文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

金の十字架の呪い(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(256-293)/628

レオナルド・スミスのやせたさっぱりした姿が、すぐに彼女の華美な後から現われた。

Leonard Smith's thin, refreshing appearance soon appeared after her glamorous.

「譎漢共!」スメールがつぶやいた、「どうして、彼等が皆ここに居るんだろう! 海象のような頬鬚の生えてるあの小さな見世物師を除いて皆だ」

"Shen Han!" Sumer muttered, "Why are they all here? Everyone except that little showmaker who is growing like a sea elephant."

 彼は彼の傍に師父がおだやかに笑ってるのを聞いた。

He heard that his father and father were laughing slowly beside him.

そして真にその状態は笑い事ではなくなって来た。

And truly the situation has ceased to be a laughing thing.

無言劇のトリックの様に彼等の耳が転倒したりまわってるように思われた。

Like their silent play tricks, their ears seemed to fall and go around.

教授が話してる間さえ、彼の言葉は最もおかしい矛盾を受けた。

Even while the professor was speaking, his words suffered the most strange contradictions.

奇怪な髯をもった円い頭が地の中の穴から急に現われたりした。

A round head with a bizarre wolf appeared suddenly from a hole in the ground.

しばしの後彼等はその穴は事実において非常に大きい穴で、地中の中心に達してる段梯子に通じていて、彼等が訪ねようとした地下への入口であった事を了解した。

After a period of time they understood that the hole was a very large hole in fact, leading to a ladder that reached the center of the ground and was the entrance to the basement they were trying to visit.

あの小さい男がその入口を発見した最初であった。

That little man was the first to find the entrance.

そして同伴者に話しかけようとして再び彼の頭を差出す前にもう既に梯子を一二段上っていた。

And he had already climbed the ladder a dozen steps before putting out his head again to talk to his companions.

彼はハムレットの中の道化に出るある馬鹿気た墓掘りのように見えた。

He looked like a foolish tomb digging into the clown in Hamlet.

彼はただ彼の深い髯のかげでこう言った。

He just said with his deep indignation:

「ここが下りる所ですよ」しかしその声は彼等が一週間の間食事の時に彼と相対していたけれども、彼等は彼が今までに話すのをほとんど聞いた事はなかったし、また彼はイギリスの講師であるように想像されてたが、彼はむしろ外国のアクセントで話すという趣きをその一行の人々に伝えた。

"This is the place to go down," but the voice was against them at mealtime for a week, but they have hardly ever heard him speak so far, He was also conceived to be a British lecturer, but he rather conveyed to his group the taste of speaking with a foreign accent.

「ねえ、教授」とダイアナ夫人は快活気に叫んだ。

"Hey, a professor," Mrs. Diana yelled in good spirits.

「あなたのビザンティンのミイラは見のがすにはあまり惜しゅう御座いましたの、私は皆さんとただ御一緒に見にまいりました。

"The Byzantine mummy was so scared to see, I just came along with you.

そして皆さんも私と同じようにお感じになったに違いありませんわ。

And you must have felt the same way as I did.

さああなたはそれについて凡てを話してくださらねばなりません」

Now you have to tell me everything about it. "

「私はそれについちゃ、凡てを知りませんよ」とまじめに言った。

"I don't know it all," said earnestly.

「ある点において私は何が凡てかさえ知らないのですからな。

"Because I don't even know what I mean at one point.

吾々がこんなにすぐに皆さんと逢うというのはたしかにおかしいと思われます。

It seems strange that everyone will meet with you so soon.

しかしもし吾々が皆そこを訪問するのなら、責任のある方法で、責任のある指導のもとに、なされねばなりません。

But if everyone is visiting there, it must be done in a responsible way, with responsible guidance.

吾々は発掘にかかりあってる誰れでも通告せねばなりません。

Everybody who is involved in excavation must be notified.

吾々は少なくとも本に吾々の姓名を書かねばなりません」

Each must at least write his or her first name on a book. "

 夫人の焦慮と古老学者の疑いとの間のこの軋轢には口論のような何物かがあった。

Between the wife's concern and the presbyterian's suspicion, there was something like a quarrel in this casket.

しかし後者の牧師の職務上の権利における主張とその地方の調査ははるかにまさっていた。

But the latter's allegations in the professional rights of the pastor and his local investigation were far superior.

髯を生やした小さい男がまた彼の穴からいやいやに出て来た。

A bearded little man came out of his hole again and again.

そしてだまっていやいやに納得した。

And I was convinced to be fooled.

幸いにも、牧師が彼自身この場に現われた、彼は灰色の頭髪の人の善さそうに見える紳士であった。

Fortunately, the pastor appeared himself here, he was a gentleman who looked good with gray-haired men.

好古家同志として教授に親しみのある話しをしてる間、興味よりは、むしろ敵意を以てその同伴の彼の一行を見なすようには思われなかった。

While speaking philosophically as a philosopher, he did not seem to consider his companions with his hostility, rather than his interest.

「私はあなた方のうちどなたも迷信深くない事をのぞみます」彼は愉快気に言った。

"I hope that no one of you is superstitious," he said pleasantly.

「まず最初に、私はこの仕事において吾々の熱心な頭にかかってる悪い前非やまたはいかなる呪いもないという事を、皆さんにお話しせねばなりません。

"First of all, I have to tell you that there is no bad exorbitant or any cursing on your hard-working mind in this work.

礼拝堂の入口の上で見つけたラテン語の銘を私は今ちょうど訳している所です、そしてそれは三つの呪いがふくまれてるように思われます。

I am just translating the Latin inscription I found on the chapel entrance, which seems to contain three curses.

すなわち、閉ざされた室に這入る事に対しての呪、第二は棺桶を開く事に対する二重の呪い。

In other words, the curse for entering a closed room, the second is a double curse for opening a coffin.

そしてそれの内部に発見された金の霊宝に触れる事に対しての三重のそして最もおそろしい呪いです。

And it is the triple and most fearsome curse for touching the gold spiritual treasures found inside it.

その最初の二つはもう既に私が受けたのです」と彼は微笑をもってつけ加えた。

The first two were already received by me, "he added with a smile.

「しかし私はもし皆さんが幾分でも何かを見ようとなさるなり彼等の最初のと二番目をお受けになるだろうという事を気遣います。

"But I care if you would like to see something somewhat and accept their first and second.

物語りに依りますると、呪詛は、長い間においてそしてまたなおもっと後の機会に、かなりぐずぐずした形式で現われます。

According to narratives, curses appear in a rather daunting form over time and on even more occasions.

私は皆さん方にとってどちらが幾分かの慰めであるかどうかは知りません」それからウォルター氏は元気のない慈悲深い態度でもう一度微笑した。

I do not know which is some comfort for you all, "Mr. Walter then smiled again in a humble and merciful manner.