文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

金の十字架の呪い(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(176-212)/628

体のない、顔のない、名もないしかし私の名で私をよぶ、この物は、吾々がクラブにおいて二つの安楽椅子にかけていたよりももっと熱情も芝居気も持たず吾々が生き埋めされていたそれ等の割目の中で私に話をしました。

No body, no face, no name, but I call me in my name, this one has no more passion or play than a single comfort chair in a club. I talked to me in the percentage of those that were

しかし彼はまた魚の標のある十字架を所有したなら、高い地上の者でも必ず殺すであろうという事を話しました。

But he also said that if he owns a fish-marked cross, he will surely kill even those on high ground.

彼は私が弾丸をこめた銃を持ってる事を知っているので、その迷路の中で私をあやめるほど愚者ではなかったと彼はあっさりと私に話しました。

He told me lightly that he wasn't a fool enough to apologize for me in the maze because he knew I had a gun with a bullet.

しかし彼は確実な成功を持って私の殺害を計画するであろうという事をおだやかに話しました、その方法はいかなる危険も防ぎ得る、支那の老練な職工や印度の刺しゅう家が生涯の美術的な仕事にする所の技巧的な完全さを持つ方法でやるというのです。

But he calmly talked that I would plan my killing with certain success, and that way could prevent any danger, a senior craftsman of China, an embroidery house of Indo, a lifetime art It is to do it in a way that has the technical perfection of the place to be

けれども彼は東洋人ではありませんでした。

But he was not an Oriental.

彼はたしかに白人でした。

He was certainly white.

私は彼は私の国の人間ではなかったかという事を疑います。

I doubt that he was not a person in my country.

「それ以来私は時折暗示や符合やそして奇妙な非人間的なたよりを受取りました。

"I have since received occasional implication, agreement, and strange inhuman news.

そのたよりはその男は狂人であるか彼は一事遍狂者であるかという事を少なくとも私にたしかめさせました。

At least I have convinced me that the man is a madman or he is a addict.

この幻想的なはなれた方法で、彼はいつも私に、私の死と埋葬に対する準備は満足に進行しているという事、そしてまた私が手柄な成功を持って彼等の迫害をさける事の出来る唯一の方法は、私が洞穴で見つけた十字架を――私が手ばなす事であるという事を話していました。

In this fantastical way he always keeps me happy that my preparation for death and burial is progressing, and also that I will take care of their persecution with mediocre success. The only way I could do it was to talk that I was going to handle the cross I found in the cave.

彼は物好きの蒐集家の持つ熱情以外には何んの熱情も持たぬようでした。

He seemed to have no enthusiasm other than the enthusiasm of the collectors of love.

その事が彼は西方の人間であって東洋人ではないとたしかに私に感じさせた事の一つでした。

That was one of the things that made me feel that he was a man of the west and not an Oriental.

しかしこの特別な好奇心は全く彼を狂気にさせるようでした。

But this special curiosity seemed to make him crazy.

「それからまだ不たしかではあったのですが、サセックスの塋穴におけるミイラにされた死骸の上に見つけられた双の霊宝について、報知が来ました。

"There was still some unknown, but a notification came about the twin spiritual treasures found on the mummy corpse in Sussex's pit.

もし彼が前に狂人であったのなら、この知らせは彼を悪魔につかれた人間に代えました。

If he had been a madman before, this news changed him to a demon-captained man.

彼等の一つが地の人間のものであるという事は非常にいやな事でありました。

It was very disgusting that one of them was from the earthly people.

彼の狂気のたよりは厚くそして毒矢の雨のように迅速に来始めました。

His madness began to come quickly and as thick and as a rain of poison.

そしてそのたびに私のけがれた塋穴の十字架に向ってさしのべた瞬間に私の死が私を襲うであろうという事を、前よりも更に断然と叫んで来ました。

And every time I went to my crucified crucian carp crosses and cried out more than before that my death would attack me at the last moment.

「『汝は決して吾を知らないであろう』と彼は書いて来ました。

"'The wolf will never know the wolf,'" he wrote.

『汝は決して吾が名をよばないであろう。

"I will never say that my niece is his name.

汝は決して余の顔を見ないであろう、汝は死すであろうが決して誰が汝を殺せしかを知らないであろう。

The wolf will never look at his face, the wolf will die, but he will never know who will kill the wolf.

余は何等かの形にて汝のまわりにたぶん居るであろう。

The rest will probably be around the coffin in some form.

しかし余は汝が見るのを忘れている処のものにおいてただおるのである』と

But the rest will be in the place where the wolf forgets to see. "

「それ等の強迫状から私はこの旅行でも彼は私にかげのようについておるらしく思われます。

"From their obsessive-compulsory letters, I seem to be apt for him on this trip as well.

そして霊宝を盗もうとしまたはそれを持ってるために私に何か災いをしようとしてます。

And I try to do something wrong with me to try to steal the spiritual treasure or bring it.

しかし私は一度もその人間を見た事がありませんから、彼は私が出会う何人かであるかもしれませんよ。

But since I have never seen that human, he may be some of whom I meet.

理論的に話して、彼は卓子において私に世話をする給仕人の誰かであるかもしれません。

Speaking in theory, he may be one of the serving staff to take care of me at Takuko.

彼は卓子に私と一緒にかける船客の中の何誰かであるかもしれません」

He may be somebody among the passengers who take Takuko with me. "

「彼はわしかもしれんな」と機嫌のいいさげすみを持って、師父は言った。

"He might be me," said the teacher and father, with a vague vague vengeance.

「彼は他の何人かであるかもしれません」とスメールはまじめに答えた。

"He might be some other person," Smeel replied seriously.

「あなたは私が敵でないとたしかに感ずる唯一の方です」

"You are the only one who truly feels that I am not an enemy."

 師父ブラウンは再び当惑して彼を見た。

Master and father Brown looked at him embarrassed again.

それから微笑して言った、「さてさて、全く奇妙じゃ、わしではないかな。

Then she smiled and said, "Well, it's not strange, I am not.

わしが考えねばならん事は彼がほんとにここに居るかどうかを見出す何等かの機会じゃな――彼が彼自身を不愉快にする前にな」

What I have to think is some opportunity to find out if he is really here-before he's annoyed himself. "

「それを見出す一つの機会があると、私は思います」と教授は陰欝に答えた。

"I think there is one chance to find it," said the professor in a conspiracy.

「吾々がサザンプトンに到着した時に私はすぐに海岸に沿うて車を走らせます。

"When I arrive in Southampton, I will immediately drive along the coast.

もしあなたが一緒に来て下さるなら大変に喜ばしい事ですな。

If you come with me, it would be a great pleasure.