文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

二銭銅貨:江戸川 乱歩(381-440)/473

併し、昔千両の富籤に当って発狂した貧乏人があったという話もあるのだから、松村が五万円に狂喜するのは決して無理ではなかった。

At the same time, it was not impossible for Matsumura to go crazy for 50,000 yen because there was also a story that once there was a poor man who went mad in the old days when he hit a thousand riches.

 私はこの喜びがいつまでも続けかしと願った。

I wished this joy would continue forever.

松村の為にそれを願った。

I wished that for Matsumura.

 だが、私には、どうすることも出来ぬ一つの事実があった。

But I had one fact that I could not do.

止めようにも止めることの出来ない笑いが爆発した。

A laughter that couldn't even stop was exploded.

私は笑うんじゃないと自分自身を叱りつけたけれども、私の中の、小さな悪戯好きの悪魔が、そんなことには閉口たれないで私をくすぐった。

I slammed myself not to laugh, but a little mischievous devil inside of me tickled me without being closed to that.

私は一段と高い声で、最もおかしい笑劇を見ている人の様に笑った。

I laughed like a person watching the funny laughs with a much higher voice.

 松村はあっけにとられて、笑い転ける私を見ていた。

Matsumura was taken for granted, and I was watching me laughing and rolling.

そして、一寸変なものにぶっつかった様な顔をして云った。

And he said that he had a face that struck a strange thing.

「君、どうしたんだ」

"What's up with you?"

 私はやっと笑いを噛み殺してそれに答えた。

I finally bite a laugh and answered it.

「君の想像力は実にすばらしい。

"Your imagination is so wonderful.

よくこれ丈けの大仕事をやった。

I often did a big job of making a lot of money.

俺はきっと今迄の数倍も君の頭を尊敬する様になるだろう。

I will surely respect your head several times that of now.

成程君の云う様に、頭のよさでは敵わない。

As you say, you can not fight with the goodness of your head.

だが、君は、現実というものがそれ程ロマンチックだと信じているのかい」

But, do you believe that reality is so romantic? "

 松村は返事もしないで、一種異様の表情を以て私を見詰めた。

Matsumura did not reply, but looked at me with a kind of strange look.

「言い換えれば、君は、あの紳士泥坊にそれ程のウイットがあると思うのかい。

"In other words, do you think that that gentleman has such a wit?

君の想像は、小説としては実に申分がないことを認める。

Your imagination admits that the novel is truly satisfactory.

けれども世の中は小説よりはもっと現実的だからね。

But the world is more realistic than a novel.

そして、若し小説について論じるのなら、俺は少し君の注意を惹き度い点がある。

And if you're talking about a novel, I have a bit of attention for you.

それは、この暗号文には、もっと外の解き方はないかということだ。

That is, there is more to this solution than the ciphertext.

君の飜訳したものを、もう一度飜訳する可能性はないかということだ。

There is a possibility that it will translate again what you translated.

例えばだ、この文句を八字ずつ飛ばして読むという様なことは出来ないことだろうか」

For example, can't you do something like skipping this sentence eight characters at a time?

 私はこういって、松村の書いた暗号の飜訳文に左の様な印をつけた。

I did this and put a mark like the left on the translation of the code written by Matsumura.

 ゴケンチョーショージキドーカラオモチャノサツヲウケトレウケトリニンノナハダイコクヤショーテン

Goken Cho Shoji Ki Kido Kara Omochano Satsu Uketore Uketorininononahaikoikoya Shoten

「ゴジャウダン。

"Godzang.

君、この『御冗談』というのは何だろう。

What are you saying, "A joke"?

エ、これが偶然だろうか。

Oh, is this accidental?

誰かの悪戯だという意味ではないだろうか」

Isn't it mean that someone's a mischief? "

 松村は物をも云わずに立上った。

Matsumura got up without saying anything.

そして、五万円の札束だと信じ切っている所の、かの風呂敷包を私の前へ持って来た。

And he brought me to the front of a futoni bag that I believed was a bundle of 50,000 yen.

「だが、この大事実をどうする。

"But what about this big fact.

五万円という金は、小説の中からは生れないぞ」

The money of 50,000 yen can not be generated from the novel. "

 彼の声には、果し合をする時の様な真剣さが籠っていた。

His voice was filled with seriousness like when it comes to fruition.

私は恐ろしくなった。

I was scared.

そして、私の一寸したいたずらの、予想外に大きな効果を、後悔しないではいられなかった。

And I could not but regret the unexpectedly big effect of my sloppy prank.

「俺は、君に対して実に済まぬことをした。

"I did something really wrong with you.

どうか許して呉れ。

Please forgive me.

君がそんなに大切にして持って来たのは、矢張り玩具の札なんだ。

It is the tag of the arrow-clad toy that you have taken so importantly.

マア、それを開いてよく調べて見給え」

Maa, open it, check it out and see. "

 松村は、丁度|暗の中で物を探る様な、一種異様の手附で――それを見て、私は益々気の毒になった――長い間かかって風呂敷包を解いた。

Matsumura looked at it just with a kind of strange hand-like search for things in the dark, and I became more and more sorry-it took a long time to unwrap the bath-bed.

そこには、新聞紙で丁寧に包んだ、二つの四角な包みがあった。

There were two square packets carefully wrapped in newspaper.

その内の一つは新聞が破れて中味が現れていた。

In one of them, the newspaper broke and the contents appeared.

「俺は途中でこれを開いて、この眼で見たんだ」

"I opened this on the way and saw it with my eyes."

 松村は喉に閊えた様な声で云って、尚おも新聞紙をすっかり取り去った。

Matsumura said, with a voice in his throat, he also completely removed the newspaper.

 それは、如何にも真にせまった贋物であった。

It was a gift that was truly true.

一寸見たのでは、凡ての点が本物であった。

In one glance, every point was real.

けれども、よく見ると、それらの札の表面には、圓という字の代りに團という字が、大きく印刷されてあった。

However, if you look closely, on the surface of those tags, instead of the letter "圓", the letter "團" was printed large.

二十圓、十圓ではなくて、二十團、十團であった。

Twenty, not ten, twenty, ten.

 松村はそれを信ぜぬように、幾度も幾度も見直していた。

Matsumura was reviewing again and again to believe it.

そうしている内に、彼の顔からは、あの笑いの影がすっかり消去って了った。

In doing so, the shadow of that laugh was completely erased from his face.

そして、後には深い深い沈黙が残った。

And after that there was a deep silence.

私は済まぬという心持で一杯であった。

I was full of insatiable minds.

私は、私の遣り過ぎたいたずらについて説明した。

I explained about my overkill prank.

けれども、松村はそれを聞こうともしなかった。

But Matsumura never tried to hear it.

その日一日はただ唖者の様に黙り込んでいた。

That day I was silent just like a prisoner.

 これで、このお話はおしまいである。

This is the end of the story.

けれども、読者諸君の好奇心を充す為に、私のいたずらについて、一言説明して置かねばならぬ。

However, in order to fill your readers' curiosity, I have to put a word on my mischief.

 正直堂という印刷屋は、実は私の遠い親戚であった。

A print shop named Hondoudo was actually my distant relative.