文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

金の十字架の呪い(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(294-333)/628

「さあ、それはどんな物語りですか?」

"Now, what kind of story is it?"

スメール教授はくりかえした。

Professor Smeh repeated.

「それはかなり長いお話しです、よくある地方の伝説の様にですな」牧師は答えた。

"It's a fairly long story, like a common local legend," said the pastor.

「それは疑いなく墳墓の時代と同時代です。

"It is undoubtedly the same age of the tomb.

そしてそれの内容は銘の中に記されていますが。

And the contents of it are written in the inscription.

ざっとではありますがな。

It is rough, though.

十三世紀の初期ここの領主の、ギイ・ド・ギソルがゼノアから来た使臣の所有である美しい黒馬に心をうばわれました。

In the early 13th century, the lord here, Guy de Gisor, was fascinated by the beautiful black horse owned by the minister who came from Zenoah.

が商売気のある彼は巨額の値でなければ売る事を欲しなかったのです。

But he did not want to sell unless he was a huge value.

ギイは貪慾のために寺院強奪の罪を犯しました。

Guy guilty of temple robbery for bribes.

そして、ある物語りに依ると、そこに使っていた所の、僧正を殺ろしたとさえ云うのです。

And according to a certain narrative, it even says that he has killed the monk in the place where he used it.

とにかく、僧正はある呪いを口走りました、それは、彼の墓の安息所から金の十字架を奪い取って自分のものにしたりまたはそれがそこに戻った時にそれをさまたげる誰れでもに振りかかるというのです。

Anyway, the monk sang a certain curse, that he took the gold cross from the ashes of his tomb and made it his own or shook on anyone who cheats it when it returns there is.

領主は町の鍜治屋に聖宝を売って馬の代金を工面しました、がしかし彼が馬に乗った最初の日にそれが飛び上って教会の玄関の前に彼を投げ出したのです、そして領主は首を折ってしまいました。

The lord sold his treasure to the town's Shujiya to pay for the horse, but on the first day he got on the horse it jumped up and threw him out in front of the church entrance And the lord has broken his head.

かれこれするうちに、今まで金持でその上繁昌していた鍜治屋が、不思議な事が連続的に起って破産してしまいました。

In the meanwhile, a long time ago, a rich family with a wealth of money, the Shojiya went on bankruptcy, with mysterious things happening continuously.

そしてなおこの領地に住んでいたユダヤ人の金貸の権力に落ちこんでしまいました。

And he fell into the power of the Jewish moneylender who still lived in this territory.

饉死するより外にしようのなくなった、鍜治屋は林檎の樹に首をくくってしまいました。

It is no longer possible to go outside than starve, Shujiya has a neck to an apple tree.

彼の他の品物、馬、店、そして道具等と一緒に、金の十字架は長い間金貸の所有になってました。

Along with his other goods, horses, shops, and tools, the gold cross has long been a property of a gold loan.

そのうちに彼の不敬な父に起った天罰に恐怖された、領主の子息が、その時代の暗いそして厳格な精神における信神者になって来たのです。

The son of the lord, who was feared by the punishment of his profane father over time, has become a believer in the dark and strict spirit of that time.

そして彼の家来中の凡ての異教徒または不信者を迫害するのが彼の義務であると考えました。

And he thought it was his duty to persecute all pagans or unbelievers in his hometown.

父親には黙許されていた、ユダヤ人がその息子の命令に依って残酷に焼かれました、それで彼が聖宝を所有していたためにひどい目にあったのです。

The father, who had been silent, was cruelly burned by the orders of his son, so he was awful because he owned the treasure.

これらの三つの天罰の後で、それは僧正の墓にかえされました。

After these three punishments, it was turned into a monk's tomb.

それ以来それを見た者も手をそれに触れた者もないのです。」

Since then no one has seen it or touched one's hand. "

 ダイアナ夫人は予期していたよりもいっそう動かされたように思われた。

Mrs. Diana seemed to be moved more than expected.

「これはほんとに身震を催させますね」と彼女が言った。

"This really causes a tremor," she said.

「牧師さんを除いては、私達がその最初であろうと考えますとね」

"With the exception of the pastor, I think we will be the first."

 大きな髯を生やしたそしてでたらめの英語を使う先鋒者は結局彼の気に入りの階段からは下りなかった。

A large bearded and presiding English speaker was eventually dropped off his favorite steps.

その階段は発掘を指図する労働者にだけ使用されていたものであった。

The stairs were used only by workers directing excavations.

牧師は百ヤードばかりはなれた大きなそしてもっと便利な入口に彼等を案内した。

The pastor led them to the large and more convenient entrance that had only a hundred yards.

そこから彼はたった今地下を調査して出て来たばかりであった。

From there he was just investigating the basement and coming out.

ここでは少し下り道ななだらかな傾斜なのでだんだんに暗さをます以外にはさして困難ではなかった。

Here it was a little descent, so it was a gentle slope and it wasn't difficult except to gradually get darker.

彼等は松脂のように黒い磨り減らしたトンネルの中に動いてるのがわかった。

They found that they were moving into a black worn tunnel like pine resin.

そして彼等が上の方に一条の光線を見たのはそれからまもなくであった。

And it was shortly after that they saw a ray of light upwards.

その沈黙の進行の間に一度誰れかの呼吸のような音があった。

There was a sound of someone breathing once during the progression of the silence.

それは誰れのであるか言う事は不可能であった。

It was impossible to tell who it was.

そして一度そこにはにぶい爆音のような嘲罵があった、そしてそれはわからない言葉であった。

And once there was a whistle like a loud roar, and that was a word I didn't understand.

 彼等は円いアーチの会堂のような円い小室に出て来た。

They came out in a round room like a round arch synagogue.

なぜならその会堂はゴシック式の尖端のとがったアーチが矢尻のように吾々の文明をつきさす前に建てられたものであるから、柱と柱の間の青白い一条の光りが頭上の世界への他の出入口を示した。

Because the synagogue was built before the gothic pointy arches like the arrowheads, leading to a civilization, the light blue streaks between the pillars lead to the overhead world I showed another entrance.

そしてまた海の下に居るという漠然たる感じを与えた。

And it gave me the vague feeling of being under the sea again.

 ノルマン風の犬歯状の模様が、巨大な鯊の口に似たある感じを与えて、底知れぬ暗さの中に、アーチ中にかすかに残っていた。

A Norman-like dog tooth-like pattern left the arch in an impenetrable darkness, giving it a feel resembling the mouth of a giant wolf.

そして石の蓋が明いていて、墳墓それ自身の暗い巨体の中にかかる大海獣のあごがあるかもしれなかった。

And there was a cover of the stone, and there might have been the jaws of a large sea beast within the dark mass of the tomb itself.

 ふさわしいという考えからかあるいはもっと近代的な設備の欠乏からかして、その僧職の好古家は床の上に立ってる大きな木製のローソク台にただ四本の丈高いローソクをとぼして会堂の照明を計った。

From the idea of being fit, or from the lack of more modern equipment, the monk's esoteric house has a four wooden tall candle above a large wooden candle stand standing on the floor, I measured the lighting.