文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

二銭銅貨:江戸川 乱歩(147-191)/473

 私は、これらの、ただならぬ松村の態度について、ある、言い知れぬ興味を覚えた。

I have some intriguing interest in these and other Matsumura's attitudes.

そこで、私は自分の机の前に坐って、古本屋で買って来た講談本か何かを、読耽っている様子をした。

So I sat in front of my desk and read a kodan book or something I bought in a used bookstore.

そして、実は松村の挙動をソッと盗み見ていたのである。

And, in fact, I was stealing the behavior of Matsumura.

 按摩が帰って了うと、松村も彼の机の前に坐って、何か紙切れに書いたものを読んでいる様であったが、軈て彼は懐中から、もう一枚の紙切れを取出して机の上に置いた。

When Satsuma returned, Matsumura sat in front of his desk and seemed to read something written on a piece of paper, but he pulled out another piece of paper from the flashlight and took a desk. Put it on the

それは、極く薄く、二寸四方程の、小さいもので、細い文字が一面に認めてあった。

It was a very thin, two-by-four, small one with thin letters on one side.

彼は、この二枚の紙片れを、熱心に比較研究している様であった。

He seemed to be keen to compare and study these two pieces of paper.

そして、鉛筆を以て、新聞紙の余白に、何か書いては消し、書いては消していた。

And with a pencil, I wrote something in the margin of the newspaper, erased it, and erased it.

 そんなことをしている間に、電燈が点いたり、表通りを豆腐屋のラッパが通過ぎたり、縁日にでも行くらしい人通りが、暫く続いたり、それが途絶えると、支那|蕎麦屋の哀れげなチャルメラの音が聞えたりして、いつの間にか夜が更けたのである。

While doing such a thing, if the light turns on, the tofu shop's trumpet passes by the street, the people who seem to go even on the day, will continue for a while, or if it breaks up, the Chinese | I heard the sound of the Chalmera, and the night went on.

それでも松村は、食事さえ忘れて、この妙な仕事に没頭していた。

Still, Matsumura forgot to eat and was absorbed in this strange task.

私は黙って、自分の床を敷いて、ゴロリ横になると、退屈にも、一度読んだ講談を、更らに読み返しでもする外はなかったのである。

I silently laid my own floor, and when I was lying down, I was bored to read the talk I had read once and read back even more.

「君、東京地図はなかったかしら」

"Don't you have Tokyo map?"

 突然、松村がこういって、私の方を振向いた。

Suddenly, Matsumura went and turned to me.

「サア、そんなものはないだろう。

"Saa, there is no such thing.

下のお上さんにでも聞いて見たらどうだ」

What if you ask the lower government below and see it? "

「ウン、そうだな」

"Well, that's right."

 彼は直ぐに立上って、ギシギシいう梯子段を下へ降りて行ったが、軈て、一枚の折目から破れ相になった東京地図を借りて来た。

He immediately got up and went down a ladder called Gishigishi, but soon he borrowed a Tokyo map that had become a broken phase from a single fold.

そして、又机の前に坐ると、熱心な研究を続けるのであった。

And when I sat in front of my desk, I continued to study hard.

私は益々募る好奇心を以て彼の様子を眺めていた。

I was watching him with an increasing curiosity.

 下の時計が九時を打った。

The lower clock struck nine o'clock.

松村は、長い間の研究が、一段落を告げたと見えて、机の前から立上って私の枕頭へ坐った。

Matsumura looked for a long period of research, and stood up in front of the desk and sat on my pillow head.

そして少し言いにく相に、

And, to the point of saying a bit,

「君、一寸、十円ばかり出して呉れないか」

"Don't you come up with just a dozen yen?"

 と云うのだ。

It is called.

私は、松村のこの不思議な挙動については、読者にはまだ明してない所の、私丈けの深い興味を持っていた。

I had a deep interest in myself about the mysterious behavior of Matsumura, which I have not yet told the reader.

それ故、彼に十円という、当時の私共に取っては、全財産の半分であったところの大金を与えることに、少しも異議を唱えなかった。

Therefore, he did not object at all to give him the money of ten yen, which I had at that time, which was half of the total wealth.

 松村は、私から十円札を受取ると、古袷一枚に、皺くちゃのハンチングという扮装で、何も云わずに、プイとどこかへ出て行った。

When Matsumura received a ten-yen bill from me, he went out somewhere with Pui, without saying anything, with a piece of old tomb, with a crumpled hunting costume.

 一人取残された私は、松村の其後の行動について、色々想像を廻らした。

I was left alone, and I imagined various things about Matsumura's post-mortem action.

そして独りほくそ笑んでいる内に、いつか、うとうとと夢路に入った。

And while I was laughing alone, someday, I entered Yutoro with a wow.

暫くして松村が帰って来たのを、夢現に覚えていたが、それからは、何も知らずに、グッスリと朝まで寝込んで了ったのである。

For a while, I remember that Matsumura came back, but then I went to bed in the morning with good news without knowing anything.

 随分寝坊の私は、十時頃でもあったろうか、眼を醒して見ると、枕頭に妙なものが立っているのに驚かされた。

I wondered if it was about 10 o'clock, I was surprised to see something strange at the head of my head when I looked up at my eyes.

というのは、そこには、縞の着物に角帯を締めて、紺の前垂れをつけた一人の商人風の男が、一寸した風呂敷包を背負って立っていたのである。

For example, a merchant-style man with a striped kimono with a horned band and a bow in front of it was standing with a small bathing bag on his back.

「なにを妙な顔をしているんだ。

"What a strange face.

俺だよ」

It's me"

 驚いたことには、その男が、松村武の声を以て、こういったのである。

To my surprise, the man, like the voice of Takeshi Matsumura, is like this.

よくよく見ると、それは如何にも松村に相違ないのだが、服装がまるで変っていたので、私は暫くの間、何が何だか、訳がわからなかったのである。

If you look closely, it must be Matsumura, but because the clothes were completely changed, I could not understand what it was for a while.

「どうしたんだ。

"What happened.

風呂敷包なんか背負って。

I'm carrying a bath bag on my back.

それに、そのなりはなんだ。

Besides, what is it?

俺はどこの番頭さんかと思った」

I wondered where the head of the shop is. "

「シッ、シッ、大きな声だなあ」松村は両手で抑えつける様な恰好をして、囁く様な小声で、「大変なお土産を持って来たよ」

"Sith, Sit, I have a big voice," Matsumura said, holding back with both hands, and with a moan, "I brought a great souvenir."

 というのである。

It is.

「君はこんなに早く、どっかへ行って来たのかい」

"Are you so fast, have you been somewhere?"

 私も、彼の変な挙動につられて、思わず声を低くして聞いた。

I also heard his weird behavior and involuntarily lowered his voice.

すると、松村は、抑えつけても抑えつけても、溢れて来る様な、ニタニタ笑いを顔一杯に漲らせながら、彼の口を私の耳の側まで持って来て、前よりは一層低い、あるかなきかの声で、こういったのである。

Then Matsumura brought his mouth to the side of my ear, while making him squeeze, even if he pressed down or pushed down, making his mouth full of his face, even lower than before. This is what a certain voice.

「この風呂敷包の中には、君、五万円という金が這入っているのだよ」

"In this bathing suit, you, the money of 50,000 yen is in the pot."