文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

二銭銅貨:江戸川 乱歩(92-146)/473

私共も、そうした気候の恩恵に浴して、明日はどうなることか、月末の間代の支払はどこから捻出するか、という様な先の心配を除いては、先ず一寸いきをついたのである。

We, too, took advantage of such a climate and, first of all, except for the anticipation such as what will happen tomorrow and where to pay for the end of the month .

そして、暫く遠慮して居った銭湯へも行けば、床屋へも行く、飯屋ではいつもの味噌汁と香の物の代りに、さしみで一合かなんかを奮発するといった鹽梅であった。

And if I went to a public bath where I stayed for a while, I would go to the barber shop, and instead of the usual miso soup and incense at the Iiya, it would be a plum tree that inspires something or something in a pot.

 ある日のこと、いい心持に※って、銭湯から帰って来た私が、傷だらけの、毀れかかった一閑張の机の前に、ドッカと坐った時、一人残っていた松村武が、妙な、一種の興奮した様な顔付を以て、私にこんなことを聞いたのである。

One day, with a good heart ※, I came back from a public bath, Takeshi Matsumura who was left alone when I sat with a docker in front of a scratched, drowning desk of a limp, With such a kind of excited face, I asked me this.

「君、この、僕の机の上に二銭銅貨をのせて置いたのは君だろう。

"You, I think you put this two coin on your desk.

あれは、どこから持って来たのだ」

Where did that come from? "

「アア、俺だよ。

"Ah, I am.

さっき煙草を買ったおつりさ」

I bought a cigarette a little while ago "

「どこの煙草屋だ」

"Where is the cigarette shop?"

「飯屋の隣の、あの婆さんのいる不景気なうちさ」

"I'm in a recession next to the restaurant with that niece"

「フーム、そうか」

"Huhme, yes"

 と、どういう訳か、松村はひどく考え込んだのである。

And, somehow, Matsumura thought badly.

そして、尚も執拗にその二銭銅貨について尋ねるのであった。

And he was still persistently asking about the second coin.

「君、その時、君が煙草を買った時だ、誰か外にお客はいなかったかい」

"You, then, when you bought a cigarette, was there anyone out there?"

「確か、いなかった様だ。

"Yes, I guess it wasn't there.

そうだ。

That's it.

いる筈がない。

I do not have a habit.

その時あの婆さんは居眠りをしていたんだ」

At that time that niece was sleeping asleep. "

 この答を聞いて、松村は何か安心した様子であった。

Upon hearing this answer, Matsumura seemed relieved.

「だが、あの煙草屋には、あの婆さんの外に、どんな連中がいるんだろう。

"But what kind of people are there in that cigarette shop besides that niece?

君は知らないかい」

Do you not know? "

「俺は、あの婆さんとは仲よしなんだ。

"I am in good standing with that niece.

あの不景気な仏頂面が、俺のアブノーマルな嗜好に適したという訳でね。

That's that bad economic condition is suitable for my abnormal taste.

だから、俺は相当あの煙草屋については詳しいんだ。

So I am quite familiar with that cigarette shop.

あそこには婆さんの外に、婆さんよりはもっと不景気な爺さんがいる切りだ。

In addition to Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Ms. Mb.

併し君はそんなことを聞いてどうしようというのだ。

At the same time, what are you trying to hear?

どうかしたんじゃないかい」

I'm not sure. "

「マアいい。

"Good.

一寸訳があるんだ。

There is a short translation.

ところで君が詳しいというのなら、も少しあの煙草屋のことを話さないか」

By the way, if you are familiar, why not talk about that cigarette shop a bit? "

「ウン、話してもいい。

"Well, I can talk.

爺さんと婆さんとの間に一人の娘がある。

There is a daughter between Tatsumi and Tatsumi.

俺は一度か二度その娘を見かけたが、そう悪くない容色だぜ。

I saw the girl once or twice, but it's not bad.

それがなんでも、監獄の差入屋とかへ嫁いているという話だ。

It is a story that anything is married to a prison prisoner.

その差入屋が相当に暮しているので、その仕送りで、あの不景気な煙草屋も、つぶれないで、どうかこうかやっているのだと、いつか婆さんが話していたっけ。

Because the delivery house is quite alive, it is said that one day some niece is saying that he / she does not crush and that he / she is doing something about it because of the resignation.

……」

...... "

 こう、私が煙草屋に関する知識について話し始めた時に、驚いたことには、それを話して呉れと頼んで置きながら、もう聞き度くないと云わぬばかりに、松村武が立上ったのである。

So, when I started to talk about my knowledge about tobacco stores, I was surprised to hear that when I was talking and putting it on my mind, Takemura Matsumura stood up just to say that I would not like to hear it anymore. is there.

そして、広くもない座敷を、隅から隅へ丁度動物園の熊の様に、ノソリノソリと歩き始めたのである。

And he started walking with nosori soori from the corner to the corner, just like a bear in the zoo.

 私共は、二人共、日頃から随分気まぐれな方であった。

We were both very casual from day to day.

話の間に突然立上るなどは、そう珍しいことでもなかった。

It was not unusual for people to rise suddenly during the talk.

けれども、この場合の松村の態度は、私をして沈黙せしめた程も、変っていたのである。

However, Matsumura's attitude in this case has changed as much as I silenced me.

松村はそうして、部屋の中をあっちへ行ったり、こっちへ行ったり、約三十分位歩き廻っていた。

Matsumura then went around the room, went to here, and walked for about thirty minutes.

私は黙って、一種の興味を以て、それを眺めていた。

I silently looked at it with a kind of interest.

その光景は、若し傍観者があって、之を見たら、余程狂気じみたものであったに相違ないのである。

There must be a bystander, and if you look at it, the scene must have been so crazy.

 そうこうする内に、私は腹が減って来たのである。

In doing so, I was hungry.

丁度夕食時分ではあったし、湯に入った私は余計に腹が減った様が気がしたのである。

It was exactly at dinner time, and I felt that I was getting angry when I entered the hot water.

そこで、まだ狂気じみた歩行を続けている松村に、飯屋に行かぬかと勧めて見た所が、「済まないが、君一人で行って呉れ」という返事だ。

So I asked Matsumura, who is still in a frantic way of walking, and asked if I would go to the Iyer. The answer is, "I'm not finished, but I'm going alone."

仕方なく、私はその通りにした。

Reluctantly, I did that.

 さて、満腹した私が、飯屋から帰って来ると、なんと珍らしいことには、松村が按摩を呼んで、もませていた。

By the way, when I came back from Iiya when I was full, it was unusual how Matsumura called Satsuma and let him do it.

以前は私共のお馴染であった、若い盲唖学校の生徒が、松村の肩につかまって、しきりと何か、持前のお喋りをやっているのであった。

The students of a young school for the blind school, who used to be familiar to us before, held on to Matsumura's shoulders and had a long-felt chat about something.

「君、贅沢だと思っちゃいけない。

"You can't think of luxury.

これには訳があるんだ。

There is a translation for this.

マア、暫く黙って見ていて呉れ。

Maa, I shut up for a while and watched it.

その内に分るから」

Because I know it

 松村は、私の機先を制して、非難を予防する様に云った。

Matsumura told me to take control of my flight and prevent accusations.

昨日、質屋の番頭を説きつけて、寧ろ強奪して、やっと手に入れた二十円なにがしの共有財産の寿命が、按摩賃六十銭丈け縮められることは、此際、確かに贅沢に相違なかったからである。

Yesterday, preaching the head of the pawnshop, snatching away, and finally the 20-yen long-earned shared property's life is finally shrunk to 60 yen, which is indeed a luxury It was because there was no difference.