文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

サレーダイン公爵の罪業(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(169-202)/461

彼は釣についても、書物についても、なかなか知識を持っているように見えた。

He seemed to have a good knowledge of fishing and books.

後者の方はすばらしい開発振りを見せもしなかったが、彼は五六ヶ国語を操った。

The latter did not show great developmental predicament, but he manipulated the 56 languages.

もっとも主として俗語ではあったが、彼は明らかに諸国の変った町々や種々雑多の社会に生きて来た。

Although primarily slang, he has apparently lived in the transformed towns and miscellaneous societies of the nations.

実際彼の最も愉快な物語の中には地獄のような賭博場、阿片窟、オーストラリアの山賊など、しきりに出没した。

In fact, among his most entertaining stories were hell-like gambling places, Opium caves, Australian bandits and so on.

師父ブラウンも、かつて名高かったこのサレーダインが最近の数年を旅から旅へと過しつつあるということだけは知っていたが、その旅がかほどに外聞の悪い、もしくはかほどに面白いものだったとはさすがに思いもよらなかった。

Master Brown also knew that this once-famous Salidain had been traveling from journey to journey in recent years, but the journey was so badly polluted or quite interesting I had no idea that it was.

 実際公爵は世の事情にたけた人としての品位はあるにはあっても、ブラウン坊さんのような感じの鋭敏な人の眼には、どうもそわそわした、一歩を進めて言えば信用の置けない調子のある人物として見えるのはしかたのない事である。

In fact, even though the duke has a dignity as a person in the world's circumstances, the eyes of a keen person like Brownbos feel so stunned, I can not place credit in one step further It is impossible to see as a good-looking person.

なるほど彼の顔形はいかにもやかまし屋のようには見える。

To be sure, his face looks like a good-looking man.

が、その眼光にはどうも荒さんだところがある。

But there is a place that is very rough in the light.

彼は酒か薬品かで身体のふるえる人のような神経の傾きがちょいちょいと見える。

He looks a bit like a person with a drink or a drug, with a slight nerve inclination.

そして家政上の問題には一度も手を染めたことはないらしい。

And it seems that there has never been a hand in home affairs.

家の内の事は何から何まで二人の年とった召使にまかせっきりで、殊に給仕頭の方はこの家にとっては大黒柱に相違ないのだ。

The things in the house depend on the two old servants, and especially the people who serve the house are the mainstays of the house.

実際ポウルは給仕頭というよりは一種の家令という方が適切で、もう一歩進んで云えば、侍従ともいいたいくらいである。

In fact, it is more appropriate to use a kind of family decree than to serve as a servant.

食事の時にも表立ってこそ食べないが食卓の礼儀は決して主人公爵のそれに負けないのだ。

I can not eat even if I stand up when eating, but the courtesy of the dining table is by no means inferior to that of the protagonist.

下々の者等も彼をピリピリと怖がっているようだ。

It seems that the lower men are also afraid of him.

そして公爵が彼と相談する時でも、主従の礼儀だけは正しくやるが、どこかに傲慢なところが見えるのだ。

And even when the duke consults with him, only the courtesy of the master-and-sailor is correct, but you can see something arrogant somewhere.

むしろ、彼が公爵の法律顧問ででもあるような態度が見えるのだ。

Rather, he looks like he's also a public adviser.

それに比べると、陰気な家政婦の方は、まるで日蔭の女である。

By comparison, a grim housekeeper is a woman of the sun.

実際彼女は給仕頭に対しては、己れを低く屈して、まるで彼の召使か何かのように見える。

In fact, she bows to her head, looks like his servant or something.

ブラウンは、彼女が最前公爵の兄と弟について自分に私語したようなあのような猛烈な調子は、あれきり爪の垢ほども聞くことが出来なかった。

Brown could not hear that ferocious tone she had privately told herself about her first duke's brother and brother, as well as that of her toenails.

公爵がその弟大尉……今どこにいるのやら……のために果たしてどれくらいの金を取られたのやら見当がつかなかったが、サレーダイン公爵の様子に何となく胸に秘密をかくしているようなところを見れば、その話はいかにももっともらしく受取られるのであった。

The duke had no idea how much money he had spent for where he was now ... ...... what he was now ... but he apparently managed to hide a secret in the heart of Duke of Saladain If you look at it, the story was received very plausibly.

 公爵と師父ブラウンとが再び最前の細長い鏡の間に戻った頃には、水辺や岸の柳に早や黄昏の色が立罩めていた。

By the time the duke and his father Brown returned again between the foremost elongated mirrors, the color of the twilight rose in the waterside and on the shore willow.

そして遠くの方でごい鷺が小児の打出す豆太鼓のように、ポコボンポコボンと啼いていた。

Then, in the distance, he was singing with pocobon pocobon like a child drumming beat of a child.

何となくもの哀れなそして不吉な仙郷を思わせるような妙な情調が、小さな灰色雲のように再び坊さんの心をかすめた。

Strange emotions reminiscent of a sadly and sinister senso, squeezed the boy's heart again like a small gray cloud.

「ああ、フランボウ先生、早やく戻って来てくれるといいんだがなあ」と彼は独り語をつぶやいた。

"Oh, Mr. Franbou, I hope he will come back soon," he muttered a single language.

「時にあなたは災禍というものを御信じになりますか」と落着きのないソワソワした態度で公爵は唐突に訊いた。

"Don't you sometimes believe in disasters?" Said the duke suddenly in a calm and uneasy manner.

「いや」とブラウンが答えた。

"No," said Brown.

「私は最後の審判日なら信じますがな」公爵は窓から身を起して様子ありげに相手の顔を見た。

"I believe if it was the last day of the referee," Duke woke up from the window and looked at the other's face in an elegant manner.

夕日にそむいて顔を薄暗くくもらせながら言った。

He turned against the setting sun and said with making his face dim.

「と御っしゃいますとどういう意味ですな。」

"What does it mean to you?"

「という意味は、この世に居る吾等は綴錦の裏側に住んでるようなもんじゃという意味です。

"The meaning of this is that it is like monks living in the world live behind the spell.

どうもこの世に起る事というものは、全部の姿を現わしてはおらんもので、本当の姿はどこやら他の世界にかくれているものと思われますが、そうすれば悪業を身にもっているものはその他界で必ず悪果を受けることになるので善い。

What happens to this world is something that appears in its entirety, and it is thought that the true figure is something that hides in the other world, but if you do so, you will have a bad job It is good because it will always suffer bad things in the other world.

どうもこの世では途方もない人に悪果が廻り合せて来ますのじゃ」と、突然‥‥公爵は「ウォー」と、獣のような変な叫び声を発した。

"In this world, evil will come to a tremendous man," suddenly .... The duke proclaimed "war" and a weird cry like a beast.

翳ったその顔には両眼がただならず輝いていた。

His eyes were shining on his face.

そこでブラウンの頭にはある新らしい鋭敏な考えが忍びやかにひろがった。

So there was a new and keen idea on Brown's head that creeped out.