文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

作男・ゴーの名誉(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(29-75)/390

緑ばんだ金色の夕映の名残を背景にして黒い人間の姿が影絵のように立っているのを彼は見た。

He saw a black human figure standing like a shadow picture on the background of the remnant of a greenish golden sunset.

妙な絹帽をかぶった男で肩に大きな鋤を担いでいる。

A man wearing a strange silk cap carries a large bag on his shoulder.

その取合せが妙にかの寺男を思わせた。

The arrangement was strangely reminiscent of a temple man.

師父ブラウンはその聾の下男が馬鈴薯を掘るという事をふと思い出して、さてはその訳がと合点したのであった。

Master Brown remembered that the man under the house was digging a potato, and that was the point when the translation was made.

彼はこの蘇格蘭の百姓がどうやら解けたと思った。

He thought that this Su Zhao Lan's surname was somehow broken.

官憲の臨検に対する故意から黒帽をかぶらなければならんと考えたのであろう心持も読める、――

I can read the mind that I thought that I had to put on a black cap intentionally from the official inspection.

 そうかと言ってそのため馬鈴薯掘りは一時間たりとも休もうとはしない倹約心も解った。

That's why I learned that the potato digging would not rest for an hour or so.

坊さんが通りかかると吃驚して迂散臭そうな眼付をしたのもこうした型の人間に通有な油断のない周当さを裏書するものである。

Having a look astonishingly round and round when a boy walks through is also an endorsement of this type of human being who has a common sense of carelessness.

正面の大戸がフランボー自身によって開かれた。

The front door was opened by Flambo himself.

側には鉄灰色の頭髪をした痩せぎすな男が、紙片を手にして立っていた。

A thin man with iron gray hair on the side stood with a piece of paper in his hand.

倫敦警視庁のクレーヴン警部だ。

It is Craven's police department of the Liaoning Police Department.

玄関の間は装飾の大部分が剥がれてガランとしていた。

Most of the decoration was peeled off between the entrance and it was garan.

がこの家の陰険な先祖の仮髪をかぶった蒼白いフフンというような顔が一つ二つ古色蒼然たる画布の中から見下していた。

A face like a bluish white fuun wearing a false hair of this house's vile ancestors looked down from inside an old-fashioned stucco-like cloth.

二人について奥の間へはいって行くと、ブラウンは二人が長い柏材の卓子に席をしめていた事をしった。

When I went to the back of the two, Brown did find that they were sitting in a long lumber table.

テーブルの一方の端には走書のしてある紙片がひろがっており、そして側にはウイスキー瓶と葉巻とが載っている。

At one end of the table is a piece of paper with a runbook, and on the side is a whiskey bottle and a cigar.

その他の部屋には所々バラバラに物品が列べられてある。

In the other rooms, items are lined up separately in places.

正体の何といって説明のつかない品ばかりである。

It is only an unexplainable item of what it is.

あるものはキラキラ光る砕れ硝子の寄集めのようである。

Some seem like a gathering of sparkly broken glass.

あるものは褐色の塵芥の山のように見える。

Some look like a pile of brown dust.

あるものはつまらぬ棒切れのように見えた。

Some looked like a choppy stick.

「ホウまるで地質学展覧会を開業している様じゃなあ」とブラウンは腰を下しながら、褐色の塵芥や硝子の破片の方へ頭をちょっと突出していった。

"Huh, it's like opening a geology exhibition," said Brown, sitting down and slightly projecting his head towards brown debris and glass fragments.

「いや地質学展覧会ではない」とフランボーが答えた。

"It's not a geology exhibition," replied Frangau.

「心理学展覧会と言っていただきたい」

"I would like to say that it is a psychology exhibition"

「ああ、後生ですから来られる早々無駄言ばかりは御免下さい」と警察探偵は笑いながら云った。

"Oh, please don't hesitate to come soon because you are a late life," the police detective laughed.

「まあ聞きたまえ、吾々は今グレンジル卿についてある事件を発見するところです。

"Oh, well, I'm about to discover an incident about Glen Gilles.

卿は狂人であったのです」

The wolf was a madman. "

 高い帽子をいただき鋤を担いだゴーの黒い影法師が暮れ行く空に朧げな外線を劃しながら窓硝子を過ぎて行った。

Going over a window hat with a tall hat and a black-haired master of the go carrying a bald outside line going to the end of the night.

師父ブラウンは熱心にそれを見送っていたがやがてフランボーに答えて云った。

Master Brown, who was eager to see it off, eventually answered to Flanau.

「なるほど伯爵については妙な点があるに相違ないとわしは思っている。

"Oh, I think there is something strange about Zen.

でなくば自分を生埋めにさせるわけはなくまた事実死んだとしたらあんなに慌てて葬らせようとしなくともよいはずじゃ。

If it were not dead, you would not have to try to get rid of it and bury it.

しかし君、狂人とはいかなる点を以て云うのじゃな」

But you, in any way, are mad men? "

「さあそこですが」とフランボーが云った。

"Let's get over," said Lambeau.

「このクレーヴン君が家の中で蒐集した物件の品名目録を今読上げてもらうから聞いて下さい」

"Please ask me to read this item list of the property collected by Mr. Craven in the house now"

「しかし蝋燭がなくてはどうもならんなア」とクレーヴンが不意に言った、「どうやら暴模様になって来たようだし、これでは暗くて読めん」

"But it won't be a candle," said Craven, saying, "It seems that it has come a long way, and it is too dark to read."

「時にあなたがたの蒐集中に蝋燭らしいものがあったかな?」

"Sometimes there was something like a candle in your concentration of roses?"

ブラウンが笑いながら云った。

Brown said laughing.

 フランボーは鹿爪らしい顔をもたげた。

Flambo looked like a deer claw.

そして黒い眼をこの友人の上にジッと据えた。

Then I put a black eye on this friend.

「それがまた妙なんでしてね、蝋燭は二十五本もありながら燭台は影も形も見えんです」

"That's strange again, there are twenty-five candles, while the candlesticks can not see shadows or shapes."

 急に室内は暗くなって来た、風は急に吹荒んで来た。

Suddenly, the room was getting dark, the wind was getting windy.

ブラウンは卓子に添うて蝋燭の束が他のゴミゴミした蒐集品の中に転がっているところへ来た。

Brown came to the place where a bunch of candles were rolling in a collection of other rubbish rubbish along with Takuko.

がふとその時彼は赤茶色の芥の山のようなものを見出して、その上にのしかかってみた。

At that moment he found something like a reddish-brown rose mountain and tried to climb on top of it.

と思うまに激しいくさめの音が沈黙をやぶった。

The sound of a fierce sound burst into silence as I thought.

「ヤッ! これはこれは嗅煙草じャ!」とブラウンが云った。

"Yaah! This is sniffing!" Brown said.

 彼は一本の蝋燭を取上げて叮嚀に火を点け、元の席に帰って、それをウイスキー瓶の口にさした。

He took up a candle, lit a fire, returned to his seat, and put it in the mouth of a whiskey bottle.

気の狂ったようにバタバタとはためく窓を犯して吹込む騒々しい夜気が長い炎をユラユラと流れ旗のように揺めかした。

A crazy nightly wind simmering in the window and fluttering like a goofy swayed a long flame like Yura Yura.

そしてこの城の四方に、何|哩となくひろがる黒い松林が孤巌を取巻く黒い海のようにごうごうと吠えているのを彼等はきいた。

And they heard that in every side of the castle what a black pine forest that spreads unnoticeably like a black sea that surrounds an orphanage.