文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

金の十字架の呪い(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(1-46)/628

金の十字架の呪い

Curse of the gold cross

チェスタートン

Chesterton

 六人の人間が小さい卓子を囲んで座っていた。

Six humans were sitting around a small takuko.

彼等は少しも釣合いがとれずちょうど同じ、小さい無人島に離れ離れに破船したかのように見えた。

They looked as if they were out of balance on the same small, uninhabited island with no balance at all.

とにかく海は彼等をとりかこんでいた。

Anyway, the sea was taking care of them.

なぜならある意味において彼等の島はラピュタのような大きいそして飜る他の島にとりかこまれていたから。

Because, in a sense, their islands were embroiled in other large and insulting islands like Laputa.

なぜならその小さい卓子は大西洋の無限な空虚を走ってる、巨船モラヴィアの食堂に散らばってる多くの小さい卓子の一つであった。

Because the small boat was running through the endless empty of the Atlantic Ocean, it was one of the many small boat scattered in the cafeteria of the huge ship Moravian.

その小さい仲間は皆アメリカから英国への旅行者に他ならなかった。

All the little guys were no less than American to British travelers.

彼等の二人はとにかく名士と呼ばれるかもしれない、が他の人々は名の知れないものであった。

The two of them may be called celebrities anyway, but others were unknown.

そして一二の点において信頼し難くさえあった。

And it was even unreliable in one or two respects.

 その最初は前ビザンテン帝国に関しての考古学上の研究の権威である、スマイル教授であった。

The first was Professor Smile, who is the authority of archeological research on the former Byzantine Empire.

アメリカの大学において講ぜられた、彼の講演は欧洲において最も権威ある学府においてさえ最上の権威として受け入れられた。

His lecture, given at an American university, was accepted as the highest authority even in the most prestigious schools in Europe.

彼の文学上の仕事は欧洲の過去について円熟した想像力に富む共鳴に非常にひたされていた。

His literary work was highly dedicated to a mature, imaginative resonance of the European past.

それでそれはアメリカ人の抑揚で彼が話すのを聞く未知の人にしばしば驚喜を与えたほどであった。

So it was astonishing to the unknown who often hears him speak in American intonation.

しかし彼は彼の態度においては、むしろアメリカ人であった。

But he was rather American in his attitude.

彼は長い美しい髪を大きな四角な額からかきなでていた。

He had his long, beautiful hair pricked from a large squared forehead.

そして長い真すぐな恰好と次の飛躍にうっとりと沈思してるライオンの様な、潜勢の迅速さの平均を持つ先入見の奇妙なる混合を持っていた。

And it had a strange mix of preconceptions with an average of quickness, like a long straight-hearted luscious and a lingering lion for the next leap.

 その仲間にはただ一人の婦人がいた。

The companion had only one lady.

彼女は(新聞記者が彼女についてしばしば言ったように)彼女自身における主人であった。

She was the master in her own (as a newspaper reporter often said about her).

それにおいても、ある時はいかなる他の卓子においても、女王とは言わない。

Even so, at some time no other table is said to be a queen.

女将の役を演ずるべくすっかり用意をしていた。

I was fully prepared to play the role of the mistress.

彼女は熱帯や他の諸国における著名な婦人旅行家の、ダイアナ・ウェルズ夫人であった。

She was Mrs. Diana Wells, a prominent female traveler in the tropics and other countries.

彼女自身は暑苦るしく重々しい赤い髪を持ち、熱帯風に美しかった。

She had a hot, heavy red hair and was beautiful in tropical style.

彼女は新聞記者連が大胆な流行と呼ぶ様に装っていた。

She was dressed as the newspaper reporters called it a bold epidemic.

が彼女の顔は聡明そうで彼女の眼は議会において質問をする婦人達の眼によく見られる輝きとかなり目立った様子をしていた。

But her face looked bright, and her eyes looked quite noticeable with the brilliance commonly found in the eyes of women asking questions in parliament.

 他の四人の姿は最初この目に立つ存在の中では影のように見えた。

The other four's figures at first looked like shadows in this visible presence.

しかし近よって見ると彼等は相違を示した。

But looking closely, they showed a difference.

彼等の一人は船の名簿にはポール・テ・ターラントと載ってる青年であった。

One of them was a youth listed as Paul Te Taranto on the ship's list.

彼は真にアメリカ人の模範と呼ばれても差支えのないようなアメリカ人型であった。

He was a truly American model that could be called an American example.

彼はおしゃれでまた気取り屋である。

He is fashionable and fancy.

富める浪費者はよくアメリカの小説にあるように柔弱な悪人を造る。

The wealthy spenders make the frail villains as they often appear in American novels.

ポール・ターラントは着物を着かえる他には何にもなす事がないように見えた。

Paul Tarrant seemed to do nothing but wear a kimono.

薄明のデリケートな銀色の月のように、美くしい明るい灰色の彼の衣裳を淡色やまたは豊かな影に替えて、彼は日に六度しかも着物を替えた。

He changed his kimono six times a day, changing his costume in a lovely light gray color into a pale or rich shadow, like a delicate silver moon of twilight.

最もアメリカ人らしくなく彼は非常に細心に短かい巻いた髯を生やしていた。

Not the most American, he had a very meticulously short-rolled moth.

そしてまた最もおしゃれらしくなく、彼自身の型から言っても、彼は華美というよりはむしろ気むずかしいように見えた。

And again, he was not the most fashionable, and from his own type, he looked rather temper than Hanami.

彼の沈黙の蔭には幾分バイロン風なものがあった。

There was something somewhat of a Byron like at the foot of his silence.

 次の二人の旅行者は自然一緒に分類された。

The next two travelers were grouped together naturally.

何故なら彼等は二人共アメリカ漫遊から帰るイギリスの講師であった。

Because they were a British lecturer who returned from the two-man American adventure.

一人は、あまり著名ではない詩人ではあるが、少しは名の知れた新聞記者で、レオナルド・スミスと呼ばれていた。

One was a notorious poet, but a little well-known newspaper reporter, called Leonardo Smith.

彼は長い顔をして、明るい髪を持って、キチンと装っていた。

He had a long face, bright hair and was dressed as chitin.

もう一人は黒い海象のような髭を生やして、丈が低く幅が広いので、滑稽な対照であった。

The other was a black sea elephant-like beard, and it was a funny contrast because it was short and wide.

そして他の者がおしゃべりであるのに彼は無口であった。

And he was silent even though others were talkative.

六番目の最もつまらない人物はブラウンという名で通っている小柄な英国の坊さんであった。

The sixth most boring person was a small British boy who traveled under the name Brown.

彼は非常に注意深くその会話に聞き入っていた。

He listened very carefully to the conversation.

そしてその瞬間にそれについて一つのかなり奇妙な事実があったという印象を形ち造っていた。

And at that moment it was forming an impression that there was one pretty strange fact about it.

「君のそのビザンティン研究は」とレオナルド・スミスは話していた。

"That's your Byzantine study," said Leonardo Smith.