文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

恐ろしき錯誤:江戸川 乱歩(1-55)/627

恐ろしき錯誤

Scary mistake

江戸川乱歩

Edogawa Ranpo

「勝ったぞ、勝ったぞ、勝ったぞ……」

"You win, you win, you win ..."

 北川氏の頭の中には、勝ったという意識だけが、風車の様に旋転していた。

In the mind of Mr. Kitagawa, only the sense of winning was turning like a windmill.

他のことは何も思わなかった。

I did not think of anything else.

 彼は今、どこを歩いているのやら、どこへ行こうとしているのやら、まるで知らなかった。

He didn't know where he was walking and where he was going.

第一、歩いているという、そのことすらも意識しなかった。

First, I was not even aware that I was walking.

 往来の人達は妙な顔をして、彼の変てこな歩きぶりを眺めた。

The people with the strange faces had a strange face and watched his strange walk.

酔っぱらいにしては顔色が尋常だった。

The drunken look was unusual.

病気にしては元気があった。

I was fine for getting sick.

 What ho! What ho! this fellow is dancing mad! He hath been bitten by the tarantula.

This fellow is dancing mad! He hath been bitten by the tarantula.

 丁度あの狂気じみた文句を思い出させる様な、一種異様の歩きぶりだった。

It was a kind of strange walk that reminded me of just that crazy complaint.

北川氏は決して現実の毒蜘蛛に噛まれた訳ではなかった。

Mr. Kitagawa was never bitten by a real poison.

併し、毒蜘蛛にもまして恐ろしい執念の虜となっていた。

At the same time, it has become a trap of horrible obstinateness than poison.

 彼は今全身を以て復讐の快感に酔っているのだった。

He was now drunk with revenge over his whole body.

「勝った、勝った、勝った……」

"I won, I won, I won ..."

 一種の快いリズムを以て、毒々しい勝利の囁きが、いつまでもいつまでも続いていた。

With a kind of pleasant rhythm, the poisonous roar of victory continued forever.

渦巻花火の様な、目の眩むばかりの光り物が、彼の頭の中を縦横無尽に駈けまわっていた。

A dazzling glow, like a swirling fireworks, roamed his head in and out.

 彼奴は今日から、一日の休む暇もなく一生涯、長い長い一生涯、あの取返しのつかぬ苦しみを苦しみ抜くんだ。

From now on he's having a rest for the rest of the day, for a long life, for a long long life, he'll suffer from that irreparable suffering.

あのどうにもしようのない悶えを悶え通すのだ。

I'll make it through the scare that I can not do.

 俺の気のせいだって?

Is it because of my mind?

 馬鹿なっ! 確かに、確かに、俺は太鼓の様な判だって捺してやる。

It's stupid! Certainly, I will forgive even a drum-like format.

彼奴は俺の話を聴いている内に、とうとううっぷして了ったじゃないか。

While he was listening to my story, he might have finally finished.

真青な顔をして、うっぷして了ったじゃないか。

You've got a face that's blue and you've finished off.

これが勝利でなくて何だ。

What ain't this a victory.

「勝った、勝った、勝った」

"I won, I won, I won"

 という、単調な、没思考力の渦巻の間々に、丁度活動写真の字幕の様にこんな断想がパッパッと浮んで来たりした。

During such a monotonous, immersive swirl of thought, such a delusion came to pop like a subtitle of an activity photo.

 夏の空は底翳の眼の様にドンヨリと曇っていた。

The summer sky was cloudy like a bottom eye.

そよとの風もなく、家々の暖簾や日除けは、彫刻の様にじっとしていた。

There was no wind and the warmth and awnings of the houses were like sculptures.

往来の人達は、何かえたいの知れぬ不幸を予感しているとでもいった風に、抜足差足で歩いているかと見えた。

People in the traffic seemed to be walking on the foot of the foot, as if they foresaw the unknown misery they wanted.

音というものが無かった。

There was no sound.

死んだ様な静寂が、其辺一帯を覆っていた。

A dead silence was covering the area around here.

 北川氏は、その中を、独りストレンジアの様に、狂気の歩行を続けていた。

Mr. Kitagawa continued to walk insanely, like Strangelier, among them.

 行っても行っても果しのない、鈍色に光った道路が、北川氏の行手に続いていた。

A dull road that was endless when going there followed a rowman of Kitagawa.

 あてもなく彷徨う人にとって、東京市は永久に行止りのない迷路であった。

Tokyo City has been a never-ending maze for those who do not know.

 狭い道、広い道、真直な道、曲りくねった道が、それからそれへと続いていた。

Narrow roads, wide roads, straight roads, winding roads, and so on.

「だが、何というデリケートな、そして深刻な復讐だったろう。

"But what a delicate and serious revenge.

彼奴のも随分頭のいい復讐だったに違いない。

He must have been a vengeful revenge.

併し、その復讐に対する、俺の返り討の手際が、どんなにまあ鮮かなものだったろう。

At the same time, how good my revenge for the revenge was.

天才と天才の一騎討ちだ。

A genius and a genius avenger.

天衣無縫の芸術だ。

It is an art of heavenly clothing without sewing.

彼奴がその前半を受持ち、俺が後半を受持った所の一大芸術品だ。

It's a great art piece where he gets the first half and I get the second half.

だが、何といっても勝利は俺のものだ。

But after all, victory is mine.

……俺は勝ったぞ、勝ったんだぞ、彼奴をペチャンコに叩きつけて了ったんだぞ」

... I won, I won, I ended up hitting him against Pechanko. "

 北川氏は、鼻の頭に一杯汗の玉を溜めて、炎天の下を飽きずまに歩き続けていた。

Mr. Kitagawa kept a lot of sweat balls in his nose and kept walking under the scum.

彼にとっては、暑さなどは問題ではなかった。

The heat was not a problem for him.

 軈て、時がたつに従って、彼の有頂天な、没思考力な歓喜が、少しずつ少しずつ、意識的になって行った。

As time went by, his ecstatic, immersive, joyous delights became conscious little by little little by little.

 そして、彼の頭には、漸く、回想の甘味を味うことが出来る程の余裕が生じて来た。

And his head finally had enough room to taste the sweetness of reminiscence.

 ――それは三月ぶりの訪問であった。

-It was the first visit in March.

あの事変が起る少し前に逢った切り、二人は今日まで顔を合さなかった。

I cut off a bit before that happened, and they didn't meet until today.

 野本氏の方では、事変の悔み状を出したきり、北川氏の新居を訪ねもしなかったことが、蟠りになっていた。

In the case of Mr. Nomoto, it was indignation that he did not visit Kitagawa's new residence only after having issued a condolence of the incident.

 北川氏は北川氏で、その野本氏の気まずさが反映して、彼の家の敷居をまたぐとから、もう嘔き気を催す程に不快を感じていた。

Mr. Kitagawa was Mr. Kitagawa, who reflected the awkwardness of Mr. Nomoto and felt uncomfortable to the extent that he had already felt dreadful because he straddled the threshold of his house.

 二人は生れながらの讐同志だった。

The two were born to each other.

 同じ学校の同じ科で、机を並べながら、北川氏はどうも野本氏が虫が好かなかった。

In the same department of the same school, while lining up the desk, Mr. Kitagawa did not like insects for Mr. Nomoto.

多分野本氏の方でも、彼をゲジゲジの様に嫌っていたに違いないと、北川氏は信じていた。

Mr. Kitagawa believed that even if he was a multi-sector, he must have disliked him like Gejigeji.