文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青玉の十字架(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(501-564)/590

そしてこの時始めて、彼の勝誇った声に何か新らしい調子が加わった。

And this is the first time that his new voice has added something new.

「左様、まあその通りじゃ」と小さい僧侶はどこまでも落着いて言った。

"The left, you're right," said the little monk, settling down to no end.

「わしはあの菓子屋へ戻ってな、わしが包みを忘れやしなかったかとたずねてな、もしあったら送って下されと、宛名を置いてかえったのじゃ。

"I returned to that confectionery, I asked if I had forgotten the package, asked if I had sent it, and if I had sent it down, I left the address.

実は何も忘れはせなんだ。

Actually I can not forget anything.

二度目に行った時に置いて来たのじゃ。

I left it when I went for the second time.

今頃は、ウェストミンスターに住んでいる友人の許に送ってくれたことだろうて」それから彼は、むしろ悲しげな口調でつけ加えた。

Now that it has been sent to a friend living in Westminster, "he then added with a rather sad tone.

「この手もハートルプールにいた時に、あの可哀そうな連中から覚えたのだ。

"When I was in Hartlepool, I learned from those pretty people.

その男は、停車場で手提袋を、その手でやったものだったが、今はある修道院にはいっとるとか。

The man did the bag with his hand at the stop, but now he goes to a certain monastery.

えらいことを知っとるものだて。

Know the great things.

なあどうじゃな」それから、彼は頭をかきながら本気になって言訳するようにつけ加えた。

"Hmm," he added, with a serious mind, to translate seriously.

「わしらはどうも坊主がやめられんて。

"I am sorry that the monks have stopped giving up.

皆がやって来ては、こんな話をしてくれるでな」

When everyone comes in, they will talk like this. "

 フランボーは内ポケットから茶色の包みをとり出して、バリバリと破いた。

Flambo pulled out the brown packet from his inner pocket and broke it.

中には紙と鉛の棒との外には何も這入っていなかった。

There was nothing inside out of paper and a stick of lead.

彼は巨人のような身振りで立ち上った。

He stood up like a giant.

そして叫んだのだった。

And he shouted.

「俺はお前のいう事が信じられねえ。

"I can't believe what you say.

お前のような田舎者に、そんな真似が出来てたまるけえ。

Such an imitation can be made to a country person like you.

お前は肌につけてるに違えねえ。

You must be on your skin.

そっくりこっちに渡さなきゃ――あたりに人っ子一人も居ねえ、力ずくでも取ってみせるぞ!」

I have to give it to you here and there-there's just one child around, so I can take it with you even with your own power! "

「いや」と師父ブラウンは無雑作に言うと、彼もまた立ち上った。

"No," said his father Brown, he also got up.

「力ずくでも取れますまいぞ。

"I will take it with my strength.

第一に本当にわしは持っておらん。

First of all, I really have mine.

それから、わしらだけじゃあない。

Then we are not alone.

他にも人が居るんじゃからな」

There are other people. "

 フランボーは一歩踏み出して立ち止った。

Flambo took a step forward and stopped.

「あの樹のかげにじゃ」指さしながら師父ブラウンは言った。

"I'm in the dark of that tree," said teacher and father Brown.

「しかも二人の強い警官と、この世の中で第一の探偵じゃ。

"And two strong policemen and the first detective in the world.

どうして来たと貴公はたずねなさるのか?

Why are you asking if you came?

 なに、わしが連れて来たんじゃよ。

What am I bringing with you?

もちろん! どうしてわしがそんなことをしおったかと言うのか?

of course! Why do I say that I have done that?

 よろしいすっかり聞かせて進ぜよう。

Let's go ahead and let it go.

わしとてはじめは貴公の素性は判りはせん。

At first I do not know your identity.

同じ僧侶仲間に盗賊の汚名を着せてよいものか。

Is it okay to put the same monks on the same bandit?

わしはそこで貴公をためしたのじゃ。

I used to save you there.

誰だって、コーヒーの塩を入れれば変な顔をするじゃろう。

Anyone can have a strange look if you add coffee salt.

もしせんなら、その人は何か静かにしておるわけがあるんじゃ。

If you don't have it, you have something to keep him quiet.

もし勘定書が三倍も高けりゃ、誰しも文句を言うものじゃ。

If the bill is three times as expensive, everyone complains.

それをだまって払うからには、何かわけがありそうだ。

It seems that there is something wrong with paying it together.

わしが勘定書を変えたのを、貴公が払ったのじゃ」

You paid me that I changed the bill. "

 世界はフランボーが猛虎の如く躍りかかるのを待っているように見えた。

The world seemed to be waiting for Flanbo to jump like a wild tiger.

しかし彼は咒文でもかけられたように、たじろいていた。

But he was snarling as he had put in his letter.

彼は極度の好奇心に呆然としていたのだ。

He was stunned by extreme curiosity.

「さて」と師父ブラウンは重々しい口ぶりで、しかも淀みなく言葉をつづけた。

"Say it," said his father Brown, who spoke lavishly and without hesitation.

「君は警官に手懸りを残さんようにしたのじゃ。

"You left the policeman on hand.

そこで誰かが残さにゃならん。

Then someone should be left behind.

だからわしは行く先々で話の種になるような事を仕出来したのじゃ。

That's why I did everything I could do to become a source of talk.

大したこともせなんだが――壁を汚したり、密柑をひっくりかえしたり、窓をこわしたりしましたじゃ。

It's a big deal-it's dirtying the walls, turning over the crocks and breaking the windows.

だが大切な十字架はおかげで無事。

But thanks to the important cross is safe.

もうウェストミンスターに着いた頃だて。

It's about time you've arrived in Westminster.

わしは君が、馬鹿なことをやめたがいいと思いますぞ」

I hope you stopped doing stupid things. "

「え、何だって」フランボーが聞き返した。

"Hmm, what?" Flambo asked.

「聞えなくて幸いじゃ。

"I'm fortunate to hear you.

馬鹿なことじゃ。

What a fool.

どうせ君はホイスラアになるには少しお人好し過ぎるんじゃ。

After all, you are a little too addicted to become a whistler.

わしは、現物を握っていてさえが、悪心を起しはせんて、わしはしっかりしてるんじゃ」

Even if I hold the actual thing, I do not get a nausea and I am firm. "

「一たい何の事を言ってるんだ」

"What are you talking about?"

「よろしい。

"Okay.

わしは君が『現物』ということを知っているかと思いおった」師父ブラウンは、気持よげに驚いて言った。

I wondered if you knew that it was a "kind", "Brother, a father, was surprised and pleasantly said.

「おお、貴公はまだそんなに深みにおちてはおらん!」

"Oh, you are still so deep!"

「一体全体、お前は何んだってそんな色んなことを知ってるんだ?」

"What on earth do you know all sorts of things?"

フランボーは叫んだ。

Flambo shouted.

「たしかに、わしが僧侶だからだ。

"It is because I am a monk.

わしのような人間の本当の罪悪を聞きとることより外に能のないものでも、またそれだけに人間の悪事については全く気づかず居られようはずがないのじゃ。

Even if you can not do anything better than listening to the real sins of human beings like me, you can not but just be aware of the evils of human beings.