文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青玉の十字架(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(430-500)/590

が、高い方の僧侶がだまっている中に、何となくあいつの答えを聞いてからにしようという気になった。

However, while the higher monks were getting stuck, I felt that I would rather listen to the answer after some day.

遂に彼が話し出した、頭を垂れ両手を膝にのせて彼は簡単にきり出した。

At last he talked, he bowed his head and put his hands on his knees and he broke it out easily.

「なるほどな。

"got it.

だがわしはやはり、地球以外の世界はおそらく我々の理性よりずっと高いところにあるものだと考えますな。

But I still think that the world other than Earth is probably much higher than our reason.

天国の神秘は量ることが出来ませんて。

I can not measure the mystery of heaven.

わしはただ頭を垂れることを知るのみですぞ」

I just know that I can hang my head. "

 それから、彼はちょっと眉をよせて、しかし態度や声の調子は少しも変えずに、つけ加えた。

Then he added a little bit of hump, but with no change in attitude or tone.

「貴公の青玉の十字架を下さらんか。

"Do you give him your blue ball cross?

どうだな?

How is it?

 幸いあたりに人も居らん。

Fortunately there are also people around.

わしは貴公を藁人形のように八つ裂きにも出来ますぞ」

I can make you eight as if it were a puppet doll. "

 少しも変っていないその声や態度は、その話の変化に、かえって奇妙な恐ろしさを与えた。

The voice and attitude that did not change in any way gave the change of the story a rather frightening feeling.

それにもかかわらず、宝物の持ち主の方は、わずかに頭を動かしただけだった。

Nevertheless, the owner of the treasure only moved his head slightly.

そしてどこかぼんやりとした顔を星空の方に向けた。

Then I turned some faint face towards the starry sky.

たぶん、彼は、その意味が判らなかったのだろう。

Maybe he didn't understand what that meant.

でなければ、たぶん彼は腰を抜かしてしまったに違いない。

If not, maybe he had slipped his hips.

「左様」と高い方の僧侶は同じような低い声で、同じ態度で言いかけた。

The "left" and the higher monk spoke in the same manner and with the same low voice.

「左様、俺はフランボーだよ」

"Lon, I'm a frank."

 それから、少し間を置いて、彼は言った。

Then, after a while, he said.

「さあ、十字架はくれるだろうな?」

"Now, will you give me the cross?"

「いやだ」と対手は言った。

"No," he said.

そしてこの一言は実に不思議なひびきを持っていた。

And this one word had a really strange sound.

 フランボーは今まで被っていた僧侶の仮面をがらりと脱ぎすてた。

Flambo took off the mask of the monk he had been wearing until now.

この稀代の盗賊は、反り身になって、低く長くあざ笑った。

This rare bandit was bowed and laughed low and long.

「いやだと」と彼は叫んだ。

"No," he cried.

「くれないと言うのか、大僧正猊下。

"Do you say that I will not give you, great monk.

くれたくないだろうとも。

I don't want to ask you.

ちんちくりんのお聖人さん。

Chinchin Kurin's saint.

なぜくれたくないか教えて進ぜようかな?

Could you tell me why you don't want me?

 その訳はな、もう俺様がちゃんと、このポケットに持っているんだ」

That's why I already have it in this pocket. "

 小さいエセックス男は、夕闇にもありありと驚愕の色を見せた。

The small Essex man showed a surprising color in the dusk.

そしてまるで『秘書官』が示すようなおどおどしたものごしで言った。

And he said, as if the "secretary" showed it.

「ホウ! それはまたほんとかね?」

"Ho! Is that really true?"

 フランボーは大満悦で叫んだ。

Flambo screamed with great joy.

「まったく、お前は道化芝居そっちのけのお人好しだな。

"Oh, you're a good girl who is a jingo play.

たしかだともよ。

It is also okay.

俺はお前の大切な紙包の偽物をこしらえたのよ。

I made a fake of your precious paper bag.

もうお前は偽物をつかんでるんだぜ。

You already have a fake.

それで俺が本物の宝石を持ってるんだ。

So I have a real gem.

古い手さ、なあ師父ブラウン――古い手だともよ」

Old hand, Nah father Brown-it's old hand too "

「いかにも」と師父ブラウンは言った。

"That's right," said Mr. Brown.

そしていかにも不思議な訳の解らぬ手つきで頭髪をなぜた。

And why did he do his hair with an incomprehensible hand.

「いかにも、わしも以前に聞いたことがあるて」

"Hey, I have heard about it before"

 この言葉を聞くと大賊は興味を覚えて、田舎僧侶の方に身を寄せた。

Upon hearing these words, the big-bits became interested, and they reached out to the country monks.

「お前が聞いたことがあるって?

"What have you heard?

 どこで聞いたんだ!」と彼は問いかけた。

Where did you hear! "He asked.

「もちろん。

"of course.

名前は言えないがな。

I can not say the name.

その男は懺悔者で、およそ二十年間も茶色の包をすり替えて、それで立派な生活を立てて来たのだ。

The man is a confession, has replaced the brown package for about twenty years, and has made a good life with it.

ところでじゃ、おわかりかな。

By the way, do you understand?

貴公を疑い出した時にわしはその男のいつもの手を思いだしたじゃ」

When I suspected you, I remembered the man's usual hand. "

「俺を疑い出したって」と、賊は真剣になってくり返した。

"I doubted me," the bandit got serious again.

「お前は俺がお前をこんな淋しいところに連れて来たので、俺を疑い出したんだな?」

"You brought me to such a lonely place, so did you suspect me?"

「いやいや」とブラウンは弁解めいて言った。

"No," said Brown, an excuse.

「わしは始めて貴公と会った時から疑ったのじゃ。

"I was suspicious when I first met you.

それは貴公がいぼのついた腕輪をしているので袖のところがふくらんでいたからじゃ」

It's because I have worn your armband with bows, so the sleeves were puffy. "

「畜生」とフランボーは叫んだ「何だってお前は腕輪のことなんか知ってやがるんだ?」

"Breaths" cried, "I wonder why you know something about bracelets?"

「おお御存知の通りのお仲間からじゃ」とブラウンは意味もなく眉をうごかして言った。

"Oh, as you know from your side," Brown said, meaninglessly, crawling the ax.

「わしがハートルプールで副牧師をしていた時の事じゃ。

"It was about when I was a pastor in Hartlepool.

その時いぼのついた腕輪した仲間が三人居たのだ。

At that time, there were three friends who had warring arms.

だからわしははじめっから貴公を疑ったのじゃ。

So I doubted you from the beginning.

お解りかな?

Do you understand?

 わしはあの十字架を無事に届けにゃならん。

I have to deliver that cross safely.

わしは貴公に注意していた。

I was careful to you.

御存知かな。

Do you know?

それから貴公が包みをすり替えたのを知ったのじゃ。

Then I knew that you replaced the package.

そこでわしがまたすり替えおったよ。

Then I replaced it again.

お解りにならんかな?

Do you understand?

 それからわしはそれを途中に置いて来たのじゃ」

Then I put it on the way. "

「置いて来たって?」

"What did you leave?"

とフランボーがくり返した。

And Flambo repeated.