreign bosses who seem to have recently come, but when you go up a safe lunch box, one person paid for it.

そして先に出て行きました。

And I went out earlier.

もう一人の方がちょうど出て行こうとしていました。

Another one was just going out.

お金をしらべてみると、勘定の三倍もございます。

If you look at the money, there are as much as three times the accounts.

『ああ、もしもし、これでは多すぎます』と申しますと、坊さんは平気で『ああ、そうか』と言うんです。

"Oh, if this is too much for me," the boy says, "Oh, I see."

『へえ』と言って私が勘定の多いのをお見せしようとすると、すっかり面喰いました」

When I said "hee" and tried to show me that there was a lot of accounts, it was all about me. "

「どうしたんだね」と質問者が言った。

"What happened?" The questioner said.

「さあ、私は誓ってもよいんですが、はじめたしかに四|志と書いたのに、はっきり十四|志となっているんです」

"Now, I may swear, but although I originally wrote four | aspirations, I am clearly fourteen | aspirations"

「なあるほど」とヴァランタンが叫んだ。

"Somewhat," cried the Valentine.

そして身体をゆるゆると動かしたが眼は異様に光っていた。

And I moved my body loosely, but my eyes were shining strangely.

「で、それから、どうしたね?」

"Oh, then what happened?"

「ところが門口の坊さんときたらすましているんです。

"When I'm a boy at the door, I'm scorning.

『いや、それは失敬。

"No, it's disappointing.

余分のところはこの窓で埋合わせをつけるよ』と言うんです。

I will make an extra place with this window.

『なに窓ですって?

"What is a window?

』と聞き返しますと、『わしが、こわそうという分だよ』と言ったかと思うと、持っていた洋傘で、あの通り破ったのです」

When I asked, "I'm going to be frustrated," I thought, and I was broken with the Western umbrella I had. "

 三人の警察官は一斉に叫び声を上げた。

Three police officers screamed at once.

警部は呼吸をはずませて「では発狂者を我々は追跡してるんかな」と言った。

The police were breathing off and said, "Now we are tracking down the madman."

給仕はこの馬鹿げた話を更に大袈裟に話し出した。

The waiter talked this stupid story further to the captain.

「私はもうまるで呆気にとられて、何とする業も知りませんでした。

"I was totally jealous and I didn't know what to do.

その間に坊さんは表へ出て、あの角を曲って連れの坊さんのあとを追って行きました。

Meanwhile, the boy went out and turned that corner to follow the boy.

それからバロック街の方へ足早に行きましたが、あんまり足が早いので追っかけてみたがだめでした」

Then I went to the baroque town quickly, but it was too bad to try chasing because it was so fast. "

「バロック街」と探偵は言った。

"The baroque city" said the detective.

そして勘定をおっぽり出すと、二人の怪人物を目差して突進した。

Then, when he ran out of the bill, he rushed to see two strangers.