文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

金の十字架の呪い(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(375-418)/628

 彼等が話してる間にターラントはやすやすと器用にたおれた人を抱き上げて入口の方へ彼を注意深く運んでいた。

While they were talking, Taranto was lifting his dexterous man easily and carrying him carefully towards the entrance.

彼は肩越しに答えた、「左様です、十字架はもう安全ですよ」

He answered over the shoulder, "It's left, the cross is safe now."

「あんたは他に誰もいないと言われるんかな」ブラウンは答えた。

"I can tell you nobody else," said Brown.

「あんたも、その呪いの事を考えておられるのかな?」

"Are you thinking about the curse?"

 師父ブラウンはその悲劇的な出来事の衝動以上に何物かがあった渦まいてる混乱の仕事のために一二時間ばかりの間行ったり来たりした。

Master Brown came and went back and forth for only twelve hours because of the work of swirling confusion that had something more than the impulse of the tragic event.

彼は教会の向うにある小さい旅館にそのぎせい者を運ぶのを手伝った。

He helped to carry the devotee to a small inn in front of the church.

そして医者を呼んだ。

And I called a doctor.

医者は生命には別条がないが、まさしくおどおどしながらその怪俄について話した。

The doctor has no part in life, but he talked about the monster while he was doing it.

そしてまた旅館の客間に集っていた旅行者の一団にそれを報告したりした。

And I also reported it to a group of tourists who were gathering among the guests of the inn.

しかし彼が行ったどこにでも神秘の雲が彼に横たわっていた。

But everywhere there was a mysterious cloud lying on him.

そして彼が考えるほどますます暗くより深くなるように思われた。

And the more he thought, the darker and deeper it seemed.

なぜなら中心の不可思議はますます神秘になって来た。

Because the mind of the center has become increasingly mysterious.

現に彼の心の中で明白となり始めた、その領地の神秘までも、その一行の個々の人物を考えてみてもその突発した事件を説明するのはますます困難になった。

Even the mystery of the territory, which actually began to become apparent in his mind, became increasingly difficult to explain the sudden incident, even considering the individual characters of the line.

レオナルド・スミスはダイアナ夫人が来たために単に来たのである。

Leonardo Smith simply came because Mrs. Diana came.

そしてダイアナ夫人は彼女が希望した故に来たのであった。

And Mrs. Diana came because she wanted.

夫人のロマン主義は迷信的な方面を持っていた。

Mrs. Romanticism had a superstitious direction.

そして彼女は彼女の冒険のおそろしい結果に充分弱っていた。

And she was weak enough for the horrible consequences of her adventure.

ポール・ターラントは、たぶんある妻かまたは夫の、悪巫山戯を監視するような好ましからぬ外国人の態度を多く持っていた。

Paul Taranto probably had a lot of unwelcome foreigner's attitudes, such as a certain wife or husband, to watch a mischief.

そして実際は、髯のある外国の講師のあとをつけている、私立探偵であったのだ。

And in fact, he was a private detective who was following foreign teachers who had a problem.

しかしもし彼かあるいは他の何人かが聖宝を盗もうと計画したのであったならその計画は完全に打ちこわされるのであった。

But if he or some others planned to steal the treasure, the plan would be completely defeated.

 彼が宿屋と教会との間の、村の通りの真中に一方ならぬ混乱の中に立っていた時に、その通りに近づいて来る親しみはあるがむしろ予期しない人物を見て驚きの軽い衝動を感じた。

When he was standing in the middle of a village street chaos between the inn and the church, he saw a friendly but rather unexpected person approaching that street and a slight urge of surprise Felt.

太陽の光りに非常にやつれて見える、新聞記者の、ボーン氏であった。

It was Mr. Bourne, a newspaper reporter, who looks very playful in the sunshine.

日の光りは案山子のそれのような薄ぎたない彼の着物をあらわにした。

The light of the day revealed his thin kimono like that of Sukiyamako.

そして彼の暗いそして深く落ちこんだ眼が牧師にジート注がれた。

And his dark and deeply falling eyes were gushed to the pastor.

後者のその厚い髯はニタリ笑いのような少なくとも凄い微笑に似た何物かをかくしたという事を見極めるために二度見つめた。

I watched twice to see that the latter, the thick niece, hid something that at least resembled an ugly smile like a funny laughter.

「わしはあんたはもう行ってしまわれた事じゃと考えてましたわい」師父ブラウンは少し鋭く言った。

"I thought you had already gone," said father-in-law Brown.

「あんたは二時間も前の汽車で出発されたんじゃと思っとりましたよ」

"I thought you had left the train two hours ago"

「ところで、あなたは私が出発しなかった事がおわかりでしょう」ボーンが言った。

"By the way, you know I didn't leave," said Bourne.

「なぜあんたは戻って来られたんじゃな?」

"Why did you come back?"

まじめに坊さんが訊ねた。

Seriously, a boy asked.

「急いで立ち去るのは新聞記者にとってあまり結構な事ではありませんからね」と相手が答えた。

"It's not good enough for newspaper reporters to leave quickly," said the other party.

「ロンドンのような陰気な所に帰って行く間にここで色々の出来事があまりに早く起ります。

"Various things happen here too early while we go back to a gloomy place like London.

その上、彼等はこの事件から私をのぞく事は出来ますまい――私はこの二番目の事件の事を言うのですが。

Besides, they can not look at me from this affair-I will say about the second affair.

あの死体を見つけたのは私でした。

It was me who found that corpse.

あるいはとにかく着物をね。

Or just wear a kimono.

私は全くうたがわしい行為は、ないじゃありませんか?

Aren't there any ways I do?

 たぶんあなたは私が彼の着物をつけたがったとお考えになりましょう」

Maybe you think I wanted to wear his kimono. "

 それからやせた長い鼻をした山師は不意に、彼の両腕を差しのべそれから道化の祈祷の様な具合に彼の黒い手袋をはめた両手を拡げながら、市場の真中に変な身振りをした。

Then a long-slugged shantyr suddenly made a strange gesture in the middle of the market, spreading his arms out of his arms and then spreading his black gloved hands like a jester of prayer. .

つぎの様な事を言いながら、「オオ親愛なわが兄弟よ、吾は御ん身等凡てを甘受するであろう……」と、

As saying, "Our dear brother, my brother will accept all my life ...",

「一体あんたは何を言うとられるんじゃ?」

"What the hell are you saying?"

師父ブラウンは叫んだ、そして彼のずんぐりした蝙蝠傘で軽く敷石をたたいた。

Master Father Brown shouted, and patted a cobblestone lightly with his stubby umbrella.

なぜなら彼はいつもより少し気短かであったから。

Because he was a little frustrated than usual.

「ああ、もしあなたが宿屋に居るあなたの遊山の一行に尋ねられたならそれについての凡ての事がおわかりになるでしょう」とボーンは不平気に答えた。

"Oh, if you were asked by a row of your playground in the inn, you would know everything about it," Bourne replied unhappyly.

「あのターラントという男は私がただ着物を発見したという理由で私を疑ってるようです、けれども彼は自分でそれを見つけるのにほんの一分おそく来たのです。

"The guy named Taranto seems to doubt me because I have just found a kimono, but he has only been a minute late to find it himself.