文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

恐ろしき錯誤:江戸川 乱歩(162-200)/627

 大切な品物を家の中へ置き忘れて、それを取出す為に、ああした行動を取ったと解するのが、先ず一番尤もらしい考えだった。

First of all, it was the most plausible idea to think that you took the action you did so in order to leave the important goods in the house and take it out.

 併し、どんな大切な品物を彼女が持っていたのだろう?

At the same time, what kind of important goods did she have?

 僕は、妙子の身のまわりの細い点などには、まるで注意を払っていなかったので、その持物なども、何があるのか、ちっとも知らなかった。

I did not pay attention to the thin points around Taeko, so I didn't know at all what I had.

しかし、あの女が命にも換えられぬ様な大切な、品物を持っていたとも考えられないじゃないか。

However, it may not be thought that the woman had an important item that can not be converted into a life.

そんな風に、他の色々な理由を想像して見ても、皆可能性に乏しいのだった。

That's why all the possibilities were scarce, even if I imagined various other reasons.

僕は遂には、これは死人と共に永久に甦る事のない疑問としてあきらめる外はないのかと思った。

I finally thought that this could only be given up with the dead as a question that would never be heard forever.

dead secret という言葉があるが、妙子の死因は文字通りの dead secret だった。

Although there is a word "dead secret", Taeko's cause of death was literally dead secret.

 君は盲点というものを知っているだろう。

You will know what blind spots are.

 僕は盲点の作用程恐ろしいものは無いと思うよ。

I don't think there is anything frightening about the effects of blind spots.

普通盲点といえば、視覚について用いられてる言葉だが、僕は、意識にも盲点があると思う。

Generally speaking, blind spots are words used for vision, but I think there are blind spots in consciousness.

つまり、云わば『脳髄の盲点』なんだね。

In other words, it is "a blind spot in the brain".

何でもないことを不図ど忘れすることがある。

There are times when something is forgotten.

最も親しい友達の名前が、どうしても思い出せない様なことがある。

Sometimes I can not remember the name of my closest friend.

世の中に何が恐ろしいといって、こんな恐ろしいことはないと思うよ。

I do not think that such a horrible thing is said to be horrible in the world.

僕はそれを考えるとじっとしていられない様な気がする。

I feel like I can not stand still when I think about it.

例えば、僕が一つの創見に富んだ学説を発表するとする。

For example, suppose that I present a theory rich in one discovery.

その場合、その巧みに組立てられた学説のある一点に『脳髄の盲点』が作用していたとしたらどうだ。

In that case, what if the “brain spinal blind spot” was acting on one point of the skillfully constructed theories?

一度盲点にかかったら、何かの機会でそれをはずれるまでは、間違いを間違いだと意識しないのだからな。

Once you get to a blind spot, you won't realize that you are wrong until you get it off on some occasion.

僕等の様な仕事をしているものには殊に、盲点の作用ほど恐ろしいものはない。

In particular, there is nothing as dreadful as the effect of blind spots on those doing work like ours.

 ところが、どうだろう。

But what about?

あの妙子の死因が、どうやら僕の『脳髄の盲点』に引掛っている様な気がし出したのだ。

I felt that Taeko's cause of death was apparently hooked on my "brain blind spot".

どうも不思議だと思う反面には、これ程よく分ったことはないじゃないかと、何者かが囁いているんだ。

On the other hand I think it's strange, somebody wonders if you haven't understood so well.

ぼんやりした、何だか分らないものが『私こそ奥さんの死因なんですよ』と云わぬばかりに、そこにじっとしているんだ。

It's a vague, incomprehensible thing, "I'm the cause of my wife's death."

併し、もう一寸で手が届くという所まで行っていて、それから先は、どうにもこうにも考え出せないのだ」

At the same time, I'm going to reach a place where I can reach in just one more dimension, and I can't really figure it out from that point on.

 北川氏は予定通り、寸分も間違えないで話を進めて行った。

As planned, Mr. Kitagawa went on talking without making a mistake.

あせる心をじっと抑えて、結論までの距離をなるだけ長くしようとした。

I tried to keep my heart down and to make the distance to the conclusion as long as possible.

そして、丁度子供が蛇をなぶり殺しにする時の様な快感で、野本氏の苦悶する有様を眺めようとした。

And he tried to look at Mr. Nomoto's distressing condition with pleasure just like a kid killing snakes.

一寸だめし五|分だめしに、チクリチクリと急所を突いて行った。

One point dumping 5 | I went to the point to go to the point where I was nervous.

 この愚痴っぽい、何でもない様な長談義が野本氏にとっては、どんなに恐ろしい責め道具だかということを、彼はよく知っていた。

He was well aware of how terribly embarrassing, ominous, long-handed sense of nostalgia, for Mr. Nomoto.

 野本氏は黙って彼の話を聴いていた。

Nomoto silently listened to his story.

 初めの内は「うん」とか「成程」とか受答えの言葉を挟んでいたが、段々物を云わなくなって行った。

In the beginning there were words like "Yeah", "Seijo" and "Answer", but I went without saying anything.

それは退屈な話に飽き飽きしたという風にも見えた。

It also seemed like being bored with boring stories.

 併し、北川氏は、野本氏は怖れの為に口が利けなくなったのだと信じていた。

However, Mr. Kitagawa believed that Mr. Nomoto could not speak because of fear.

うっかり口を利けば、それが恐怖の叫声になりはしないかという虞れの為に、黙っているのだと信じていた。

I believed that if I used my mouth, I was silent because I was afraid that it would be a cry of fear.

「ある日、越野が訪ねて呉れた。

"One day, Koshino came and visited.

越野は近所に住んでいたばかりに、火事の手伝いから避難所まで引受けて、随分面倒を見て呉れたんだが、その日はその日で妙子の死因について非常に重大なサゼッションを与えて呉れたのだった。

Koshino just lived in the neighborhood, and I was taken from the fire aid to the shelter, and I took care of it for a long time, but on that day I was given a very serious suggestion about the cause of Taeko's death. .

越野の話によると、それはある目撃者から聞いたんだ相だが、妙子はあの時、何か大声に喚きながら、燃え盛る家の前を、右往左往に駈け回っていたって云うんだ。

According to Koshino's story, it was a phase I heard from some witnesses, but at that time, Taeko shouted in a loud voice, saying that he was wandering around in front of the burning house.

あたりの騒音の為に、それが何を喚いているのか聞取れなかったが、何か非常に重大なことだったに違いないって、その男が云った相だ。

Because of the noise of the area, I could not hear what it was saying, but it must have been something very serious, the phase said by the man.

現場に働いている人達も、死にもの狂いで奮闘している際ではあり、誰れも、妙子の妙な動作には気附かなかったらしいんだが、そうしている内に、どこからともなく、一人の男が現われて、妙子の側へ近寄って行った相だ」

The people who are working on the scene are also in a state of struggle for death and no one seems to have been aware of Myoko's strange movements, but while doing so, from nowhere, alone 'S man appeared, and it was the phase which approached to the side of Taeko. "