文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

金の十字架の呪い(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(138-175)/628

私がこれ等の地下の町や村と言いたい、これ等の地下の場所は、ある動機のもとに、ある人々に依ってもう既に看破されていたという事を信じました。

I wanted to say these underground towns and villages, I believed that these underground sites had already been overlooked by some people with some motives.

その動機については考えの異った学派がありました。

There was a different school of thought about that motive.

あるものは皇帝が単なる科学的好奇心から探検を命じた物だという事を論じ、また他の者は物凄いアジア的な迷信のあらゆる種類に対する後期ローマ帝国におけるすばらしい流行がある名もないマニス宗の宗徒を出発させたと主張し、またある者は太陽の正面からかくさねばならなかった乱痴気騒ぎは洞穴において騒ぎ廻ったという事を主張しています。

Some argue that the emperor had ordered to explore from a mere scientific curiosity, and others have not had a great fad in the late Roman empire for all sorts of supernatural Asian superstitions, and the Manis sect Some argue that the outrage that had to be hidden from the front of the sun made a noise in the cave.

私はこれ等の洞穴は墓穴と同じ様な事に使用されていたと信じた所の仲間に属してます。

I belong to the group where I believed that these caves were used for things similar to graveyards.

全帝国に火の様にひろがっていたある迫害時代の間、キリスト信者は石のこれ等大昔の異教徒の迷路にかくれていたという事を吾々は信じました。

During the period of persecution, which was spreading like a fire throughout the whole empire, many believed that Christ believers were hiding in these mazes of ancient heathen pagans.

そこでその埋もれていた金の十字架を拾い上げその上の意匠を見た時は全くゾッとしました。

So when I picked up the buried gold cross and saw the design on it, I was totally shocked.

それにもう一度外側にひきかえして陽の光りの中に低い道に沿うて限りなくひろがってる露骨な岩壁を見上げ、そして荒々しい下画の中に描き書かれた、まぎれもない、魚の形を見た時は異状な衝動を受けました。

And again, turning outwards, looking up at an endless rock wall that extends endlessly along the low road in the sunshine, and painted in the rough sketches, an unmistakable, fish shape When I saw it, I received an unusual impulse.

「それについては幾分あたかも化石した魚かまたは氷にとざされた海の中に永久に附着したある敗残の生物であるかもしれないようにも見られました。

"It was also seen that it may be somewhat as if it were a fossilized fish or an outright creature permanently attached to the sea in ice.

私は石の上に描き書いた単なる絵と結びつけずには、この類似を分解する事が出来ませんでした。

I could not resolve this similarity without linking it to a mere picture drawn on a stone.

そして遂に私は心の奥底ではこう考えていたという事を理解しました。

And finally I understood that I was thinking like this at the bottom of my heart.

すなわち最初のキリスト信者は人間の足のはるか下に落ちて、薄明りと沈黙の陥没した世界に口をきかずに住み、そして暗くそして薄明な音響のない世界に動いて、ちょうど魚の様に見えたに違いないという事ですな。

That is, the first Christians fell far below the human foot, lived silently in a dimmed and silent world, and moved into a dark and dimly acoustic world, looking just like a fish. It must have been.

「石の道路を歩く誰れでもは幻影の歩みがついて来るような気がするのを知ってます。

"Everyone who walks on the stone road knows that it seems like the steps of the illusion will follow.

前にあるいは後ろにバタバタという反響がついて来ます、それで、人はその孤独においてほんとに一人ポッチであるという事を信ずる事は不可能です。

There is an echo of slapsticks before and after, so it is impossible to believe that a person is really a single potch in that loneliness.

私はこの反響の影響にはなれておりました。

I was affected by this echo.

それでちょっと前まではそれもあまり気にはしませんでしたが、私は岩壁の上をはっていた表徴的なある形を見つけました。

So until a while ago I didn't care too much, but I found a symbolic shape that was on the rock.

私は立ち止まりました。

I stopped.

と同時に私の心臓もハタと止まったように思われたのです。

At the same time, my heart also seemed to stop.

私自身の歩みは止みました。

My own walk has stopped.

が反響は進んで行きました。

The response went on.

「私は前の方へかけ出しました。

"I went out to the front.

そしてまた幽霊のような足取もかけ出したように思われました。

And it also seemed like a ghost-like step.

私は再び立ち止った、そして歩みもまた止みました。

I stopped again, and the walk also stopped.

が私はそれはやや時が経って止んだという事を誓います。

But I swear that it has stopped a little over time.

私は質問を発しました。

I issued a question.

そして私の叫びは答えこられました、けれどもむろん声は私のではありませんでした。

And my cry was answered, but of course the voice was not mine.

「私はちょうど私の前方の岩の角をまわって来ました。

"I just came around my forward rock corner.

そしてその薄気味の悪い追跡の間中に私は休止したりまたは話したりするのはいつも屈曲した道のその様な角においてである事に気づきました。

And during that creepy chase I realized that it was always at such horns of the flexed path to pause or talk.

私の小さな電灯で現される事の出来る私の前方のわずかな空間は空虚な室のようにいつも空虚でした。

The small space ahead of me that can be manifested with my little light was always empty like an empty room.

こんな状態で私は誰であるかわからぬ者と話しを交えました。

In such a situation, I talked with someone who I do not know.

そこで話しは太陽の最初の白い光りに行きあたるまでずっと続きました。

There the talk continued until it reached the first white light of the sun.

そこでさえ私は彼がどんな風に太陽の光線の中へ消えおったかを見る事が出来ませんでした。

So even I could not see how he had gone into the rays of the sun.

しかし迷路の口は多くの出入口や割目や裂目で一っぱいでした。

However, the mouth of the maze was covered with many entrances, cracks and splits.

それで彼にとっては洞穴の地下の世界に再び立ちかえって消え去る事は困難ではなかったでしょう。

So it would not have been difficult for him to return to the underground world of the cave and disappear again.

私は岩の清浄というよりはもっと幾分熱帯的に見える緑の植物が生えてる、大理石の台地のような大きな山のさびしい踏段に出て来た事だけがわかりました。

I only found out that I came out on the steps of a large mountain like a marble terrace, with green plants that look somewhat more tropical than the cleanness of the rock.

私は汚れない青い海を眺めました。

I looked at the uncontaminated blue sea.

そして太陽は底知れぬさびしさと沈黙の上に輝いていました。

And the sun was shining on bottomless rustiness and silence.

そこには驚きのささやきを交わす草の葉もなくまた人の影もありませんでした。

There was neither a leaf of grass that exchanged surprises nor a shadow of people.

「それはおそろしい対話でした、非常に親密なそしてまた非常に別個なまたある意味において大変に取りとめのないものでした。

"It was a terrifying dialogue, very intimate and also very distinct in a very distinct and also in a way sense.