文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青玉の十字架(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(344-384)/590

 向うの遠い彼方に、幾組もの人々が、次第に散って行く中に、特に黒くくっきりと見える姿があった――二人の僧侶風な装いをした男だった。

On the far side of the road, a couple of people appeared to be particularly black and sharp as they were being scattered gradually-two men in a monk-like dress.

それは虫けらのように小さく見えるけれども、ヴァランタンの眼には、その中の一人が他の一人よりも更に小さいのが、はっきりとわかった。

It looks as small as a worm, but it is clear to Valentine's eyes that one of them is even smaller than the other.

大きい方の男は背を屈げて、別に目立つふるまいもしていなかったが、ヴァランタンには、その男が六|呎はたっぷりあることがわかった。

The big man turned his back and did not stand out, but Valenant found that the man had six | enough ax.

彼は歯を喰いしばって、ステッキを性急にふりながら、近づいて行った。

He crawled his teeth and approached with a quick spit of a stick.

ヴァランタンが二つの黒い姿を、顕微鏡で拡したかのように近よって大きく見出した時に、彼は思いがけないものを発見して、思わずもギョッとした。

When Valenant found two black figures as close as they were spread by a microscope, he discovered something unexpected and was shocked unexpectedly.

大坊主の方が誰であったにしても、小さい方はたしかにその正体に間違いはなかった。

No matter who the Daiboshu was, the smaller one was certainly not wrong.

それはハーウィッチからの上り列車に乗り合わせたエセックスから出て来た田舎僧侶だった。

It was a country monk who came out of Essex who got on an up train from Harwich.

そいつには彼が茶色の包について警戒してやったではないか。

Didn't he watch out for the brown package?

 さて、これでやっとすべてがはっきりとまとまりが付いて来た。

Well, finally, everything has clearly come to a close.

ヴァランタンはその朝、エセックス州の僧侶、師父ブラウンというのが大会に出席して外国の僧侶に見せるために青玉の這入った銀の十字架を持って出たということ、その十字架は非常に高価な品であるということを調べておいた。

Valentine's day that Essex monks, and his father, Brown, came out with a silver beaded blue cross to attend a tournament, and the cross was very expensive. I checked that it was an article.

それがすなわち「青い宝玉入りの純銀製の品物」なのに違いない。

It must be "a sterling silver item with blue jewels".

師父ブラウンと言うのは、たしかに、あの汽車中の無邪気な男にちがいない。

It is true that there is an innocent man in the train that says Mr. Brown.

ヴァランタンに探知出来る事なら、フランボーも既に知ったはずだ。

If you can detect the Valentine, you should have already known Franbo.

フランボーはどんな事でもかぎ出す男なのだから。

Because a flan-bo is a man who can figure out anything.

そしてまた、フランボーが青玉入の十字架の話をきいて、それを盗み出すことを計画するのも不思議ではない。

And also, it is no wonder that Flambo will hear the story of the cross with the blue ball and plan to steal it.

いや、それどころかフランボーが、あの洋傘と紙包を持った、間抜面をした僧侶に、まとわりついて行こうとするのは実に明かなことだ。

Nope, it is quite obvious that Frambo would try to go to the cling-clad with the Western umbrella and paper package and cut the surface.

あの僧侶は誰の思いのままにもなりそうに見えるのだから。

Because that monk seems to be at the mercy of anyone.

おそらく北極星のところまでも引張って行かれるだろう。

It will probably be pulled to the North Star.

それにフランボーは名うての名優だ。

And Flambo is a good name.

僧侶に変装して、彼をハムステッド公園に引っ張り出すぐらいお茶の子サイサイだ。

It's a little boy Saisai, about disguised as a monk and pulling him out to Hampstead Park.

犯罪のすじ道は既にはっきりしている。

The road of crime is already clear.

それに探偵にとってはあの僧侶も憐れまれてならない。

And for the detective, that monk can not be admired either.

彼はフランボーを面憎く思った。

He was impressed by the flambo.

しかし、またヴァランタンは、彼をこの成功にまで導いて来た、今までの出来事を綜合してみると、何が何だか解らなくなって来た。

But again, Valentin has led him to this success, and combining the events so far, it has become unclear what or what.

一たいエセックス上りの僧侶から十字架を盗むということと、料理店の壁にスープをぶっかけることと、どういう関係があるのか?

What is the relationship between stealing the cross from a certain Essex up monk and putting soup on the wall of the restaurant?

 栗を密柑と呼ぶことにどういう関係があるのか?

What is the relationship with calling chestnuts a secret?

 それからまた、先に金を払っておいて、窓を破すことに何の関係があるのか?

Then again, what is the connection to breaking the window, paying the money first?

 彼は追跡の功を奏し、そのどんづまりまで来た。

He was successful in tracking, and came to the point.

しかも、いずれにもせよ遂にまた迷路の端に踏み込んでしまった。

And finally, I finally got into the end of the maze again.

今までにもし失敗したとしたら(そんなことはほとんどなかったが)それは手懸を握って、犯人を取逃がしたのだ。

If he had ever failed (although that was hardly the case), he grabbed the hand and missed the culprit.

ところが、今度ばかりは、犯人をしっかりと握りながら、まだ手懸りを握っていないのだ。

However, this time, while holding the criminal firmly, I have not yet taken hold.

 目ざす二つの物影は、はるか向うの丘の地平線上に、黒い蝿のように歩いていた。

Two objects to aim at were walking like a black moth on the horizon of the hill which goes far.

明らかに彼等は何か話をしているらしかった。

Obviously they wanted to talk about something.

そしてたぶんこれからどちらの方に行こうかも考えてはいないのだ。

And maybe I'm not thinking which way to go in the future.

が、彼等は次第に淋しい、そして高いところへ登って行きつつあった。

But they were gradually getting lonely and climbing up to high places.

彼等の追跡者達は、鹿狩りをする人のような可笑しな格恰をして、灌木林のかげにかくれたり、ながくのびた叢の中をざわざわ歩かなければならなかった。

Their cheaters had to make funny arrangements like deer-hunting men, and had to hide in the bushes' bushes and walk around in the long-growing plexus.

だが彼等は次第に目ざすものの後に追迫っていた。

But they were gradually chasing after what they were aiming for.

そして彼等の話声がやっと聞えるところまで来た。

And they came to the point where they could finally hear their speech.

しかしそれはただ『理性』という言葉だけが、くり返しくり返し高い、子供染みた声で聞えるだけだった。

But that was only the word "reason", but it could only be heard repeatedly, with a high, childish voice.

しかし、突然傾斜地になっている、深い藪の茂みの中に来たときに、探偵等はまったく二人の姿を見失ってしまった。

However, the detectives lost sight of the two when they came into the deep bushes, which are suddenly sloping.

それから再び彼等を見出すまでには十分間以上も苦しまなければならなかった。

Then I had to suffer more than enough to find them again.