文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青玉の十字架(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(300-343)/590

 今や彼等の旅は、トンネルのような、何のかざりもない煉瓦の道の上に来た。

Now their journey has come to the top of an insane brick road, like a tunnel.

燈火もまばらな、いな、窓さえもろくに目につかない町々、あらゆるもの、あらゆる場所のうつろな背景から出来ているような町々だ。

It is a town where the bonfire is sparse, a town with invisible windows, an invisible window, a town with all sorts of things, and the background of every place.

夕暮の薄暗はようやく濃くなりそめて来た。

The dusk of the evening glow has finally deepened and came.

そしてロンドンの警官達にとっては、どこをどう辿ってよいか判らないこの追跡は今までにない不安極まるものであった。

And for London's police officers, this chase, which does not know where to go or how to go, was an unprecedented anxiety.

ただ、とどのつまりは、ハムステッド公園のどの辺かを襲うのだろうということは警部には幾分見当がついていた。

However, the police department had some idea that it would attack somewhere in the Hampstead Park.

と、突然に、瓦斯があかあかと灯された張出窓が、蒼い黄昏を破って目についた。

Suddenly, a flashlight with a flash of light beats the eyebrows of the ugly jaundice.

ヴァランタンはおごそかに、そこの華かな菓子売の小さい店の前に立つとふと立ち止った。

Valantan stopped in front of the small shop of the sweets there, for good reason.

しばらくはためらったが、やがて、ずかずかと店の中に這入ると、彼は澄まし切った顔付をして、十三個のチョコレート・シガーを買った。

He hesitated for a while, but eventually, when he rushed into the store, he had a clear look and bought thirteen chocolate cigars.

彼はたしかに何か言い出そうと構えていたのだが、その必要はなかった。

He was prepared to say something, but that was not necessary.

 店にいた痩せた、年増の女は、何とはなく物問いたげなヴァランタンの立派な姿に見入っていたが、彼のうしろの入口にいる警部の青色の服に気がつくと、女はよみがえったような眼つきをして言った。

The woman in the store, who was thin, was seeing the splendid appearance of the questionable Valentine, but when she noticed the blue clothes of the police department at the entrance behind him, the woman I said with an eye that made me rise.

「ああ、もしや、あの小包のことではございませんの?

"Oh, if not, about that parcel?

 あれならもうとうに送っておきましたわ」

I would have sent it to you then. "

「えっ、小包!」とヴァランタンが鸚鵡返しに言った。

"Eh, parcel!" Valentan said in return.

「ハア、あの坊さんの方がお忘れになった小包でございます」

"Haa, it's a parcel that Anbo has forgotten."

「占めた」とヴァランタンは始めて正直に彼の熱心さを顔に表わして言った。

"Occupyed," Valenant said for the first time, honestly, expressing his zeal.

「後生だから、すっかり出来事を話してくれ」

"Because I am a late life, please talk about the happenings completely."

「なあに」と女は少し疑わしげに、話し出した。

"Hello," the woman spoke a little suspiciously.

「たった三十分ばかり前のことですが、二人連れの坊さんがお見えになって薄荷を少しばかりお買いになって行ったのです。

"It's only about thirty minutes ago, but a boy with two was able to see and buy a little for a little.

それからあのハムステッド公園の方へ行らしったようですが、まもなく一人の方が引き返して来て『わしは紙包を忘れて行ったと思うが』と言うのです。

Then I went to that Hampstead Park, but one person turned back soon and said, "I think I forgot the paper bag."

で私はずい分さがしてみたのですが、どこにもございません。

So I tried to find a part, but there is nowhere.

でその通り申しますと、いやかまわぬ。

I agree with that, I don't mind.

が、もし出て来たら、お気の毒だが、この宛名で送ってもらいたいと言って、番地を書いたものと、少しばかりだが、と一|志のお金を置いておかえりになったのです。

However, I am sorry if I came out, but I said that I would like you to send it by this address, and I wrote a lot of things with the one I wrote.

すると私が見落していたのでしょうか、あとからその方の言った通り、茶色の紙包が出て来ましたので、すぐ小包にして送っておきました。

Then I wondered if I had missed it, as the person later said, a brown paper bag came out, so I immediately sent it as a parcel.

けれど、その番地は忘れてしまいました。

But I forgot the address.

何でもウェストミンスター区のどこかでした。

Anything was somewhere in Westminster.

おぼろにしか覚えておりませんが。

I remember only obscenely.

でも何だか大切そうなものだったので、それでお役人がお見えになったのだろうと存じましたわ」

But because it was something important, I knew that it would have made the official visible. "

「そうです。

"That's right.

それで来たのです」とヴァランタンは簡単に答えた。

That's where it came, "Valentan answered briefly.

「ハンプステッド公園は近くですか?」

"Is Hampstead Park nearby?"

「十五分も真直に行けば」と女は言った。

"If I go straight for fifteen minutes," said the woman.

「直にその広場に出ますわ」

"I'm going to the square right away"

 ヴァランタンはその店を飛び出して走り出した。

Valentine ran out of the store.

警官達もやむなくそのあとに従った。

The policemen also obeyed after that.

 町筋は両側がせばまって家々の影が立ちこめていた。

On both sides of the street, the shadows of the houses were standing.

それで彼等が町を出外れて、空っぽな公有地に出た時には、夕映がまだ金色に照って明るく晴れ渡っているのに目を瞠ったのだった。

So when they left the town and came to an empty public land, they looked out as the sunset was still bright and clear with gold.

太陽は黒ずんだ樹木や暗菫色の遠影のあなたに沈みかかっていた。

The sun was sunk to you by dark trees and dark blue distant objects.

燃えるような緑色はもうすっかり濃くそまってその間に一つ二つ輝く星がちりばめられていた。

The blazing green color was already so deep that one or two shining stars were interspersed between them.

昼間からとりのこされた万象は、夕映の化粧として、この広場の涯まで、それから「健康の谷」と呼ばれている、ハムステッド公園の端まで、金色に満たされていた。

Everything taken from daytime was filled with gold as makeup for the evening reflections until the end of this square, and then to the edge of Hampstead Park, which is called the Valley of Health.

この辺をぶらつく休日の散策者の影もまだすっかり消えてはいなかった。

The shadow of a holiday stroller wandering around here has not yet completely disappeared.

まるで一対のように離れない姿が、あちらこちらのベンチにいぎたなく横わっていた。

It looked like a pair, and they were lying on benches everywhere.

遠くのブランコに乗った少女の叫び声も時々は聞えて来た。

Sometimes I heard the cry of a girl who got on a swing in the distance.

天の栄光は人間の暗い厳粛な野生の姿を深めていた。

Heavenly glory deepened the dark and solemn human figure.

そして、ヴァランタンはと言えば、彼のもとめるものをさがしつつ、傾斜地に立って谷の向うをながめていた。

And, speaking of Valentine, he was standing on a slope and watching the valley ahead, looking for what he wanted.