文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

サレーダイン公爵の罪業(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(328-371)/461

彼は証人として住所姓名を名乗った、が、陸地へ行くならと舟を勧める者があるのを謝絶した。

He gave his first and last name as a witness, but apologized that there are those who would suggest a bribe when going to land.

そして島の花園の中に立って、押潰された薔薇の木や、何とも名状しがたい突嗟の悲劇の緑なす全舞台面に眼をこらして見入った。

Standing in the flower garden on the island, I glanced over the squeezed oak tree and all the stage surfaces of the tragedy of the inestimable buttocks.

夕闇は川面にはらばい、霧が蘆そよぐ岸辺にほのぼのと立のぼった。

The dusk covered the surface of the river, and stood on the shore where the fog blew.

塒におくれた烏が三つ四つと帰りを急ぐ。

The niece in the coffin rushes home with three.

 ブラウンの潜在意識(これがまた非常に活躍した)の中には何やらまだ説明のつかぬものが不思議にありありとこびりついていた。

Some of Brown's subconscious (which was also very active) was wondering and clinging to something yet unexplained.

この感じは朝から彼の意識を離れなかったものだが「鏡が島」についての幻想だけではどうしても説明のつきかねるものがあった。

This feeling did not leave his consciousness from the morning, but the illusion of "Kagami gajima" alone could not explain it.

彼は何んだか自分が見たものは現実の光景ではなくして、競技か仮面舞踏会のようなものに思われもした。

What he saw was not a real scene, but he seemed to be like a game or a masked ball.

けれども、しかし、遊戯のために突殺されたり死刑に処せられようとする者もないはずではある。

But, however, there should be no one who is going to be assassinated or put to death for play.

        五

Five

 彼は船着の石段に腰かけながら独り物思いに耽っていたが、折しも上流の方から一つの細長い、黒ずんだ帆が薄光りに光る川面を下って来るのに気がついた。

He was sitting alone on the steps of the boat, but he noticed that one long, dark sail from the upstream came down the dimly lit riverside.

そして彼はばねのように飛上った。

And he flew like a spring.

が、感激の反動で泣出さんばかりに胸が込み上げて来た。

However, the chest has come to my heart just by crying in reaction of excitement.

「フランボー!」

"Franbo!"

 と彼は叫びさま、幾度も幾度も友の手をとって堅く握りしめた。

He screamed, clasped his hands with his friend again and again and again and again.

驚いたのは釣竿を以て岸辺に上って来たフランボーだ。

What surprised me was the franbo who came to the shore with a fishing rod.

「フランボー! アア、やっぱり君は殺されはしなかったのじゃ!」

"Franbo! Aah, you didn't get killed!"

「なに、殺されるですと?

"What will you kill?

 一体どうして私が殺されるんです?」

How come I will be killed? "

と釣客は非常におどろいてくりかえし言った。

Said the fisherman very repeatedly and repeatedly.

「なぜって、わし等は今少しで一人残らず殺されるところじゃった」相手はいくらか乱暴な口調で云った。

"Why, I'm about to kill all but one now," said the other in a somewhat harsh tone.

「サレーダイン公爵は殺され、アーントネリは殺してくれという。

"The Duchess of Saledain will be killed, and Auntneri will be killed.

アーントネリの母親は気絶する。

Auntneri's mother faints.

もうわしは生きた心地もなかったがな。

I have not felt alive anymore.

しかし、有難いことに、君も無事であった」そして彼は狐につままれたような顔付をしているフランボーの腕を取った。

But, thankfully, you were also safe, "he took Flambo's arm with a face that looked like a hook.

しばらくして二人は船着場をあとにして例の屍の下に来た。

After a while, they came to the bottom of the pier and came under the example boat.

そして朝初めて着いた時の様に一つの窓から室内をのぞいてみた。

And I looked into the room from one window as I arrived in the morning for the first time.

 ランプがつけられてすっかり部屋支度がととのっているのがたちまち彼等の眼をとらえた。

The lamp was turned on and the room was completely set, and they immediately caught their eyes.

食堂の食卓にはサレーダインの仇敵が島をめざして一陣の突風のように来襲した時既に晩飯の用意が出来ていたのだ。

It was already ready for dinner at the dining room's table when the enemies of Saledain hit the island and struck like a gust of wind.

そこで今晩飯が嵐の後の凪のように平和に食われつつあるのだ、家政婦のアンソニー夫人はむっとしたような面持で食卓の足のところにしゃがんでいる。

So, tonight's dinner is being eaten peacefully like a samurai after a storm, Mrs. Anthony, the housekeeper, is squatting at the foot of the table with a merry appearance.

ポウルは御家老様然として美味を食らいかつ美酒を飲みつつあるのだ。

Poult is eating like a old man and eating delicious sake.

夢みるその碧眼はおどろな色をただよわし、面窶れのした様は何とも名状しがたいほどだが、満悦の気色はつつみかねたと見えた。

The dreamful eyed eyes only had an amazing color, and it seemed like it was incomprehensible, but it looked like they could not afford to be full.

覚えずその様に腹に据えかねたと見えてフランボーは窓をガタガタガタ鳴らしながらこじあけた。

Seeing that I could not put it on my stomach like that I did not remember, Franco broke open the window while rattling.

そして義憤に燃えた頭を明るい部屋にスット差し込んで「オイオイ」と呶鳴った。

Then he put his burned head in a bright room in a bright room and screamed "Ooi".

「なるほど君もつかれただろうから静養を要するのは無理がない。

"That's right, you can't afford to take a rest, because you're deaf.

ただ主人が庭に殺されておろうという際に主人の物を横取りするとは実に怪しからんじゃないか?」

Isn't it really suspicious to intercept the master's thing when the master is about to be killed in the garden? "

「吾輩は愉快なるべき長の生涯の間に莫大な財物を横取りされたんじゃ」怪しい老人はかっとしたように答えた。

"I was taken over a huge asset during the life of the long to be pleasant," replied the suspicious old man as bad as he was.

「この晩食は拙者が横取を免れた無けなしの財産の一つじゃ。

"This supper is one of the perfect assets for which the deceased has escaped interception.

フン、この晩食とこの家と庭だけが、どうやら拙者の手に返ったんじゃ」この言葉によってフランボーは何事か思いついたと見えて、顔を輝かした。

Hmmm, only this supper and this house and the garden have apparently returned to the hands of the devil. "With these words, Franbo seemed to think something had happened, and his face shone.

「では何かサレーダイン公爵が遺言でも」

"So what is it that Sir Darjeeling is a will?"

「わしがサレーダイン公爵だ」老人は巴旦杏をもりもりと頬張りながら云った。

"I'm Duke of Salidain," said the old man with a cheek over her niece.

 その時まで鳥の飛ぶ様を見ていた師父ブラウンは弾丸にでも打たれたように思わず飛上った。

Master Brown, who had been watching the bird fly until then, jumped without thinking that it was hit by a bullet.

そして蒼白になった顔を窓に突込んだ。

Then I pushed my faint face into the window.

「君はなに、何じゃと」と彼はキイキイ声をはり上げて訊返した。

"What, what are you," he shook his voice and returned.

「ポウルまたはサレーダイン公爵、いずれとも御意のままにじゃ」やんごとない老人がシェリ酒の杯を唇に持って行きながら叮嚀な口調で云った。

"Poul or Duchess of Salidain, as you wish," said an old man who was not happy with it, bringing a cup of Sheri to his lips in a voracious tone.