文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

二銭銅貨:江戸川 乱歩(192-234)/473

under

 読者も既に想像されたであろう様に、松村武は、問題の紳士泥坊の隠して置いた五万円を、どこからか持って来たのであった。

Takemura Matsumura brought the 50,000 yen that the gentleman of the problem in question had hidden away from somewhere, as the reader might have already imagined.

それは、彼の電気工場へ持参すれば、五千円の懸賞金に与ることの出来る五万円であった。

That was 50,000 yen, which could be awarded for a 5,000 yen prize if brought to his electric plant.

だが、松村はそうしない積りだと云った。

However, Matsumura said that it is a pile that does not do so.

そして、その理由を次の様に説明した。

And the reason was explained as follows.

 彼に云わせると、その金を馬鹿正直に届け出るのは、愚なことであるばかりでなく、同時に、非常に危険なことでもあるというのであった。

To him, it was not only foolish but also at the same time very dangerous to deliver the money in a foolish manner.

其筋の専門の刑事達が、約一箇月もかかって探し廻っても、発見されなかったこの金である。

It is this money that has not been found even if it takes about a month and a specialized detective of the acupuncture muscle searches.

仮令このまま我々が頂戴して置いた所で、誰が疑うものか、我々にしたって、五千円よりは五万円の方が有難いではないか。

Temporarily, where we put up as it is, who is suspicious, according to us, would it be better to pay 50,000 yen than 5,000 yen?

 それよりも恐しいのは、彼奴、紳士泥坊の復讐である。

Even more scary than that, he's a gentleman's revenge.

こいつが恐しい。

This is scary.

刑期の延びるのを犠牲にしてまで隠して置いたこの金を、横取りされたと知ったら、彼奴、あの悪事にかけては天才といってもよい所の彼奴が、見逃して置こう筈がない――松村は寧ろ泥坊を畏敬している口調であった――このまま黙って居ってさえ危いのに、これを持主に届けて、懸賞金を貰いなどしようものなら、直ぐ松村武の名が新聞に出る。

If he knows that he has been intercepted this money that he kept hidden at the expense of the extension of his term, he, he who can be a genius for that evil, will not miss it-Matsumura It was a tone of revering a sloppy little boy-even if it was dangerous, even if I was silent, if I was to deliver this to the owner and try to win a prize money, Takemura Matsumura's name was a newspaper immediately I'm going to

それは、態々彼奴に敵のありかを教える様なものではないかというのである。

It's kind of like telling him what the enemy is like.

「だが少くとも現在に於ては、俺は彼奴に打勝ったのだ。

"But at least for now, I beat him.

エヽ君、あの天才泥坊に打勝ったのだ。

Oh, you overcame that genius sly.

この際、五万円も無論有難いが、それよりも、俺はこの勝利の快感でたまらないんだ。

In this case, it is worth noting that 50,000 yen, but more than that, I can not but regret the pleasure of this victory.

俺の頭はいい。

My head is good.

少くとも貴公よりはいいということを認めて呉れ。

Admit yourself that at least you are better than you.

俺をこの大発見に導いて呉れたものは、昨日君が俺の机の上にのせて置いた、煙草のつり銭の二銭銅貨なんだ。

What led me to this great discovery and fell in love was the second coin of a cigarette change that you put on my desk yesterday.

あの二銭銅貨の一寸した点について、君が気づかないで、俺が気づいたということはだ。

You don't notice about the small part of that two coin, you're not.

そして、たった一枚の二銭銅貨から、五万円という金を、エ、君、二銭の二百五十万倍である所の五万円という金を探し出したのは、これは何だ。

And what is the reason for this? I found out the gold of 50,000 yen and the gold of 50,000 yen in a place where there are two hundred and fifty thousand times the amount of two sen from a single two coin bronze coin.

少くとも、君の頭よりは、俺の頭の方が優れているということじゃないかね」

At least that's not to say that my head is better than your head. "

 二人の多少知識的な青年が、一間の内に生活していれば、其処に、頭のよさについての競争が行われるのは、至極あたり前のことであった。

If two young people with some knowledge live within a moment, it is quite likely that there will be a competition for goodness here.

松村武と私とは、その日頃、暇にまかせて、よく議論を戦わしたものであった。

Takeshi Matsumura and I used to spend their free time on the day and had a lot of debate.

夢中になって喋っている内に、いつの間にか夜が明けて了う様なことも珍しくなかった。

It was not uncommon for the night to end soon after all while I was crazy and angry.

そして、松村も私も、互に譲らず、「俺の方が頭がいい」ことを主張していたものである。

And neither Matsumura nor I have insisted on each other, claiming that "I am smarter".

そこで、松村がこの手柄――それは如何にも大きな手柄であった――を以て、我々の頭の優劣を証拠立てようとした訳である。

Therefore, Matsumura tried to establish the superiority of our head with this feature-that was how big it was.

「分った、分った。

"I found it.

威張るのは抜きにして、どうしてその金を手に入れたか、その筋道を話して見ろ」

Do not be overwhelmed, why not get the money, let's talk about the path

「マア急くな。

"Don't hurry.

俺は、そんなことよりも、五万円の使途について考えたいと思っているんだ。

I want to think about the use of 50,000 yen more than that.

だが、君の好奇心を充す為に、一寸、簡単に苦心談をやるかな」

But, in order to satisfy your curiosity, I would like to do a quick and easy talk. "

 併し、それは決して私の好奇心を充す為ばかりではなくて、寧ろ彼自身の名誉心を満足させる為であったことはいうまでもない。

However, it goes without saying that it was not only to satisfy my curiosity, but rather to satisfy his own honor.

それは兎も角、彼は次の様に、所謂苦心談を語り出したのである。

That's why Koji also talked about the so-called hardship as follows.

私は、それを、心安だてに、蒲団の中から、得意そうに動く彼の顎の辺を見上げて、聞いていた。

I was listening to it, looking upside down his chin, who moved in good spirits, from inside the troupe.

「俺は、昨日君が湯へ行った後で、あの二銭銅貨を弄んでいる内に、妙なことには、銅貨のまわりに一本の筋がついているのを発見したんだ。

"I found that after you went to the water yesterday, while you were holding those two coins, strangely, there was a streak around the coins.

こいつはおかしいと思って、調べて居ると、なんと驚いたことには、あの銅貨が二つに割れたんだ。

I thought this guy was strange, and when I checked it, to my surprise, the copper was split into two.

見給えこれだ」

It's worth seeing. "

 彼は、机の抽斗から、その二銭銅貨を取出して、丁度、宝丹の容器を開ける様に、ネジを廻しながら、上下に開いた。

He took the coin out of the desk drawer and opened it up and down, turning the screw just like opening the container of Baotan.

「これ、ね、中が空虚になっている。

"This, yeah, the inside is empty.

銅貨で作った何かの容器なんだ。

It's a container made of copper.

なんと精巧な細工じゃないか、一寸見たんじゃ、普通の二銭銅貨とちっとも変りがないからね。

What an elaborate work, I saw at a glance, because it is no different from ordinary two coin coins.

これを見て、俺は思当ったことがあるんだ。

Seeing this, I have thought.

俺はいつか、牢破りの名人が用いるという、鋸の話を聞いたことがある。

Someday I have heard of saws used by jailbreakers.