文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

作男・ゴーの名誉(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(152-194)/390

兇行用の道具としては役立ち得る代物だが別段犯罪らしいものもない。

Although it can be useful as a tool for deeds, there is nothing else like crime.

外にはまあ古ぼけた弥撤の祈祷書が二、三冊と小さな旧教の画が何枚かあります。

Outside, there are a couple of old and very old prayer books and a few old paintings.

察するにこれ等はこのオージルビー家に中世時代から伝わっているものと私は思う。

I guess these are the things that have been transmitted to the Aussybes from the Middle Ages.

が、妙にところどころ切り抜いてあったり、顔なぞもえらい事になっているので、これは博物館へでも廻したい代物です」

However, it is something I want to miss in the museum, because it is strangely cut out in some places, and it has become a great thing in the face.

 外では猛烈な嵐が城をかすめて物凄い千切雲を吹飛ばした。

Outside, a fierce storm swept through the castle and blew off a huge cloud.

そしてこの細長い空の中に闇を投げ込んだ。

And I cast darkness into this long, thin sky.

その時師父ブラウンは、その小さな本を手にとって燦爛と光るその頁をしらべ始めた。

At that time, teacher and father Brown began to look at the page that glowed with the small book in his hand.

やがて彼は口を開いた。

Before long he opened his mouth.

闇の影はまだ立迷っている。

The shadow of the darkness is still standing still.

しかし彼の声はまるで生れ変って来た様な声であった。

However, his voice was as if it had been transformed.

「クレーヴンさん」と云った声は十歳も若く聞えた。

The voice that said "Craven" was ten years old as well.

「あなたはあの山上の墓を発掘すべき正式の、令状をたしかに御持ちでしょうね。

"You must have a formal, warrant to dig that tomb on the mountain.

善は急げだ。

Good is a hurry.

急げばそれだけこの恐るべき事件の底も早くたたいて見られると云うものです。

The more you hurry, the more you can see the bottom of this horrible affair.

もしわしがあなたであったらすぐさま出立致しますがね」

If I am you, I will be leaving immediately.

「これからすぐ、えエどうしてすぐでなければいけないんです」探偵は驚いて訊ねた。

"Now I have to do it right now," the detective asked astonished.

「さあなぜというと、これはなかなか重大問題ですからじゃ、嗅煙草の散らばっている事や宝石の抜き取ってある事に対しては百の理由も想像もなりうるが、この書物をこんな具合に瑕物にしておった理由はただ一つしかない。

"Well, this is a serious problem, and it can be imagined that there are a hundred reasons for sniffing cigarettes and removing gems, but this book is a gift There is only one reason to do this.

これ等の宗教画がこの通り汚され、引裂かれ、落書さえされてあるのは、子供の悪戯や新教徒の頑迷からした仕事ではない。

It is not the work of a child's mischief or the stigma of a neophyte that these religious pictures are so polluted, torn, or even written down.

これはすこぶる念入りにやった仕事です。

This is a task done with great care.

またすこぶる不可能なやり方です。

It's a really impossible way.

神の御名を金文字で大きく書いてある部分は残らず叮嚀に切取ってある。

All parts of the god's name written in gold letters are cut into pieces.

その外にこの手をくっている箇所は嬰児|基督の御頭を飾る御光である。

The other place where this hand is held is the darling | the light that decorates the head of the governor.

じゃによってわし等はこれから直ちに令状と鋤と手斧をたずさえて山へ登った上、棺を発掘しようかとこう云うんです」

From now on, I will immediately carry a warrant, a bribe and a handicap to the mountain from now on and ask if I will excavate the bribe. "

「ハア、とおっしゃると、どういう意味ですか」倫敦の探偵がたたみかけるように訊いた。

"Haa, what do you mean," said the detective of Liaoning, as if to confuse.

「と云う意味は」と小さい坊さんの答える声は嵐の咆え狂う中にもちょっと大きくなったかと思われた。

The voice of the little boy's answer, "What's the meaning of that," seemed to have grown a little during the storm's roar.

「と云う意味は宇宙の巨大なる悪魔が、今この瞬間、この城の大塔の頂上に、百の衆を集めた様にふくれ、黙示録のそれのように咆哮しつつあろうやもしれないというんです。

"The meaning is that the giant demons of the universe, like this apocalypse, can not hesitate as if they gathered hundreds of people at the top of the great tower of this castle at this moment. Hm.

この切抜事件の底にはどこやらに悪魔の魔法が潜みいると見える。

You can see the magic of the devil lurking at the bottom of this cutout event.

とにかく秘密の鍵を開くべき一番の近道は山へ登って墓をあばくのが一番だと想いますじゃ」

Anyway, I think that the best shortcut to open the secret key is to climb the mountain and expose the grave.

        二

Two

 二人の相手は庭に出て、猛烈な夜嵐におそわれ、頭を吹飛ばされそうになるまでは、いつの間に師父ブラウンの後についてきたのか自分でさえ気がつかないくらいであった。

The two men went out into the garden, were scolded by a fierce night storm, and even before they were blown away, they were not even aware of how soon they came after Master Brown.

それにも拘らず彼らは自動機械のように坊さんの後について来たのであった。

Nevertheless, they came after the boy like an automatic machine.

なぜならばクレーヴン探偵は自分の片手にチャンと手斧をつかんでいるのを見るし、ポケットの中には令状もはいっていたからだ。

The reason is because Craven had a hand grabbed Chan in his hand, and a warrant was in his pocket.

フランボーも疑問の人物ゴーの重い鋤を借り出して持っていたからだ。

It was because he had borrowed a heavy bag of questionable character Go.

ブラウンは問題の小型の金製の本をしっかと携えていた。

Brown was carrying the small gold book in question firmly.

山上の墓地に達する路は曲りくねってはいるが、遠くではない。

The road to the cemetery on the mountain is winding but not far.

ただ向い風が身体にあたるので骨のおれる気がした。

I felt that my bones were gone because the wind just hit my body.

見渡す限り、そして上の方へ登れば登るほど、松林の海で、それも今風をうけて見渡すかぎり一様に横様になびいている。

As far as I can see, and the more I climb, the sea of the pine forest, as it is modern, flutters sideways as far as I can see.

その一列一体の姿勢には、それが渺茫としているだけに何やら空々たる趣きがあった。

The one-in-one attitude was somewhat empty, just because it was dignified.

ちょうど疾風がどこかの人類の棲息しない目的もない遊星をめぐって咆哮でもしている様に空々たる趣きがあった。

There was an empty taste just as Gale was enshrining over planets that had no purpose for not abating of humanity.

彼等は山の草深い頂上に来た。

They came to the top of the grassy mountain.

松林は頂上までは続いていないので、そこはさながら禿頭のように見えた。

The pine forest did not continue to the top, so it looked like a pier.

材木と針金とで作った粗末な外柵は、これが墓地の境界だと一行に物語る様に嵐の中にピュウピュウと鳴っていた。

The poor outer fence made of timber and wire squeezed in the storm as if it was a boundary of the cemetery.

しかしこの時既にクレーヴン探偵は墓の一角に立ち、フランボウは鋤の尖を地中に突き立てて倚り掛っていたが二人共に、その材木や針金並びに嵐の中にフラフラと揺れて見えた。

However, at this time Craven had already stood in one corner of the tomb, and the flambou had shook the cusps of the thorn in the ground, but both of them seemed to sway in the lumber, wire and storm. .