文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青玉の十字架(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(385-429)/590

彼等は夕日の照り映えた美しい景色を見下ろしている。

They overlook the beautiful view of the setting sun.

円屋根のような形をした物淋しい岳の出っぱりを縫って行くと、とある木立の下に古い、くちはてたような一脚のベンチがあった。

Stitching the protagonists of a spectacular mountain shaped like a circular roof, there was an old bench like an arch, under a certain grove.

僧侶達は、そこに腰を下ろして何事か熱心に話し合っていた。

The monks sat down there talking about something hard.

華やかな緑と金とが、なお暗い地平線にかかっていた。

Gorgeous green and gold were still on the dark horizon.

が丘の円屋根は、次第に孔雀色の緑から、青い色にかわって行った。

The circular roof of the hill gradually changed from peacock green to blue.

清い宝玉でもちりばめたような星は次第にその数を増して行った。

The stars, which are pure treasures and studded, have been gradually increasing in number.

ヴァランタンは無言のうちに、警官達に合図をして、枝のしなだれかかったその木立の影まで忍び寄った。

Valenant silently signaled the policemen and sneaked up to the shadow of the grove of branches.

彼は死のような沈黙の中から不思議な僧侶達の言葉を、今はじめて明瞭にききとることが出来た。

He could, for the first time, clearly hear the words of mysterious monks from the silence of death.

 ヴァランタンは、一分半かそこいら耳を傾けていた後に、悪夢のような疑惑に襲われない訳に行かなかった。

After listening for a minute and a half or so, Valentan did not go unassailed by a nightmare suspicion.

彼は二人のイギリスの警官達を、何の目的もなく、無駄にここまで引張って来たのかもしれなかった。

He might have pulled the two British policemen here to nothing, without any purpose.

なぜなら、二人の僧侶の話は、普通の坊さんの話と何の違いもなかったからだ。

Because the story of the two monks was no different from the story of a regular boy.

相当の学識をもってゆっくりと、そして信仰深げに、何か神学上の神秘について話していた。

Slowly and faithfully, he was talking about something theological mystery with considerable knowledge.

エセックスの坊さんの方が、かえって言うことが単純で、円い顔を星の方に向けたりした。

The boy of Essex was more simple to say, and turned a round face toward the star.

もう一人の方は頭をたれたままで話している。

The other person is talking with his head up.

あたかも自分は星を見るに足らないと言うように。

As if you say that you are not enough to see the stars.

しかしともかくも、伊太利の僧院に行ったにしても、またスペインの大本山を訪れたにしても、これほど真実に坊さんらしい会話は聞かれそうにもなかった。

But anyway, even if I went to the Inari monastery or to visit Ohonzan in Spain, it was almost impossible to hear such a truly sober conversation.

 最初ヴァランタンが耳にしたのは、師父ブラウンの話の終りの一節だった。

The first thing Valenant heard was the end of the story of Master Brown.

それはこう結んだ。

It tied this way.

「……諸君の天国と言う言葉によって、中世紀に人々が考えていたのは、全く不滅なものですぞ」

"... The words of your heavens are what people are thinking in the mid century are totally immortal."

 大きい方の僧侶はうなだれた彼の頸で、うなずいて見せてから言った。

The larger monk nodded at his neck and said after showing nod.

「御もっともじゃ、近代の不信心者共は、何かと言うと彼等の理性に訴える。

"Oh, the modern unbelievers, if anything, appeal to their reason.

だがあの何億という星の世界を見つめて、この我々の住む地上に、人間の理性で推し量られんものがあるということを感ぜぬものがあるだろうかな?」

But if we look at the world of hundreds of millions of stars, do we not realize that there is something in our earth on which we are inferred by human reason? "

「いやいや」と他の僧侶が言った。

"No," said another monk.

「理性は常に正当なものじゃ。

"Reason is always right.

わしだとて、世の中の人々が、教会は理性の価値を低めるというて、非難するのはよく知っておりますぞ。

As I am, I know that people in the world denounce that the church lowers the value of reason.

だが、これは全然反対じゃ。

But this is not the case at all.

この地上においてのみ、教会は理性を真に最高のものとするのですぞ。

Only on this earth, the church truly makes reason the best.

この地上においてのみ、教会は神御自身も理性によって繋がれたもうことを肯定するのじゃ」

Only on this earth, the church affirms that God Himself is also connected by reason. "

 この時、相手の僧侶は、厳粛そうな顔を上げて星空を仰ぎながら言った。

At this time, the other monk said, looking up to the starry sky with a solemn face.

「おお、しかし誰かこの無限の宇宙を――?」

"Oh, but who is this infinite universe-?"

「無限とは、ただ物質的にじゃ」と小さい方の僧侶が彼の身体を廻して言った。

"Infinity is just a matter of material," said the smaller monk, who insulted his body.

「真理の法則をのがれると言う意味の無限ではないて」

"It is not infinite in the sense that you can escape the law of truth."

 ヴァランタンは木かげにいて腹立たしさに彼の指をやけにこづいた。

Valentin was arrogant and angry with his finger on his face.

彼はまるで自分の下らない当推量のためにこんな馬鹿々々しい老僧の哲学話をきかされているイギリスの探偵達がうしろであざ笑っているような気がした。

He felt like a British detective laughing at his back like this stupid old monk's philosophical talk because of his selfless guess.

 ヴァランタンは癇癪を起したので高い方の僧侶の答をきき落して、彼が再び耳にしたのは師父ブラウンの話だった。

Valentan forged, so he overthrowed the answer of the higher monk, and what he heard again was the story of Master Brown.

「理性と正義はあの空の涯の淋しい星をもつかんでいますぞ。

"Reason and justice have lonesome stars in that sky.

あの星を御覧なされ。

Look at that star.

まるでダイヤモンドか青玉のようには見えんかな?

Does it look like a diamond or a blue ball?

 おのぞみなら一つ気ままな植物学なり地質学なりを応用してはいかがじゃ。

How about applying one of boisterous botany and geology if it is one of the great things.

磐石の幹に宝石の葉のついた有様を考えて御覧じろ。

Look at it with the leaves of the gems attached to the stem of the meteorites.

あの月が一個の青い月だと考えてみられい。

Think of it as a blue moon.

一つの大きな青玉じゃとな。

One big blue ball.

が、しかしじゃ、そうした勝手な天文学が、行為の上の理性と正義の法則と少しでも違うと思ってはならんのだ。

But, however, I do not think that such self-made astronomy is at most different from the law of reason and the law of justice.

あすこの猫眼石の平原にも、真珠でちりばめた断崖の下にも、貴公は必ずや『汝、盗みするなかれ』の禁札を見まするぞ」

You will surely see a barrage of "Samurai, Do Not Steal" on the plains of this cat's-eye stone and also under the pearled cliffs.

 ヴァランタンは、この一生涯に始めての馬鹿げた大失敗から、落ち込んだこの窮屈な姿勢から逃げ出そうと、もう身がまえるばかりだった。

Valenant was just trying to get out of this cramped stance from his first foolish catastrophe in this lifetime.