文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

二銭銅貨:江戸川 乱歩(441-473)/473

私はある日、せっぱ詰った苦しまぎれに、そのふだんは不義理を重ねている所の親戚のことを思出した。

One day, I was embarrassed with pains and pains, I usually recalled the relatives of the place where the injustice is repeated.

そして、いくらでも金の都合がつけばと思って、進まぬながら久し振りでそこを訪問した。

And I thought it would be convenient for money, and I visited there for the first time after a while.

――無論このことについては松村は少しも知らなかった。

-Of course, Matsumura knew nothing about this.

――借金の方は予想通り失敗であったが、その時|図らずも、あの本物と少しも違わない様な、其時は印刷中であった所の、玩具の札を見たのである。

-As expected, the debt was a failure, but then I saw a toy tag in a place where it wasn't wrong, and it didn't even differ from that of the real thing, where he was printing.

そしてそれが、大黒屋という長年の御得意先の註文品だということを聞いたのである。

And I heard that it was the delicacy of a long-time customer named Daikokuya.

 私はこの発見を、我々の毎日の話柄となっていた、あの紳士泥坊の一件と結びつけて、一芝居打って見ようと、下らぬいたずらを思いついたのであった。

I connected this discovery with one of the men and women who became a daily speaker, and came up with a mischievous prank to see a play.

それは、私も松村と同様に、頭のよさについて、私の優越を示す様な材料が掴み度いと、日頃から熱望していたからであった。

That's because I, like Matsumura, was always eager to grasp materials that would indicate my superiority in terms of intelligence.

 あのぎこちない暗号文は、勿論私の作ったものであった。

That awkward ciphertext was, of course, my creation.

併し、私は松村の様に外国の暗号史に通じていた訳ではない。

At the same time, I am not as familiar as Matsumura in foreign cryptographic history.

ただ一寸した思いつきに過ぎなかったのだ。

It was only an idea that was a bit smaller.

煙草屋の娘が差入屋へ嫁いでいるという様なことも、矢張り出鱈目であった。

It was also an arrow-marked thing that the daughter of a tobacco store was married to a delivery house.

第一、その煙草屋に娘があるかどうかさえ怪しかった。

First, it was even suspicious whether the cigarette shop had a daughter.

 ただ、このお芝居で、私の最も危んだのは、これらのドラマチックな方面ではなくて、最も現実的な併し全体から見ては極めて些細な、少し滑稽味を帯びた、一つの点であった。

However, in this play, my most dangerous thing is not these dramatic aspects, but one of the most realistic ones that are quite trivial and slightly humorous in all Met.

それは、私が見た所のあの玩具の札が、松村が受取りに行くまで、配達されないで、印刷屋に残っているかどうかということであった。

That was whether the tag of that toy I saw was not delivered until Matsumura went to reception, and remained in the print shop.

 玩具の代金については、私は少しも心配しなかった。

I was not worried at all for the price of the toy.

私の親戚と大黒屋とは延取引であったし、其上もっといい事は、正直堂が極めて原始的な、ルーズな商売のやり方をして居ったことで、松村は別段、大黒屋の主人の受取証を持参しないでも失敗する筈はなかったからである。

My relatives and Daikokuya were spread transactions, and the better thing about Enoue was that Hontodo was doing a very primitive, loose business practice, so Matsumura was another master of Daikokuya. Even if you did not bring your receipt of the certificate, there was no chance of failure.

 最後に、彼のトリックの出発点となった二銭銅貨については、私は茲に詳しい説明を避けねばならぬことを遺憾に思う。

Finally, I regret that I have to avoid a detailed explanation of the Nisen coin, which was the starting point of his trick.

若し、私がへまなことを書いては、後日、あの品を私に呉れたある人が、飛んだ迷惑を蒙るかも知れないからである。

If you write me stupid things, it might be because, at a later date, a person who admires the item may suffer from the trouble of flying.

読者は、私が偶然それを所持していたと思って下さればよいのである。

Readers should think that I happened to possess it.

底本:「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」光文社文庫、光文社

Somoto: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 1 A Walk in the Attic" Koubunsha Bunko, Koubunsha

   2004(平成16)年7月20日初版1刷発行

July 20, 2004 First edition 1 print issued

底本の親本:「江戸川乱歩全集 第一巻」平凡社

The main book of the bottom book: "Edogawa Ranpo Complete Works First Volume" Heibonsha

   1931(昭和6)年6月

June 1931 (Showa 6)

初出:「新青年」博文館

First appearance: "New Youth" Hakubunkan

   1923(大正12)年4月

April 1923 (Taisho 12)

※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ The bottom book is making a large number of "a" (ku number 5-86) used when counting things and place names.

※暗号を解いた結果の表は、入力者が底本をもとに作成しました。

※ The table of the result after the decryption was created by the user based on the text.

入力:砂場清隆

Input: Kiyotaka Sanba

校正:湖山ルル

Proofreading: Koyama Rulu

2016年1月1日作成

Created January 1, 2016

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were the ones who took part in input, proofreading and production.