文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

一枚の切符:江戸川 乱歩(178-212)/328

 私は博士に対して何等の恩怨を有するものでない、唯だ、その著書を通して博士の頭脳を尊敬している一人に過ぎない。

I do not have any kind of grace to the doctor, I am the only one who respects the doctor's brain through his book.

が、此度の事件に就ては、見す見す間違った推断によって罪せられんとする我学界の長者を救うものは、偶然にもその現場に居合して、一寸した証拠物件を手に入れた、この私の外にないと信ずるが故に、当然の義務として、この挙に出でたまでである。

However, in the case of frequent incidents, those who save the leaders of our academic world who are guilty of the wrong judgment I see are accidentally present in the field, and I have a handful of evidence Because I believe that I am not outside of me, I have come up with it as a matter of course.

この点について誤解のなからんことを望む。

I hope for misunderstanding about this point.

 さて、何の理由によって、私は博士の無罪を信ずるか、一言以て尽せば、司法当局が、刑事黒田清太郎氏の調査を通して、推定した所の博士の犯罪なるものが、余りに大人気ないことである。

Well, for what reason, I believe in the innocence of the doctor, or, in a word, that the judicial authorities are not too popular for what the doctor's crime was inferred through the investigation of the criminal Kiyotaro It is.

余りに幼稚なるお芝居気に富んでいる事である。

It is a playful childish atmosphere that is too childish.

彼の寸毫の微と雖も逃すことのない透徹その比を見ざる大学者の頭脳と、此度の所謂犯罪事実なるものとを比較する時|吾人は如何の感があるか。

How does a prisoner feel when comparing the brains of a college student who can not see the ratio of his perceptibility and the perseverance that can not be missed nor the so-called crime facts of intensity?

その思想の余りに隔絶せることに、寧ろ苦笑を禁じ得ないではないか。

It can not be ruled out that a bitter smile can not be overly isolated from the thought.

其筋の人々は、博士の頭脳が拙き靴跡を残し、偽筆の手習反故を残し、毒薬のコップをさえ残して、黒田某氏に名を成さしめる程|耄碌したというのか。

As for the people of Sagisuji, Dr.'s brain left a cracked shoe trace, left a false-literation remorse, left even a cup of poison medicine, and made a name to Mr. Ryo Kuroda.

さては又、あの博学なる嫌疑者が、毒薬の死体に痕跡を留むべきことを予知し得なかったとでもいうのか、私は何等証拠を提出するまでもなく、博士は当然無罪なるべきものと信ずる。

Well, also, I wonder if that accused suspect could not predict that the corpse of the poison should remain a trace, or, of course, I should not be guilty of giving up any evidence. believe.

だからといって、私は以上の単なる推測を以て、この陳述を思い立つ程、無謀者ではないのである。

However, I am not so innocent as I think of this statement with the above simple guess.

 刑事、黒田清太郎氏は、今|赫々の武勲に、光り輝いている。

The detective, Mr. Seitaro Kuroda, is now glorious in his honor.

世人は同氏を和製のシャーロック・ホームズとまで讃嘆している。

The world laments him to the Japanese Sherlock Holmes.

その得意の絶頂にある所の同氏を、此処に奈落の底まで叩き落すことは、私も余り気持がよくはない。

It is not pleasant to me to knock him down at the top of the affair to the bottom of the abyss here.

実際、私は黒田氏が、我国の警察の仲間では、最も優れたる手腕家であることを信ずる。

In fact, I believe that Mr. Kuroda is one of the best in the country's police associates.

この度の失敗は、他の人々よりも頭がよかった為の禍である。

This failure is a trap for being smarter than other people.

同氏の推理法に誤はなかった。

There was no mistake in his reasoning method.

唯だ、その材料となるところの観察に欠くる所があった。

There was a place lacking in the observation of the material.

即ち綿密周到の点に於て私という一介の書生に劣って居ったことを、氏の為に深く惜むものである。

In other words, I deeply hate for Mr. I who was inferior to Ikko's only calligraphy at the point of close scrutiny.

 それはさて置き、私が提供しようとする所の証拠物件なるものは、左の二点の、極くつまらぬ品物である。

I will put it aside, and the proof article of the place I am going to provide is a two-point, extravagant item on the left.

一、私が現場で収得した所の一枚のPL商会の受取切符(三等急行列車|備付けの枕の代金の受取)

One, receipt ticket of one PL Chamber of Commerce where I got at the site (third express train | receipt of payment for the equipped pillow)

二、証拠品として当局に保管されている所の博士の短靴の紐。

Two, Dr.'s shoes at the place kept by the authorities as evidence.

 唯だこれ丈けである。

It's only good.

読者諸君にとっては、これが余りに無価値に見えるであろうことを虞れる。

I fear that this will seem too worthless to you.

が、其道の人々は、一本の髪の毛さえもが、重大なる犯罪の証拠となることを知って居られるであろう。

However, the people of Zendo will be aware that even a single hair may be evidence of a serious crime.

 実を申せば、私は偶然の発見から出発したのである。

To tell you the truth, I left from accidental discovery.

事件の当日現場に居合せた私は、検死官達の活動を眺めている間にふと、丁度私が腰を下して居った一つの石塊の下から、何か白い紙片の端が覗いているのを発見した。

While I was at the scene on the day of the incident, while looking at the activities of the coroners, there was an edge of a white piece of paper from just under one stone block I just sat down from. I discovered that I was crawling.

若しその紙片に捺してある日附印を見なかったら、何の疑も起らなかったのであろうが、博士の為には幸にも、その日附印が、私の眼に何かの啓示の様に焼付いたのである。

If I didn't see the date mark on the piece of paper, I would not have any doubts, but for Dr. fortunately, the date mark is something that It was seized like revelation.

大正――年十月九日、即ち事件の直ぐ前の日の日附印が。

Taisho-Date added on October 9, the day immediately before the incident.

 私は五六貫目は大丈夫あった所の、その石塊を取りのけて、雨の為に破れ相になっていた紙片を拾い上げた。

I took the stone block out of the place where the fifth hole was fine, and picked up a piece of paper that had become a torn phase for the rain.

それがPL商会の受取切符であったのだ。

That was the receipt of the PL Chamber of Commerce.

そして、それが私の好奇心を刺戟したのである。

And that aroused my curiosity.

 さて黒田氏が、現場に於て見落した点が三つある。

By the way, there are three points Mr. Kuroda overlooked on the spot.

 その内一つは、偶然私に恵まれた所のPL商会の受取切符であるから、これを除くとしても少くも二つの点に於て、粗漏があったことは確かである。

Since one of them is a receipt ticket of the PL trade company where I was blessed by chance, it is true that there was a gross leak in at least two points, excluding this.

が右の受取切符とても若し黒田氏が非常に綿密な注意力を持って居ったならば、私の様に偶然ではなく発見することが出来たかも知れないのである。

If the receipt ticket on the right was very young and Mr. Kuroda had been very careful, it might have been possible to discover it like me, not by accident.

というのは、その切符が下敷になっていた石というのは、博士邸の裏に半ば出来上った下水の溝の側に、沢山ころがっている石塊の一つであることが一見して分るのであるが、その石塊が唯一つ丈け遠く離れた線路の側に置かれてあったということは、黒田氏以上の注意力の所有者には、何かの意味を語ったかも知れないからである。

For example, the stone on which the ticket was laid is, at first glance, one of the many stone blocks rolling on the side of the semi-finished sewage ditch behind the doctor's house. As you can see, the fact that the stone block was placed on the side of the track that is only tall and far away may have told the owner of more than Mr. Kuroda the meaning of something Because it is unknown.