文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

金の十字架の呪い(チェスタートン ギルバート・キース):直木 三十五(572-611)/628

 彼は一瞬間恐ろしい顔をして卓子をにらんだ。

He had a terrifying face for a moment and hid Takuko.

それから言葉を続けた。

Then I continued the words.

「この人間は長年の間徘徊したりおどしたりしておったのじゃ、しかし彼が用心深かった一事は彼は誰れであったかを秘密にしてる事であったのじゃ。

"This man has been upset and downright for many years, but one thing he was cautious about was to keep track of who he was.

そして彼は今なおそれを保っているのですぞ。

And he holds the fear now.

わしが考えた様に、気の毒なスメール教授が正気にかえられれば、あんたはそれについてもう聞かないじゃろうというのはかなり確かですわい」

As I thought, it would be quite certain that if the poor professor Smell turned into sanity, you would not hear about it anymore. "

「まあどうして、スメール教授はどうなさるのでしょうか、どうお考えになりますか?」

"Well, why are you thinking about what Smell will do?"

とダイアナ夫人が訊ねた。

And Mrs. Diana asked.

「彼がするであろう最初の事は」とターアラントは言った。

"The first thing he will do is," said Taranto.

「この殺人鬼に探偵をつけるに違いないと考えますな、私は自分で彼について行きたいですよ」

"I think I must put a detective on this murderer, I want to go about him myself"

「さて」と師父ブラウンは、長い当惑の発作の後で不意に微笑して言った。

"Well," said Fr. Brown, smiling unexpectedly after a long embarrassed seizure.

「わしは彼がなすべきその最初の事を知ってますじゃ」

"I know the first thing he should do."

「そしてそれは一体何んで御座いますか?」

"And what on earth is that?"

と熱心にダイアナ夫人が訊ねた。

Mrs. Diana asked with enthusiasm.

「彼は吾々皆んなに弁解すべきじゃな」と師父ブラウンが言った。

"He should always make excuses," said Brown.

 けれども師父ブラウンがその著名な考古学者の遅々たる恢復の間その側にあってスメール教授に話したというのは、この趣意のためではなかった。

But it was not for this reason that Master Brown, who was on his side during his famous archaeologist's late revenge, spoke to Professor Smher.

重に話しをしかけたのも師父ブラウンではなかった。

It was not Mr. and Mrs. Brown who spoke heavyly.

なぜなら教授は興奮するような会話は非常に制限されておったけれども、彼は彼の友人とのそれ等の面会に全力を注いていた。

Because the professor's exciting conversation had been very limited, he was devoted to their meeting with his friends.

師父ブラウンは沈黙の間に相手に力をつける事に才能を持っていた。

Master Dad Brown had a talent for empowering the other during silence.

そしてスメールはそれに依って勇気づけられて常には容易に話せないような色々な奇妙な事について話した。

And he spoke of all sorts of strange things that encouraged him and didn't always speak easily.

また恢復の病的な状態なそして時折うわ言を伴う怪異な夢等について話した。

He also talked about the illicit dreams of revenge and the occasional wandering dreams.

ひどく頭を打たれたのから除々に回復するのはしばしばかなり平均を失う仕事である。

It's often a task to lose a good deal, often recovering from being severely hit.

彼の夢は、彼が研究した所の強いがしかしかた苦しい古代の美術にありそうな、絵画にある大胆なそして大きな図案のようであった。

His dream was like the bold and large designs in paintings likely to be in the strong but painful ancient art where he studied.

それ等は菱形や三角の後先のついた奇妙な聖者、ずっと前につき出てる黄色の冠そして丸い暗い平たい顔をして鷲の模様や、女のように髪を結んだ顎髯のある男の高い頭飾り等で一っぱいであった。

They are strange saints with rhombuses and triangles, long-eared yellow crowns and round dark flat faces with patterns of eyebrows and a man with a beard like a woman with hair tied He was covered with a high headdress.

幾度となくそれ等のビザンテン模様は火の上に置かれて色のあせる金のようにあわくなって行った。

Many times those Byzantine patterns were placed on the fire and made to be as bright as colored gold.

そして暗いあらわな岩壁の外には何にも残らなかった。

And there was nothing left outside the dark, visible rock wall.

その上にはピカピカ光る形ちが指で魚の燐光の中に掏い上げたように描かれてあった。

On top of that, shiny shapes were drawn as if scooped up in the phosphorescence of the fish with a finger.

なぜならそれは彼が最初に彼の敵の声を暗い道の角で聞いた瞬間に、彼が一度見上げそして見た標徴であったから。

Because it was a sign he once looked up and saw at the moment he first heard his enemy's voice in the dark corner of the road.

「そしてとうとう」と彼が言った。

"And finally," he said.

「私はその絵と声の中にある意味を見たと思います。

"I think I saw the meaning in the picture and the voice.

それは前にどうしてもわからなかったものでしたが、なぜ私は多くの正気な人々の中のただ一人の狂人が私を死まで迫害したりまたはつけねらったりするのを自慢にするために苦しむのでしょうか?

That was something I had never known before, but why do I suffer to boast that only one madman in many sane people will persecute or pervert me until death? Is it?

 暗い塋穴の中にキリストの神秘な表徴を画いた人は非常にちがった状態において迫害されました。

The person who drew the mystical symbol of Christ in the dark pit was persecuted in a very different way.

彼はさびしい狂人でした。

He was a lonely madman.

共に同盟されていた正気な全社会は彼を救いもしなければまた殺しもしませんでした。

The sane whole society, which was allied together, neither saved nor killed him.

私は時々私の迫害者はこの人かあの人間であったかどうかを騒ぎ立てたり不安になったり不審がったりしました。

Sometimes I was upset, anxious or suspicious about whether my persecution was this person or that person.

それはターラントであったかどうか、それはレオナルド・スミスであったかどうか、それは彼等のうちの一人であったかどうか、彼等が全部それであったと考えてごらんなさい! それはボートの上の凡ての人または汽車あるいは村における凡ての人であったと考えてご覧なさい。

See if it was Taranto, whether it was Leonardo Smith, it was one of them, they were all it! Think of it as being every person on a boat or every person in a train or village.

私が関係した範囲では、彼等は皆殺人者であったと、見なします。

To the extent I were involved, they are considered to be all murderers.

私は暗黒の内部をはいまわってきました。

I went inside the dark.

そしてそこには私を破滅さすに相違ない人間が居りましたからおどろかされるのは当然であると思いました。

And I thought that it was natural to be surprised that there was a human being who must destroy me.

もしその破壊者がこの世に出て全世界を所有し、そしてあらゆる軍隊を指揮したら、それはどんなものでしたろうか?

What would it be if the destroyer came to the world, owned the whole world, and commanded every army?

 もし彼が全世界を塞ぎあるいは私の穴から私を煙り出しまた明るみに私の鼻が出た瞬間に私を殺すことが出来たらどんなものでしょうかね?

What if he could block the whole world or smoke me from my hole and kill me at the moment my nose came out light?