文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

二銭銅貨:江戸川 乱歩(63-91)/473

 ところが愈々最終という日になって、今もお話した様に、偶然にも、飯田橋附近の一軒の旅館の前で、同じ吸殻を発見して、実は、あてずっぽうに、その旅館に探りを入れて見たのであるが、それがなんと僥倖にも、犯人逮捕の端緒となったのである。

However, on the day of the final day, as I mentioned before, I discovered the same buttocks in front of one inn near Iidabashi, incidentally, in fact, put a search in that inn I saw it, but it was the beginning of the arrest of the perpetrator.

 そこで、色々、苦心の末、例えば、その旅館に投宿して居った、その煙草の持主が、工場の支配人から聞いた人相とはまるで違っていたり、なにかして、大分苦心したのであるが、結局、その男の部屋の火鉢の底から、犯行に用いたモーニング其他の服装だとか、鼈甲縁の眼鏡だとか、つけ髭だとかを発見して、逃れぬ証拠によって、所謂紳士泥坊を逮捕することが出来たのである。

So, after all the hardship, for example, the owner of the cigarette who was staying at the inn, was totally different from what he heard from the factory manager, or something, it was a great deal of hardship. However, after all, from the bottom of the brazier of the man's room, it was discovered that it was a morning dress other clothes used for a crime, another eyeglass or a persimmon, and it is a so-called gentleman 坊I was able to arrest

 で、その泥坊が取調べを受けて白状した所によると、犯行の当日――勿論、その日は職工の給料日と知って訪問したのだが――支配人の留守の間に、隣の計算室に這入って例の金を取ると、折鞄の中にただそれ丈けを入れて居った所の、レーンコートとハンチングを取出して、その代りに、鞄の中へは、盗んだ紙幣の一部分を入れて、眼鏡をはずし、口髭をとり、レーンコートでモーニング姿を包み、中折の代りにハンチングを冠って、来た時とは別の出口から、何食わぬ顔をして逃げ出したのであった。

Then, according to the place where the bluff was interrogated and confessed, on the day of the crime-of course, that day I visited to know the salary days of the workers-while the manager was away, to the next calculation room If you take the example money by putting it in, you take out the lane coat and the hunting where you were just putting it in the eclectic, and instead, into the bag, a part of the stolen banknote Put on, took off my glasses, took a whistle, wrapped morning view with a lane coat, crowned a hunting instead of a middle fold, and escaped with an uneaten face from the other exit from when I came It was

あの小額の紙幣で五万円という金額を、どうして、誰にも疑われぬ様に、持出すことが出来たかという訊問に対して、紳士泥坊が、ニヤリと得意らしい笑いを浮べて答えたことには、

A gentleman's filth answered a grinning grin to a torture about how he could bring out the amount of 50,000 yen with such a small amount of money, and no one else was suspicious. To that,

「私共は、からだ中が袋で出来上っています。

"We have a bag inside the body.

その証拠には、押収されたモーニングを調べて御覧なさい。

Check out the seized morning for evidence.

一寸見ると普通のモーニングだが、実は手品使いの服の様に、附けられる丈けの隠し袋が附いているんです。

A quick glance at a normal morning, but in fact like the magician's clothes, there is a long hidden hidden bag attached.

五万円位の金を隠すのは訳はありません。

There is no reason to hide about 50,000 yen of money.

支那人の手品使いは、大きな、水の這入った丼鉢でさえからだの中へ隠すではありませんか」

Isn't it possible to hide Chinese magicians into the body of even a large, water-filled bowl?

 さて、この泥坊事件がこれ丈けでおしまいなら、別段の興味もないのであるが、茲に一つ普通の泥坊と違った、妙な点があった。

Well, if this bluff incident is overdone, there is no other interest, but there is a strange point in the boat that is different from one ordinary dumb.

そして、それが私のお話の本筋に、大いに関係がある訳なのである。

And that is the main reason for my story to be related.

 というのは、この紳士泥坊は、盗んだ五万円の隠し場所について、一言も白状しなかったのである。

For, this gentleman's confessedly did not confess anything about the 50,000 yen stole she stole.

警察と、検事廷と、公判廷と、この三つの関所で、手を換え品を換えて責め問われても、彼はただ知らないの一点張りで通した。

Even if he was accused of replacing his hand at the police, the public prosecutor's court, the court's court, and these three junctions, he passed only with a point that he did not know.

そして、おしまいには、その僅か一週間ばかりの間に、使い果して了ったのだという様な、出鱈目をさえ云い出したのである。

And, in the end, in just a week, he even came out with an eye that had been exhausted.

 其筋としては、探偵の力によって、その金のありかを探し出す外はなかった。

As a bruise, by the power of the detective, there was no way but to find out where the money was.

そして、随分探したらしいのであるが、一向見つからなかった。

And he seemed to have searched for a long time, but could not find it.

そこで、その紳士泥坊は、五万円隠匿の廉によって、窃盗犯としては可也重い懲役に処せられたのである。

Therefore, the gentleman's confessor was subjected to a heavy imprisonment as a thief by the cost of concealing 50,000 yen.

 困ったのは被害者の工場である。

It is the victim's factory that was in trouble.

工場としては、犯人よりは五万円が発見して欲しかったのである。

As a factory, I wanted 50,000 yen to be found out than the criminal.

勿論、警察の方でもその金の捜索を止めた訳ではないが、どうも手ぬるい様な気がする。

Of course, the police didn't stop searching for the money, but I felt like it was stupid.

そこで、工場の当の責任者たる支配人は、その金を発見したものには、発見額の一割の賞を懸けるということを発表した。

Therefore, the manager responsible for the plant announced that if he found the money, he would pay a prize of 10% of the amount found.

つまり五千円の懸賞である。

In other words, it is a five thousand yen prize.

 これからお話しようとする、松村武と私自身とに関する、一寸興味のある物語は、この泥坊事件がこういう風に発展している時に起ったことなのである。

The story I'm going to talk about with Takemura Matsumura and myself is a story that arose a bit when this affair was developing like this.

During ~

 この話の冒頭にも一寸述べた様に、その頃、松村武と私とは、場末の下駄屋の二階の六畳に、もうどうにもこうにも動きがとれなくなって、窮乏のどん底にのたうち廻っていたのである。

As I mentioned at the beginning of this story, Takemura Matsumura and I are no longer able to move in this way on the second floor of the second floor in the end of the hall, and they are crawling on the bottom of poverty It is

 でも、あらゆるみじめさの中にも、まだしも幸運であったのは、丁度時候が春であったことだ。

But of all misery, I was still lucky that the weather was spring.

これは貧乏人丈けにしか分らない一つの秘密であるが、冬の終から夏の初にかけて、貧乏人は、大分|儲けるのである。

This is one of the secrets of the poor, but from the end of the winter to the beginning of the summer, the poor can earn much.

いや、儲けたと感じるのである。

No, I feel lost.

というのは、寒い時丈け必要であった、羽織だとか、下着だとか、ひどいのになると、夜具、火鉢の類に至るまで、質屋の蔵へ運ぶことが出来るからである。

For example, when it is necessary to stretch when it is cold, it can be carried to the pawnshop's store, such as nightwear and braziers, if it is a haori, underwear, or if it is awful.