文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

一枚の切符:江戸川 乱歩(239-272)/328

茲に於て、石を運んだものは「犯人」その人でなければならぬことになる。

In the boat, the one who carried the stone must be the "criminal" himself.

この変テコな結論に達した私は、如何にして「犯人」が石を運ぶということに可能性を与えるべきかに苦しんだ。

Having reached this unusual conclusion, I struggled with how "criminals" should be able to carry the stones.

そして、其処に如何にも巧妙なトリックの弄せられて居ることを発見して、一驚を吃したのである。

And he found that he had been scolded by some clever tricks here, and he was surprised.

 人間を抱いて歩いた足跡と、石を抱いて歩いた足跡、それは熟練なる探偵の眼をくらますに十分な程、似通っているに相違ない。

Footprints that hug humans and footprints that huddled stones must be similar enough to blind a skilled detective.

私はこの驚くべきトリックに気附いたのである。

I noticed this amazing trick.

即ち博士に殺人の嫌疑を掛けようと望む何者かが、博士の靴を穿いて、夫人のからだの代りに、石塊を抱いて、線路まで足跡をつけたと、斯様に考える外に解釈の下しようがないのである。

In other words, someone who wants to sue the doctor for murder is wearing the doctor's shoes, holding a stone block instead of the wife's body, and putting on the track to the track, in addition to thinking so I can not lower it.

そこで、この悪むべきトリックの製作者が、例の足跡を残したとするならば、彼の轢死した当人、即ち博士夫人はどうして線路まで行ったか、その足跡が一つ不足することになる。

So, if the creator of this evil trick left the footsteps of the example, then his starved man, Dr. Madam, would have run out of a footprint for how he went to the track.

以上の推理の当然にして唯一の帰結として、私は遺憾ながら博士夫人その人が、夫を呪う恐るべき悪魔であったことを、確認せざるを得ないのである。

As a matter of course and the only consequence of the above reasoning, I must regretfully confirm that Mrs. Madam was a formidable devil cursing her husband.

戦慄すべき、犯罪の天才、私は嫉妬に狂った、而かも肺結核という――夫れは寧ろ患者の頭脳を病的にまで明晰にする傾のある所の――不治の病に罹った、一人の暗い女を想像した。

I'm a genius of crime, I'm crazy, I'm crazy, I'm a lung tuberculosis-a husband who has a tendency to clarify the patient's brain-even a morbidly ill who has an incurable disease. I imagined a dark woman.

凡てが、暗黒である。

Everything is dark.

凡てが、陰湿である。

Everything is insidious.

その暗黒と陰湿の中に、眼|計り物凄く光る青白い女の幻想、幾十日幾百日の幻想、その幻想の実現、私は思わずもゾッとしたのである。

In the dark and dark, I see an illusion of a pale woman who shines, a fantasy of tens of days and hundreds of days, the realization of that illusion, and I am surprised by it.

 それはさて置き次に第二の疑問である、足跡が博士邸に帰って居なかったという点はどうか。

That's a second question now, what about the fact that the footprints have not returned to the doctoral residence.

これは単純に考えれば、轢死者が穿いて行った靴跡だから、立帰らないのが寧ろ当然の様に思われるかも知れない。

This is simply a trace of shoes worn by a dying person, so it may seem natural not to return.

が、私は少し深く考えて見る必要があると思う。

But I think I need to think a little deeper.

かくの如き犯罪的天才の所有者なる博士夫人が、何故に線路から博士邸まで、足跡を返すことを忘れたのであろう。

That's why Mrs. Dr., the owner of such a criminal genius, forgot to return his footprint from the track to the doctor's house.

そして、若しPL商会の切符が、偶然にも列車の窓から落されなかった場合には、唯一の手懸りであったであろう所の、拙い痕跡を残したのであろう。

And if the ticket of the PL Chamber of Commerce was not accidentally dropped from the window of the train, it would have left an ugly trace of where it would have been the only hand.

 この疑問に対して、解決の鍵を与えて呉れたものは、第三の疑点として上げた、犬の足跡であった。

The answer to this question, and the key to solving it, was the dog's footprint, which was raised as the third question.

私は、彼の犬の足跡と、この博士夫人の唯一の手ぬかりとを結び合せて、微笑を禁じ得なかったのである。

I could not but compel a smile, combining his dog's footsteps with this lady's only bait.

恐らく、夫人は博士の靴を穿いた儘、線路まで往復する予定であったに相違ない。

Perhaps the lady had a doctor's shoes and was supposed to return to the track.

そして改めて他の足跡のつかぬ様な道を選んで、線路に行く積りであったに相違ない。

And it must have been a pile of going to the track, choosing a path that does not have another footprint.

が、滑稽なことには茲に一つの邪魔が入った。

But, to be funny, there was one obstacle in the cage.

というのは、夫人の愛犬である所のジョンが――このジョンという名前は、私が本日同家の召使××氏から聞き得た所である。

For example, John, who is a Mrs.'s dog--this name John is what I got from Mr. X, a servant of the same family today.

――夫人の異様なる行動を、眼ざとくも見付けてその側に来て盛んに吠え立てたのである。

--- I found the strange behavior of the wife, came to that side, and thrived.

夫人は犬の鳴声に家人が眼を醒して、自分を発見することを虞れた。

The wife was afraid that the family would wake up to the dog's call and find herself.

グズグズしている訳には行かぬ。

I can not go to the reason I'm giggles.

仮令家人が眼を醒さずとも、ジョンの鳴声に近所の犬共がおし寄せては大変だ。

It is difficult for the dogs in the neighborhood to call John's call, even if the family members do not wake up.

そこで、夫人は、この難境を逆に利用して、ジョンを去らせると同時に自分の計画をも遂行する様な、うまい方法を、とっさに考えついたのである。

So, they made use of this difficult situation and came up with a good way to get John to leave and at the same time carry out his own plan.

 私が本日探索した所によると、ジョンという犬は、日頃から一寸した物を銜えて用達をする様に教え込まれて居った。

According to the place I searched today, a dog named John was being taught to do business for something short of size.

多くは主人と同行の途中などから、邸まで何かを届けさせるという様なことに慣されていた。

Many were accustomed to sending something to the residence from the middle of traveling with the master.

そして、そういう場合には、ジョンは持帰った品物を、必ず奥座敷へ置く習慣であった。

And, in such a case, it was a custom for John to always bring the brought-back goods to the back room.

も一つ博士邸の訪問によって発見したことは、裏口から奥座敷の縁側に達する為には、内庭をとり囲んでいる所の板塀の木戸を通る外に通路はないのであって、その木戸というのが、洋室のドアなどにある様なバネ仕掛けで、内側へ丈け開く様に作られてあったことである。

One thing that I found in my visit to the doctoral residence is that there is no passage outside through the wooden door of the fence that surrounds the inner garden to reach the back side of the back seat from the back entrance. For example, it is a spring loaded like a door in a Western-style room, and it was made to be stretched inside.

 博士夫人はこの二つの点を巧みに利用したのである。

The lady made good use of these two points.

犬というものを知っている人は、こういう場合に、唯だ口で追った計りでは立去るものでないが、何か用達しをいいつける――例えば、木切れを遠くへ投げて、拾って来させるという様な――時は、必ずそれに従うものだということを否まないであろう。

In this case, a person who knows a dog does not go away with a slogan with a sloppy mouth, but says something about it-for example, throwing a piece of wood far and picking it up Let's make it happen-time will always be that it follows.