文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

恐ろしき錯誤:江戸川 乱歩(119-161)/627

 へとへとに疲れ切った北川氏は、一先ず友人の家へ引上げて、兎も角も床についた。

Mr. Kitagawa, who was exhausted, was pulled up to his friend's house, and his forts and horns were on the floor.

 その翌日、焼跡の取かたづけをしていた仕事師の鳶口によって北川氏の家の跡から、女の死骸が掘り出された。

The next day, a woman's corpse was excavated from the mark of Mr. Kitagawa's house by Mr. Higuchi who was working to remove burns.

 そして、始めて、妙子が何のためだか、燃え盛る家の中へとびこんで、焼死んだということが分った。

And for the first time, it was discovered that Taeko went into the burning house and burned down for what it was.

 それは実際不思議なことだった。

That was really strange.

 何一つ彼女を猛火の中へ導く様な理由というものがなかった。

There was no reason to bring her into a fiery fire.

変事の為に遠方から集って来た親族の人達の間には、これはきっと、あまり恐ろしい出来事の為に逆上して、気が変になったせいだろうという説が勝を占めた。

Among the relatives who came from afar because of the incident, the theory that this would probably be because they were upset for a horrible event and won't make up a win The

「私の知っているあるお婆さんは、そら火事だというのに、うろたえて了って、いきなり米櫃の前へ行って、丹念にお米を量っては桶の中へ入れていたって云いますよ。

"A certain lady I know is that it's a blaze, so I finished up and suddenly went to the front of the rice bran and carefully weighed the rice and put it in the bowl. Oh.

ほんとうに、お米が一番大切だと思ったのでしょうね。

Indeed, I thought rice was the most important thing.

こんな時には、よっぽどしっかりした者でも、うろたえて了いますからね」

At such times, even if you're a solid person, you'll end up being upset. "

 妙子の母親は、ともすれば、咽び相になるのを堪え堪えして、鼻の詰った声で、こんなことを云ったりした。

Ms. Taeko's mother, having endeared to become a sore throat, said in a stuffy voice.

「可愛い女房が、若い身空で、しかも子供まで残して、死んでしまった。

"A cute wife has died in a young, empty room, even with children.

これ丈けで、もう男の心を打ひしぐには十分過ぎる程十分なんだ。

It's tall enough to be enough to beat a man's heart.

その上に、見るも無慚なあの死に方、……君にあいつの死顔を一目見せて遣りたかった。

On top of that, I saw that innocent death, ... I wanted to show at a glance the dead face of you.

若し、あの死骸を前に置いて、君にこの話が出来るんだったら、まあどんなに深刻な、劇的な効果を収め得た事だろう。

If you could tell this story to you with that corpse in front, how serious and dramatic would it be?

 あいつの死骸は真黒な一つの塊に過ぎなかった。

His corpse was nothing but a black mass.

それは酷たらしいなどというよりは、寧ろ気味の悪いものだった。

It was rather embarrassing rather than cruel.

知らせによって其場へ駈けつけた僕の目の前に転がっていたものは、生れてからまだ一度も見たことのない様な珍らしいものだった。

What was rolling in front of my eyes, who turned me into the field by the news, was such a rare thing that I have never seen it since I was born.

それが三年以来添って来た女房だなどとは、どうしたって考えられなかった。

It was unthinkable that it was a wife who has been with her since three years.

それが人間の死骸だということさえも一寸見ただけでは分らなかった。

It was not clear from just a glance at it even that it was a human being.

目も鼻も、手足さえ判明し兼ねる様な一塊の黒いものだった。

The eyes and nose, and even the hands and feet were a blocky black one.

所々、黒い表皮が破れて、真赤な肉がはみ出していた。

In some places, the black skin was torn and red meat was sticking out.

 君は火星の望遠鏡写真を見たことがあるかね。

Have you ever seen a telescope photo of Mars?

火星の運河だという、あの変な表現派じみた、網の目の様なものを知っているかね。

Do you know that strange expression of the canal of Mars, something like a net of nets?

丁度あの感じだった。

It was exactly that feeling.

真黒な塊の表面が、あんな風にひび割れて、毒々しい真赤な筋が縦横についていた。

The surface of the black block was cracked like that, and there were poisonous red lines in all directions.

人間という感じからは、まるでかけ離れた、えたいの知れぬ物凄い物体だった。

From the feeling of being a human being, it was a remote object, an unknown beggar object to be heard.

僕は、これが果して妙子かしらと疑った。

I doubted that this would be Taeko.

物慣れた仕事師は、僕の疑わしげな様子に気づいたと見えて、その黒い物体のある箇所を指し示して呉れた。

A well-trained worker seemed to notice my suspicious behavior and pointed at a spot where the black object was located.

そこには、よく見ると妙子が昨日まではめていた、細いプラチナの指環が光っていた。

There was a thin ring of platinum that Taeko had put on until yesterday, looking closely.

もう疑って見ようもなかった。

I could not see any more doubts.

 それに、妙子の外には、その夜行方不明になったものは、一人もなかったことも後になって分ったのだ。

Besides, besides Taeko, it was later discovered that there was nothing missing that night.

 だが、こんな死にざまも世間にないことではない。

But this kind of death is not something in the world.

それは随分ひどいことには相違なかったが、それよりも、そんな外面的なことよりも、もっと、もっと、僕の心を苦しめたのは、なぜ妙子が死んだかという疑いだった。

It must have been quite awful, but more than that, even more so than external, it was my doubt about why Taeko died, which bothered me more.

死なねばならぬ様な理由は少しだってありはしなかった。

There was no reason to die.

物質的にも、精神的にも、彼女に死ぬ程深い悩みがあったろうとは、僕にはどうしたって考えられなかった。

I could not think that I had trouble deep enough to die to her, both physically and mentally.

といって、彼女は、不意の出来事に気の狂う程、気の弱い女でもなかった。

However, she wasn't a weak woman as crazy as an unexpected event.

彼女が見かけによらぬしっかり者だということは、君もよく知っている通りだからね。

It's because you know well that she is a solid figure.

仮りに一歩を譲って、彼女は気が狂ったのだとしても、何も態々猛火の中へ飛込んで行く訳がないじゃないか。

Even if she gave up a step by chance, she would be crazy, but nothing could go wrong into the fire.

 そこには何か理由がなくてはならない。

There must be a reason there.

一人の女を、死の危険を冒してまで、燃え盛る家の中へ飛込ませる程重大な理由というのは、それは一体何だろう。

What is the most serious reason to get a woman into the blazing house at risk of death?

夜となく、昼となく、この息苦しい疑いが僕の頭にこびりついて離れなかった。

At night, noon, this stuffy suspicion was clinging to my head.

仮令死因が分ったところで、今更どうして見ようもないと知り乍ら、やっぱり考えないではいられなかった。

Once I knew the cause of the temporary death, I knew that I could not see it now, but I could not but think about it.

僕は長い間かかって、あらゆるあり相な場合を考えて見た。

It took me a long time, thinking about all the odd cases.