文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

金の十字架の呪い(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(466-493)/628

「左様」とターラントが言った、「そのような不可思議な事に対して懐疑的である坊さんを見出すのは愉快な事ですな」

Taranto said, "It's fun to find a boy who is skeptical about such mysterious things.

「いやいや」と坊さんはおだやかに答えた、「わしが疑うのは超自然な点ではないのじゃ、それは自然的な点じゃよ。

"No," said the boy calmly, "It is not a supernatural point that I doubt, it is a natural point.

『私は不可能を信ずる事は出来る、がしかし有りそうもない事を信ずる事は出来ぬ』と言うた人の心持ちと同じ所に居りますのじゃ」

"I can believe in the impossible, but I can not believe in the improbable thing." I am in the same place as the mind of the person who said.

「それはあなたが逆説と呼ぶ所の事ではないのですか?」

"Isn't that what you call paradox?"

と相手が訊ねた。

The other party asked.

「それはわしが常識と呼ぶ所のものじゃよ」師父は答えた。

"That's where I call common sense," said the father.

「吾々が了解する事に相反する自然な物語よりは、吾々が了解しない事を話す、超自然的な物語りを信ずるのがもっと自然でありますじゃ、あの偉大なグラドストンが、彼の最後の時パーネルの幽霊につかれたということをわしに話して見なされ、わしはそれについては不可知論者じゃ。

"It's more natural to believe in supernatural narratives that talk about things that people don't understand than natural stories that are contrary to what people know, so that great Gradstone is his last time. It is considered talking to me that he is caught by the ghost of Purnell, and I am an agnostic about it.

しかしグラドストンが最初に、ビクトリア女王にお目通りをした時に、彼女の居間で深い帽子をかぶりそして彼女の後ろをパタンとたたいて彼女に煙草を差上げたという話しをわしに聞けば、わしはちっとも不可知論者じゃありませんわい。

But when Gladstone first saw Queen Victoria, he told me that he put on a deep hat in her living room and patted her behind and patted her to give him a cigarette. I'm not ignorant at all.

それは不可能じゃありませんぞ、それは同じ信ぜられぬ事じゃ、それでわしはパーネルの幽霊が現われなかったというよりはそれは起らなかったという方がもっとたしかでありますじゃ、なぜならそれは私が理解する世界の法律を犯すからじゃ。

It's not impossible, it's the same unbelievable thing, so it's better to say that it didn't happen than if the ghost of Pernell didn't appear, because it's the world I understand Because you violate the law.

それで呪いの話しについてもそうですじゃよ。

And so is the story of the curse.

わしが信じないのは伝説じゃありませんのじゃ――それは歴史ですわい」

It is not a legend that I do not believe-it's history. "

 ダイアナ夫人は凶事予言者についての彼女の恍惚から少し恢復した。

Mrs. Diana recovered a little from her nephew about a misfortune prophet.

そして新しい事についての彼女の好奇心が彼女の輝いた好奇の眼から再び現われ始めた。

And her curiosity about new things began to reappear from her sparkling curiosity eyes.

「なんてあなたは奇妙な方でしょう!」彼女が言った。

"How weird you are!" She said.

「なぜあなたは歴史を信じないのでしょうか?」

"Why don't you believe in history?"

「なぜならそれが歴史じゃないからわしは歴史を信じないのじゃ」師父ブラウンは答えた。

"Because that's not history, so I don't believe in history," answered Master and Father Brown.

「中世紀に関して少しでも知っとる人に取ってはな、その話しは全部グラドストンがビクトリア女王に煙草を差出したのと同じように信じられぬ事なのじゃよ、しかし中世紀について誰がいかなる事を知ってますかな?」

"For those of you who know a little about the Mid-Century, the whole story is as unbelievable as Gladstone sent out a cigarette to Queen Victoria, but who knows what about Mid-Century Are you there? "

「いいえ、もちろん私は存じませんわ」と夫人は意地悪く言った。

"No, of course I don't know," said Mrs. Nasty.

「世界の他の一端において、乾いたアフリカ人の一組を保存したのが、もしタアタアカ人であったら、その理由は神様が御存じじゃ、もしそれがバビロン人かあるいは支那人であったなら、もしそれが月の世界に居る人間のように神秘なある人種じゃったら、新聞紙から歯ブラッシに至るまで、それについて凡てあんた方に報告するじゃろう。

"If at the other end of the world it was the Atataka who saved a pair of dry Africans, the reason is that God knows, if it was a Babylonian or a Chinese, If it is a mysterious race like the human being in the moon world, I will report to you all about it, from newspaper to tooth brush.

がしかし人間は吾々の教会を建てそして吾々の町やまた今現に歩いて道路に名をつけたのじゃ――しかしそれ等について何事も知るような事が起らなんだ。

But man built the churches and walked around in the towns and now to name the roads-but something happened that knew about them.

わしもわし自身多くを知っとるのではない、がしかしその物語りは始めから終りまでつまらないそして馬鹿気た事じゃという事を見抜くに充分なだけは知ってますわい。

I don't know much about myself, but I know that storyline is boring from beginning to end and it's just enough to see that it's an absurd thing.

人の店や道具を差押えるのは金貸としてはそれは不正であったのじゃ。

It was unfair as a moneylender to forcame people's stores and tools.

ギイドがそのような破産から人を救わなかったという事は、全くありそうな事ではないのじゃ、殊に彼がユダア人に依って破滅させられたのだとするとな。

It is quite unlikely that Gide did not save people from such bankruptcy, especially if he was destroyed by the Judahs.

人々は彼等自身の罪悪や悲劇を持ってますのじゃ、彼等は時としては人々を責め苦しめあるいは焼きましたじゃ、世の中に神も希望もなしに、彼が生きていようといまいと誰もかまわない故に死へとだんだんに寄って来るという人間の考え――それは中世紀の思想ではありませんのじゃ。

People have their own sins and tragedy, they sometimes blame or burn people, and whoever lives or is not living in the world, neither God nor hope I don't care, so the human idea that we come to death gradually-it's not a mid century thought.

それは吾々の経済的な科学と進歩の生産なのですぞ。

It's the production of each economic science and progress.

そのユダヤ人はきっと領主の家来じゃなかったのじゃろう。

The Jew probably wasn't from the lord's house.

ユダア人は神の下僕として特別な位置を持っておったのじゃ、殊に、ユダア人は彼の宗教のために焼き殺されるはずはなかったのじゃ」

The Judahs had a special position as a servant of God, and in particular, the Judahs were not to be killed for his religion. "

「逆説が増してきますな」ターラントが口を入れた、「しかしたしかにあなたは中世紀においてユダヤ人が迫害されていたという事を首肯なさらんでしょうな」

"The paradox is growing," Tarrant said, "I wonder if you were convinced that Jews were being persecuted in the middle of the century."