文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

金の十字架の呪い(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(213-255)/628

もちろん、吾々の仲間は解散になるでしょう。

Of course, each fellow will be disbanded.

もし彼等の誰かがサセックス海岸にあるあの小さい墓地に再び現われるなら、吾々は彼がほんとに何人であるかを知るでしょう」

If any of them reappear in that little cemetery on the Sussex coast, each one will know how many he is. "

 教授の筋書きは師父ブラウンを加えて、まさに始められた。

The plot of the professor has just begun, with the addition of Master and Father Brown.

彼等は一方には海を控え他の一方にはハンプシェアとサセックスの丘々をのぞみ見る道に沿うて走った。

They ran along the road, one side to the sea and the other to the hump shear and Sussex hills.

何等追跡者の影も見えなかった。

I could not see the shadow of any tracker.

彼等がダルハムの村に近づいた時その事件に何等かの関係を持っていたただ一人の男が彼等の道を横ぎった。

When they approached the village of Dalham, only one man who had some relationship with the case crossed their way.

すなわちそれはちょうど今教会を訪問しそして新しく開掘した礼拝堂を過ぎて牧師に依って叮嚀にもてなされて来たばかりの新聞記者であった。

That is, it was a newspaper reporter who has just visited the church and has been pasted by a pastor past a newly excavated chapel.

しかし彼の観察は普通の新聞式のものであるように見えた。

But his observation seemed to be a regular newspaper.

しかし教授は少し空想好きであった。

However, the professor was a little fanciful.

それで丈の高いかぎっ鼻の眼のくぼんだ、憂欝気にたれ下った髪を生やした、その男の態度や様子に見えるある奇妙なそして気抜けのしてるという考えを取り去る事が出来なかった。

So I couldn't get rid of the weird and fancy thoughts of the man who had the tall, knurled eyes, the hazy-haired, bearded hair, that man's attitude or appearance.

彼は観光人として彼の経験に依って幾分元気をつけたように見えた。

He seemed to be somewhat uplifted as a tourist depending on his experience.

実際、彼等が質問を以て彼を止めた時に、彼は出来得る限り早くその視野からのがれようとするように見えた。

In fact, when they shut him down with a question, he seemed to try to leave the field as soon as possible.

「それは到る所呪いがあります」と彼が言った。

"There is a curse that will come," he said.

「呪いあるいは呪いでなくも、私はそこから脱れた事を喜びますよ」

"Even if it is not a curse or a curse, I am delighted to be off it"

「君は呪いを信じますか?」

"Do you believe in the curse?"

スメールは物好きげに訊ねた。

S-Mer turned to beloved.

「私はいかなるものも信じません、僕は新聞記者ですから」とその憂欝な人は答えた。

"I do not believe in anything, I am a newspaper reporter," replied the cunning man.

しかしあの土窖にはゾットする何物かがありますね、そして僕は寒気を感じた事を否定はしませんよ」それから彼は大股でステーションの方へドンドン行ってしまった。

But there is something on the ground that is sizzling, and I will not deny that I felt chilly. "Then he went to the station towards the station.

その芝生の中には墓石が青い海に投げ上げられた石の筏のように角々が傾いていた。

Inside the lawn, the tombstones were angled like a stone fence thrown up into the blue sea.

その道は山の背の所まで来ていて、そこからはるか、向うには偉大な灰色の海が鋼鉄のような青白い光りを持っている鉄の棒の様に走っていた。

The road came to the back of the mountain, and from there it was running like a rod of iron with a great gray sea with a pale light like steel.

彼等の足下には硬い並んでいる草が柊の芝生の中に折れ曲って灰色や黄色に砂の中に絡っていた。

Under their feet, hard rows of grass were bent into the grass of the moss and entwined in the sand in gray or yellow.

柊から一歩か二歩の所で、青白い海に向って真黒く、動かない人間が立っていた。

At one or two steps from the boat, a black, immobile man stood against the pale waters.

しかしそれの暗い灰色の着物から考えて「あの男は、わたりがらすか鳥のように見えますね」と彼等が墓地の方へ向って行った時に、スメールが言った。

But thinking from that dark gray kimono, "That man looks like a bird," said Smeel when they headed towards the graveyard.

「悪い前兆の鳥について人々は何んと言いますかね?」

"What do people say about bad omen birds?"

 彼等はそろそろと墓地に這入った。

They rushed into the graveyard soon.

アメリカの古物好きの眼は隈なく照っている日の光をさえぎって夜のように見える水松の樹の大きな、そして底知れない暗い繁茂や屋根附墓地の荒れた屋根の上にためらっていた。

Old-fashioned eyes of the United States are hecking on the rough roof of a large, bottomless dark overgrown and undercovered graveyard of a water pine tree that looks like a night, blocking the light of the day when the sun shines lightly The

その通路は芝生の盛りあがった中にはい上っていた。

The passage was rising in the climax of the lawn.

それはある塚の記念碑の像であるかもしれなかった。

It might be the statue of a certain mound monument.

しかし師父ブラウンは直ちに肩の上品な猫背と重々しく上の方へつき出た短い髯に何事かをみとめた。

However, the teacher and father Brown immediately saw something with the elegant cat back on the shoulders and the short bag that came up heavily.

「や、や!」教授は叫んだ。

"Yeah!" The professor shouted.

「もしあなたがあれを人間だとおっしゃるなら、あの男はタアラントです。

"If you say that you are a human, that man is Tallant.

私がボートの上でお話した時に、私の疑問に対して案外早く回答を得られるであろうと、あなたはお考えになりませんでしたか?」

Didn't you think that when I talked on the boat, I could get an answer to my question unexpectedly quickly? "

「あんたはそれに対して色々な回答を得らるるかもしれんとわしは考えましたのじゃ」と師父ブラウンは答えた。

"You thought you might get a variety of answers to it, I thought," said Fr.

「なぜですか、どういうわけですか?」

"Why why, why?"

と教授は、彼の肩越に彼を見ながら、訊ねた。

And he asked, looking at him over his shoulder.

「わしはな、水松の樹のかげに人の声を聞いたように思いましたのじゃ。

"I thought that I heard the voice of a man at the head of Mizumatsu tree.

わしはタアラント君は見かけのようにあの人は一人ポッチだとは考えませんじゃったよ」

I didn't think that Taalant would seem to be a single person.

 タアラントが不機嫌な様子でのろのろと来た時に、その確信を得た。

I got that conviction when Tearrant came in slow mood.

女の声ではあるが、高いかなりやかましい、他の声が戯談まじりで話していた。

Although it is a female voice, it is quite loud, and other voices are talking in a funny chat.

「どうして私はあの人がここに居るだろうという事を知ったか?」

"Why did I know that he would be here?"

 この愉快な観察が彼は話しかけられたのではないという事がスメール教授に影響した。

It was affecting Smell that this pleasant observation was not spoken to him.

そこで彼は幾分当惑して、まだ第三の人物が居ったという結論に達した。

So he was somewhat embarrassed and came to the conclusion that there was still a third person.

ダイアナ夫人が水松の木のかげからいつもの様にニコニコして出て来た時に、彼は彼女は彼女自身の生きてる影である事を注目した。

As Mrs. Diana came out of the shade of Mizumatsu as usual, he noted that she was her own living shadow.