文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

作男・ゴーの名誉(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(107-151)/390

 相手の二人は眼を丸くしてブラウンの顔を見入った。

The other two turned their eyes and looked into the brown face.

「オー何と云う奇想天外的な推理であろう」とフランボーが叫んだ。

"Oh what a strange paradoxical reasoning," said Flanau.

「しかし師父あなたは本当にそうと信じておられるのですか」

"But Master and Father do you really believe so?"

「いやそうでない事をわしはきつく信じるよ」と師父ブラウンが答えた。

"I believe in things that aren't wrong, I strongly believe in it," replied Father Brown.

「だがあなたがたは何人といえども嗅煙草とダイヤモンドとぜんまいと蝋燭との関係をよう見破らんとのみ云われるがわしはその関係を一つ出放題に鮮明がしてみたいんでな。

"But you can only look at the relationship between olfactory cigarettes, diamonds, heartsprings and candles, but I would like to see the relationship as an unlimited one.

事実の真相は、わしはきっと信じるが、もそっと深い所に横たわっているんじゃ」彼はふと言葉をきらして小塔に咽び泣く風音に耳を澄まして、それから更に続けた。

The truth of the fact is that I believe I'm sure, but I'm lying in a deep place, "he suddenly burst into words and listened to the roar of the roar, and then continued on.

「故グレンジール伯は盗賊であった。

"The late Grenzier was a thief.

命知らずの強盗として裏面に暗い生活を送っておった。

He was living a dark life on the reverse side as a burglar.

彼は蝋燭を短く切って、小さな角灯の中に入れて歩いた故に燭台の必要がなかった。

He chopped the candle and walked in a small horn and did not need a candlestick.

嗅煙草は、最も強暴な仏蘭西の犯罪者が胡椒を使用した様にこれを使用した。

The olfactory cigarette was used just as the most violent French offenders used pepper.

というのは、これを引つかんで捕吏もしくは追跡者の面にいきおいよくパッと投げつけるためにじゃ。

For, to catch it and throw it on the face of a prisoner or chase.

最後に、ダイヤモンドと鋼鉄の歯車であるが、これは不思議にも一体をなすものと見える。

Finally, the gears of diamond and steel seem strangely one piece.

これで何もかもあなた達はがてんするであろうが、ダイヤモンドと小さな鋼鉄の歯車は盗賊には限らない。

This will do everything for you, but diamonds and small steel gears are not limited to thieves.

どんな人でも硝子を切る時にこれがなくては出来ないという二つの道具であるのじゃ」

It's two tools that nobody can do without this when cutting glass. "

 松の樹の折枝が嵐にもまれて、二人の背後の窓框をバサバサバサとたたいた。

A storm of pine tree was hit by a storm, and the windowpane behind them was smashed with a lather.

強盗の向うを張ったわけでもあるまいに、しかし二人は振向もせず熱心に師父ブラウンの顔を見つめていた。

The two men were eagerly looking at Master Brown's face without any direction, though it did not lead to the robbery.

「ダイヤモンドと小さな歯車、フン」

"Diamonds and small gears, Hun"

 とクレーヴン探偵が思案に耽るような面持でしきりに繰返した。

And the Craven detective repeated in an endless manner.

「しかしそれだけで本当に真の説明になるでしょうか」

"But that alone will really be a true explanation?"

「いやわしもそれが真の説明だとは思わんのじゃ」

"No, I don't think it's a true explanation."

 坊さんはけろりとした顔で「じゃがあなたがたはこの四者の関係を見破る者は誰もないとばかり云われる。

"But you are told that there is no one who overlooks the relationship between the four," said the boy.

もちろん、本当の筋はもっと平凡に相違ない。

Of course, the real line is more mediocre.

そうかな、グレンジールは屋敷内で宝石を発見した。

Well, Grizzell found a gem in the mansion.

もしくは発見したと考えた。

Or I thought I found it.

というはこうじゃ。

That's it.

何者かがこれ等のバラの宝石を主人に出した。

Somebody gave these rose gems to her husband.

これは城内の洞窟内で発見したものだというて、主人を欺そうとした。

It was discovered in a cave in the castle and I tried to deceive my husband.

小さな歯車はダイヤモンドを彫る道具である。

The small gear is a tool to carve a diamond.

主人はこの山中にすむ羊飼やら野人やらの助けを借りて手任せに掘り出そうとした。

The master tried to dig out with the help of sheep sheds and wild men who live in the mountains.

嗅煙草は蘇格蘭の羊飼どもにはとても贅沢品じゃ。

Smelled tobacco is a very luxury item for Sucho Orchid sheep.

なあ、これを鼻先へついと突つければ誰だって何ぼうでも彼等を買収する事は出来る、最後に燭台のない理由は、燭台なんかはいらないからじゃ、洞窟内なんぞを照すには裸蝋燭で結構用が足りるもんじゃが」

Well, if you push it to the end of the nose, anyone can buy them, and finally the reason why there are no candlesticks is that there is no need for candlesticks, bare candles to illuminate the cave inside Well, there's something that you can use well. "

「はあ、それだけですか」ややしばらくしてフランボーがこう訊ねた。

"Hmm, that's it all," a little while later, Frambo asked.

「やれやれこれでとうとう不景気な真理に到達した訳ですかね」

"Don't you finally reach the end of the unsettled truth?"

「いや、そうではない」とブラウンが答えた。

"No, not," said Brown.

 風が松林の遥かなる涯の方へ、セセラ笑うが如くホーホーホーと長く後を引かせながら消え去った時師父ブラウンがポカンとした顔で言葉を続けた。

When the wind went away to the far end of the pine forest, as Cécera laughed, Hoho Ho and he pulled back for a long time, and when Father faded and disappeared, the word continued with the face that made Pokan.

「なに、わしはあなたがたが、誰だって嗅煙草と歯車もしくは蝋燭と宝石との関係をもっともらしく説明することはようせんと余り云わるるのでちょっともっともらしい事を云ってみたまでの事じゃ。

"What, I, you, but anyone who says that plausibly explaining the relationship between olfactory cigarettes and gears, or candles and gems, is a matter of course, so it's a matter of being a bit plausible. .

十把一搦げの似非哲学が宇宙には似つかわしいように、グレンジル城には、十把一搦げの似非推量が似つかわしいといったような訳でな。

Just as in the case of the Tenshin-one-kin-like philosophy, the Glenir Castle is similar to the Ten-no-one-kin-like inference.

しかし実はこの城にも実際の説明が無ければならん。

But the fact is that this castle must have no actual explanation.

時に蒐集品はもう外には無いでしょうか」

Sometimes there is no collection anymore. "

 クレーヴンは吹き出した。

Craven burst out.

フランボーもニヤリと笑いながら立上って、長い卓子の端の方へのそのそと歩いて行った。

Flambo stood up with a smile and walked to the end of the long Takuko.

「第五項、第六項、第七項と控えてはいるが、掘出すとかえって蜂の巣をつついた様になります」とフランボーが答えた。

"I'm looking forward to the 5th, 6th, and 7th paragraphs, but when I dig, I'm more likely to be throwing a beehive," said Flanau.

「第一に鉛筆|心が山のようにあります。

"First of all, pencils are like mountains."

これは心だけで鞘がない。

This is the heart alone and not the sheath.

それからブッキラ棒な竹の杖が一本、これは頭の金具が剥取ってあります。

Then there is a bamboo cane stick, which is stripped off from the head bracket.