文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

一枚の切符:江戸川 乱歩(273-328)/328

この動物心理を利用して、夫人は、靴をジョンに与えて、其場を去らしめたのである。

Using this animal psychology, Mrs. John gave his shoes to John and left the field.

そして、その靴が、少くとも、奥座敷の縁側のそばに置かれることと――当時多分縁側の雨戸が閉ざされていたので、ジョンもいつもの習慣通りには行かなかったのであろう――内側からは押しても開かぬ所の木戸にささえられて、再び犬がその場へ来ないことを願ったのである。

And at least that the shoes were to be placed by the side of the back of the back yard-and probably because the shutter on the side was probably closed at that time, John would not have gone to the usual customs- From the inside, I was pushed by the open door, but I hoped the dog would not come to the place again.

 以上は、靴跡の立帰っていなかったことと、犬の足跡其他の事情と、博士夫人の犯罪的天才とを思い合せて、私が想像を廻らしたのに過ぎないが。

The above is only what I imagined, considering the fact that the shoes were not returned, the footprints of dogs, other circumstances, and the criminal genius of Drs.

これについては、余りに穿ち過ぎたという非難があるかも知れないことを虞れる。

There is a fear that there may be criticism that this has been overdone.

寧ろ、足跡の帰って居なかったのは、実際夫人の手ぬかりであって、犬の足跡は、最初から、夫人が靴の始末について計画したことを語るものだと考えるのが、或は当っているかも知れない。

On the contrary, it was actually the lameness of the wife that the footprints were not back, and it is better to think that the dog footprints are, from the beginning, talk about what the husband had planned for the management of the shoes. It may be.

然し、それがどちらであっても、私の主張しようとする「夫人の犯罪」ということに動きはないのである。

However, there is no move to "my wife's crime" which I intend to insist, no matter which.

 さて、ここに一つの疑問がある。

Well, here is one question.

それは、一匹の犬が、一足の即ち二個の靴をどうして一度に運び得たかという点である。

That is why one dog could carry one pair of shoes, ie two shoes at a time.

これに答えるものは、先に上げた二つの証拠物件の内、まだ説明を下さなかった「証拠品として其筋に保管されている所の博士の靴の紐」である。

The answer to this is, of the two evidences mentioned above, the "Dr. shoelace of the place kept in Sakai as proof" which has not been explained yet.

私は同じ召使××氏の記憶から、その靴が押収された時、劇場の下足番がする様に、靴と靴とが靴紐で結び付けてあったということを、大分苦心して、さぐり出したのである。

I remember from the memory of the same servant, Mr. X, that the shoes and shoes were tied with shoelaces, as the lower foot of the theater would take, when the shoes were seized. It came out.

刑事黒田氏は、この点に注意を払われたかどうか。

Mr. Kuroda has been paying attention to this point.

目的物を発見した嬉しまぎれに、或は閑却されたのではなかろうか。

It may have been a pleasure to find the object, or it may have been withdrawn.

よし閑却はされなかったとしても、犯人が何かの理由で、この紐を結び合せて、縁側の下へ隠して置いたという程度の推測を以て安心せられたのではあるまいか。

Even if it wasn't done for a while, it might not have been relieved with the speculation that the criminal tied this string together for some reason and put it under the edge.

そうでなかったら、黒田氏のあの結論は出て来なかった筈である。

If not, that conclusion of Mr. Kuroda would not have come out.

 かくして、恐るべき呪の女は、用意の毒薬を服し、線路に横わって、名誉の絶頂から擯斥の谷底に追い落され、獄裡に呻吟するであろう所の夫の幻想に、物凄い微笑を浮べながら、急行列車の轍にかかるのを待ったのである。

Thus, the woman of a horrible curse, who is ready for the poison, lays on the track, is slain from the climax of honor to the valley bottom, to the illusion of her husband, who will embark on prison. I waited to catch the rush of the express car while floating a huge smile.

薬剤の容器に就ては、私は知る所がない。

As for the container of medicine, I have no place to know.

が、物好きな読者が、彼の線路の附近を丹念に探し廻ったならば、恐らくは水田の泥の中から、何ものかを発見するであろう。

However, if a enthusiastic reader has carefully searched for the nearness of his track, he will probably discover anything in the mud of the paddy field.

 彼の夫人の懐中から発見されたという書置については、まだ一言も言及しなかったが、これとても靴跡其他と同様に、云うまでもなく夫人の拵えて置いた偽証である。

I did not mention a single word about the book found in his wife's flashlight, but this is a false testimony that, like the rest of the shoe, is left to the mercy of the wife, of course.

私は書置を見た訳ではないから単なる推測に止まるが、専門の筆蹟鑑定家の研究を乞うたならば、必ず夫人が自分自身の筆癖を真似たものであることが、そして、其処に書いてあった文句は、実に正直なところであったことが、判明するであろう。

I'm not just looking at the bookkeeping, but I'm just guessing, but if I'm going to study a professional pen-eminent appraiser, it's sure that the lady is an imitation of my own writing, and where It will turn out that the phrase written in was really honest.

其他細い点については、一々反証を上げたり、説明を下したりする煩を避けよう。

其 Avoid the bother of disproving and explaining each other's thin points.

それは、以上の陳述によって自から読者諸君が悟られるであろうから。

That is because you will be able to realize yourselves from the above statement.

 最後に、夫人の自殺の理由であるが、それは、読者諸君も想像される様に、至極簡単である。

Finally, the reason for her husband's suicide is as simple as you can imagine.

私が博士の召使××氏から聞き得た所によれば、彼の書置きにも記された通り、夫人は実際ひどい肺病患者であった。

According to what I could tell from Dr. X's servant, as noted in his book, Mrs. was actually a serious lung disease patient.

このことは夫人の自殺の原因を語るものではあるまいか。

Could this not tell the cause of her husband's suicide?

即ち、夫人は慾深くも、一死によって、厭世の自殺と恋の復讐との、二重の目的を達しようとしたのである。

In other words, even if he was jealous, he tried to achieve the dual purpose of suicide of love and revenge of love by a single death.

 これで私の陳述はおしまいである。

This is the end of my statement.

今は唯だ、予審判事――氏が一日も早く私を喚問して呉れることを祈るばかりである。

I'm sorry, now, the pre-judicial person-I pray for him to summon me as soon as possible.

 前日と同じレストランの同じテーブルに、左右田と松村が相対していた。

On the same table of the same restaurant as the previous day, left and right fields and Matsumura were facing each other.

「一躍して人気役者になったね」

"You have become a very popular actor."

 松村が友達を讃美する様に云った。

Matsumura told me to reward her friends.

「ただ、いささか学界に貢献し得たることを喜ぶよ。

"Just rejoice that you could contribute to the academia.

若し、将来、富田博士が、世界の学界を驚かせる様な著述を発表した場合にはだ、僕はその署名の所へ、左右田五郎共著という金文字を附加えることを博士に要求しても差支なかろうじゃないか」

If, in the future, Dr. Tomita published a writing that would surprise the world's academic world, I asked the doctor to add a gold letter called Goro Left and Right to the place of the signature. Isn't it too late? "

 こういって、左右田はモジャモジャと伸びた長髪の中へ、櫛ででもある様に、指を拡げて突込んだ。

In this way, the left and right fields extended their fingers into the long hair of Moja Moja, like a comb.

「然し、君がこれ程優れた探偵であろうとは思わなかったよ」

"But I didn't think you would be such a good detective."

「その探偵という言葉を、空想家と訂正して呉れ給え。

"Please correct the word" detective "with the fancier and give it a pity.

実際僕の空想はどこまでとっ馳るか分らないんだ。

In fact, I don't know how much my fantasies are.

例えば、若しあの嫌疑者が、僕の崇拝する大学者でなかったとしたら、富田博士その人が夫人を殺した罪人であるということですらも、空想したかも知れないんだ。

For example, if the alleged person was not a university student to be worshiped by me, Dr. Tomita might have even imagined that he was a sinner who killed his wife.

そして、僕自身が最も有力な証拠として提供した所のものを、片ッ端から否定してしまったかも知れないんだ。

And I may have denied from one end what I offered as the most powerful proof.

君、これが分るかい、僕が誠しやかに並べ立てた証拠というのは、よく考えて見ると、悉くそうでない、他の場合をも想像することが出来る様な、曖昧なものばかりだぜ。

You know this, the evidence I've arranged in good faith is, as I think about it, it's just so vague that you can imagine other things that aren't so ugly. .

唯だ一つ確実性を持っているのは、例のPL商会の切符だが、あれだってだ、例えば、問題の石塊の下から拾ったのではなく、その石のそばから拾ったとしたらどうだ」

The only thing that has certainty is the ticket of the example PL company, but that is all right, for example, if you pick it up from the side of the stone instead of picking it up from the bottom of the stone block "

 左右田は、よく呑込めないらしい相手の顔を眺めて、意味ありげにニヤリとした。

The left and right fields looked at the face of the other party who seemed to be unable to pay well, and they were glaringly meaningful.

底本:「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」光文社文庫、光文社

Somoto: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 1 A Walk in the Attic" Koubunsha Bunko, Koubunsha

   2004(平成16)年7月20日初版1刷発行

July 20, 2004 First edition 1 print issued

   2012(平成24)年8月15日7刷発行

August 15, 2012 7 edition issuance

底本の親本:「江戸川乱歩全集 第二巻」平凡社

The main book of the bottom book: "Edogawa Ranpo Complete Works Volume 2" Heibonsha

   1931(昭和6)年10月

October 1931 (Showa 6)

初出:「新青年」博文館

First appearance: "New Youth" Hakubunkan

   1923(大正12)年7月

July 1923 (Taisho 12)

※「賛美」と「讃美」の混在は、底本通りです。

※ "Praise" and "Amami" are mixed in Sohondori.

※底本巻末の編者による語注は省略しました。

※ We have omitted the word notes by the editor at the end of the book.

入力:門田裕志

Input: Hiroshi Kadota

校正:岡村和彦

Calibration: Kazuhiko Okamura

2016年9月9日作成

Created on September 9, 2016

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were the ones who took part in input, proofreading and production.