文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

金の十字架の呪い(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(419-465)/628

しかしこの事件にはあらゆる種類の神秘があります。

But this incident has all sorts of mysteries.

あの事件に対して、なぜあなたがご自分であの哀れな人を殺さなかったか私にはわかりませんよ」

I do not know why you didn't kill your poor man for that incident. "

 師父ブラウンはその諷示には少しも悩まされてるようには見えなかった、がその観察に依って非常に当惑させられそしてまた煩わされた。

Master Brown did not seem to be bothered at all by the manifestation, but was very embarrassed and again annoyed by the observation.

「あんたは」と彼は卒直に訊ねた。

"Aunta" he asked straightly.

「スメール教授を殺そうとしたのはわしだったと言われるんですかい?」

"Are you saying that it was me who tried to kill Professor Sumer?"

「いやそうじゃないです」とさっぱりと譲歩する人の態度で手を振りながら、相手が言った。

"No, I don't think so," said the other hand, waving his hand with the attitude of a person who gives up in vain.

「死人の多くはあなたに取っては決定する事が出来る。

"Many of the dead can be decided for you.

スメール教授に限った事じゃありません。

It is not limited to Professor Sumer.

まあ、あなたは誰れか他の者が、スメール教授よりもたくさんな死人を出したのを知りませんか?

Well, don't you know anyone or anyone else has killed a lot more than Sumer?

 そして私はなぜあなたが、こっそりと彼をやらなかったかわかりませんな、宗教的な相違、ねえ……キリスト教徒の残忍な軋轢……私はあなたがいつもイギリスの牧師管区を取り戻すのを望んでいられたと思いますよ」

And I do not know why you did not secretly do him, religious differences, hey ... cruelty of Christians ... I hope you always get back the pastoral district of England I think it was done. "

「わしは宿屋へ戻りますじゃ」と坊さんはもの静かに言った。

"I will return to the inn," said the boy quietly.

「あんたはあそこに居る人達はあんたが意味する事を知っとると言われる。

"You are told that those who are there will know what you mean.

それでたぶんあの人達はそれを言う事が出来るかもしれん」

So maybe that people can say that. "

 事実、彼の秘かな当惑は新しい災難の報告に一瞬間の散乱を告げた。

In fact, his secret embarrassment has shown a momentary clutter in the reporting of new calamities.

一行の残りの者が集っていた小さい客間に這入った瞬間に、彼等の蒼白い顔の何物かに墳墓についての事件よりもっと新しい何事かに依って感動された事を彼に話した。

At the moment when the rest of the party gathered in the small guest room, he told him that something in their white face was moved by something more recent than the incident about the tomb.

彼が這入った時でさえレオナルド・スミスはこう言っていた。

Even when he got in, Leonardo Smith said,

「一体これはどこで終るんですか?」

"Where does this end?"

「それは決して終らないでしょう、って言うのに」ガラスのような眼で空間を見つめながら、ダイアナ夫人が繰りかえした。

"Don't say it will never end," Mrs. Diana repeated while gazing at the space with a glassy eye.

「それはね私達が皆終るまで決して終らないでしょうよ。

"That will never end until we all end.

交る交る呪いが私達にふりかかるでしょう、あの牧師さんが言ったように、たぶんそろそろとね、しかしそれはあの方にふりかかったように私達皆んなにかかる事でしょう」

The curse that goes on will apply to us, as the pastor said, maybe it's almost time, but it will take us all as it did to that person. "

「一体全体また何事が起りましたかな?」

"What happened to the whole thing?"

師父ブラウンが訊ねた。

Mrs. Brown asked.

 沈黙が起った。

A silence arose.

それからタアラントが少し洞声のように轟く声で言った。

Then Tearrant screamed like a cave.

「牧師の、ウォルター氏が自殺されました。

"The pastor, Mr. Walter, committed suicide.

激動があの人を攪乱させたのだと僕は思いますよ。

I think the upset has disturbed the person.

それについちゃ疑いがないらしく思われます。

It seems that there is no doubt about it.

吾々は今ちょうど海岸から突き出てる岩の上に彼の黒い帽子と衣類を発見した所です。

Each one has just found his black hat and clothing on a rock sticking out of the beach.

彼は海中に飛びこんだように思われるのですがねえ。

He seems to have jumped into the sea, though.

僕はそれが智慧の足りない彼を打ったかのように彼が見えたと思いました。

I thought he looked as if it had hit him who lacked wisdom.

してたぶん吾々は彼の面倒を見ねばならないのです、しかしそうたいして面倒見る事はありませんでしたが」

Maybe he should take care of him, but he did not take care of it. "

「あんたは何んにもなさる事が出来なかったのです」と夫人が言った。

"I couldn't do anything for you," said the wife.

「物事はおそろしい命令に運命を取引きされてるのがわかりませんか?

"Don't you know that things are doomed to horrific orders?

 教授は十字架にさわりました、そして彼が第一に行きました。

The professor touched the cross, and he went first.

牧師さんは墳墓を開きました、そして彼は二番目に行きました。

The pastor opened the tomb, and he went second.

私達はただ会堂に這入ったばかりでした。

We just got into the synagogue.

それに私達は――」

And we-

「おだまんなされ」と、めったに使わない鋭い声で、師父ブラウンは言った。

"That's been a shame," said custodian Brown, with a sharp voice rarely used.

「これは止めねばならんですぞ」

"You must stop this"

 彼はなお重々しいしかめ顔をしていた、けれども彼の眼にはもう混乱の雲りがなかった。

He still had a heavy frowning face, but his eyes were no longer confused.

ただほとんどとけかけたおそろしい了解の光りがあった。

However, there was the light of the most understandable understanding.

「なんてわしは馬鹿じゃろう!」彼はつぶやいた。

"What a fool I am!" He muttered.

「わしはもうとうにそれがわからんければならんのだった。

"I had to figure it out.

呪いの話しはわしに話されるべきじゃった」

The curse talk should have been spoken to me. "

「あなたは十三世紀に起ったある事に依って吾々がほんとに殺されるとこう言われるのですか?」

"Are you told that something is really killed by something that happened in the thirteenth century?"

 師父ブラウンは彼の頭を振ってしずかな語勢で答えた。

Master and father Brown shook his head and answered with a quiet word line.

「わしは吾々が十三世紀に起ったある事に依って殺されることが出来るかどうかを論じたことはありませんじゃ、しかしわしはな吾々は十三世紀に決して起らなかったなにか、すなわち全然起らなかった所のなにかに依って殺されないという事はたしかじゃ」

"I have never argued that each person can be killed by something that happened in the 13th century, but I have never been in the 13th century In other words, it's true that something isn't killed by anything that didn't happen at all. "