文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

恐ろしき錯誤:江戸川 乱歩(240-285)/627

 君、これはきっと、浮ばれぬ妙子の魂が、どっかから、僕の胸へ囁いたんだね。

You're sure this is the spirit of the unspoiled Taeko, from somewhere, it came to my heart.

『坊や、坊や』という妙子の声を想像すると、突然僕は烈しいショックに打たれた。

Suddenly, I was struck by a fierce shock when I imagined the voice of Taeko, "Booh, boyya".

そうだ。

That's it.

それに違いない。

It must be.

……妙子を猛火の中へ飛び込ませる程の偉大な力はこの『坊や』の外には持っていないのだ。

...... I do not have the great power to make Meiko jump into the fire outside of this little boy.

……一度盲点が破れると、長い間せき止められていた考が海嘯の様にほとばしり出た。

...... Once the blind spot was broken, the thought that had been blocked for a long time came out like a seaweed.

 あの時、僕が第一に、子供を連れて友達の家に避難したことを妙子は知らなかったかも知れない。

At that time, in the first place, I may not know that I took my child and evacuated to a friend's house.

あの場合そうしたことは、あり得ないことじゃない。

In that case that is not impossible.

僕は飛び起ると直ぐ様子供を抱えて走り出しながら、床の上に起上って身繕いしている妻に、『早く逃げろ、子供は俺が連れて行くぞ』と呶鳴ったのだった。

As soon as I jumped up, while running out with a child like this, my wife who climbed up on the floor and was crawling rang, saying, 'Flee fast, I'll take the child.' .

併し、それが果して、顛動していた妙子の耳に通じたかどうか。

At the same time, whether or not it reached the ear of Taiko who had been upset.

何を考える暇もなく、本能的に飛び出したあとで、始めて子供のことに気づいたという様なことではあるまいか。

After leaving instinctively without having time to think about anything, it might not be the case that you first noticed a child.

そして、『坊や、坊や』と叫びながら、家の前をうろついていたのではあるまいか。

And I wondered if I was crawling in front of the house while shouting, "A boy, a boy."

ああいう異常な場合には、ふだんとはまるで違った心理作用が働くものだ。

In such abnormal cases, usually, different psychological effects work.

その証拠には、僕自身にしても、二度目に、荷物を運んで、越野の家へ走っている間に、『はてな、子供はどうしたかしら』という考で、幾度となく心臓をドキドキさせた位だもの」

The proof is that, for the second time, even when I am carrying my luggage and running to Koshino's house, I have my heart pounding again and again with the thought “Hello, how are the children going?” What's wrong? "

 北川氏は、ここで少し言葉を切って、その効果を確める様に野本氏の様子を伺った。

Mr. Kitagawa made a few words here and listened to Mr. Nomoto in order to confirm the effect.

 そして、野本氏が一層蒼ざめて、歯を食いしばっているのを知ると、満足らしく肯いて、話を最も肝要な点に進めて行った。

And when he learned that Mr. Nomoto was biting his teeth further, he was satisfied with his satisfaction and proceeded to the most important point.

「ここにある一人の執念深い男があって、ある女に深い恨みを抱いていたと仮定する。

"It's assumed that there is an obstinate man here and a deep remorse for a woman.

男はどうかして、その恨みをはらそうと執念深く機会を狙っている。

The man somehow aims at the opportunistic opportunity to release the grudge.

すると、ある時その女の家が火事に逢う。

Then one day the woman's house gets a fire.

どうかした都合で、その場に居合せた男が、女の一家が焼け出される有様を小気味のいいことに思って眺めている。

For some reason, a man who was present on the spot is watching for thinking that a woman's family will be burned out to a good point.

ふと見ると、女が『坊や、坊や』と叫びながら家の前をうろついている。

Suddenly, a woman roamed in front of the house, shouting, "Bo, mo".

男の頭にあるすばらしい機智が浮ぶ。

The wonderful wisdom in the head of a man comes to mind.

このチャンスを外してなるものかと思う。

I think it is something that will break this opportunity.

 男はやにわに女の側に近寄って、催眠術の暗示でもかける様に、『坊ちゃんはね、奥座敷に寝ていますよ』と告げる。

A man comes close to the woman sideways and tells him, "I'm sleeping in the back room, I'm going to sleep in the back room," as it suggests hypnosis.

そして、す早くその場を逃げて了う。

And I'll run away from the spot as soon as possible.

何という驚くべき、インジニアスな復讐だろう。

What a surprising, ingenious revenge.

ふだんなら、誰だってこんな暗示にかかりはしないだろう。

Normally, no one would fall for such a suggestion.

併し、気も狂わんばかりに、子供の身の上を気遣って逆上している、あの際の母親を殺すには、それは飛び切りのトリックだった。

At the same time, it was a fly-off trick to kill the mother who was upset, caring and upset with the child's body.

僕は忿怒に燃え立ちながらも、その男のすばらしいウイットに感心しない訳には行かなかった。

I was in a rage, but I could not but admire the man's wonderful wit.

 僕は今まで、絶対に証拠を残さない様な犯罪というものが、あり得ようとは思わなかった。

Until now, I have never thought of a crime that would never leave evidence.

だが、その男の場合はどうだ。

But how about that man?

どんな偉い裁判官だって処罰のしようがないではないか。

How great a judge is not to punish you?

死人の外には誰れも聞かなかったであろうその囁きが、何の証拠になるだろう。

What evidence is that anointing that no one would hear outside the dead?

それは、その男の行動を怪しんで、記憶に留めている幾人かの人はあるかも知れない。

It may be suspicious of the man's behavior, and there may be some people who keep in mind.

併し、そんなことが何になるものか。

At the same time, what will that be?

友達の細君の不幸を慰める為にその側へよって口を利くということは、至極あたり前のことだからね。

Being able to speak by that side to comfort the misery of my friend Minato is a matter of course.

仮りに一歩を譲って、その囁きが誰かに洩れ聞かれたとしても、それはその男にとってちっとも恐ろしいことじゃない。

Even if you give up a step and someone hears the affair, that is not terribly frightening for the man.

『私は真実そう信じて云ったまでのことです。

"I have been to believe so in truth.

その為に、奥さんが火の中へ飛び込んで、自分で自分を焼き殺したって、それは私の知ったことじゃありません。

Therefore, my wife jumped into the fire and burned herself by myself, which is not what I knew.

あなたは、そんな狂気じみたことを私が予期して居ったとでも仰有るのですか』そういえば立派に申訳が立つではないか。

Do you still say that I was expecting such a crazy thing? "

何という恐ろしい企みだ。

What a horrible scheme.

その男は確かに人殺しの天才だ。

The man is certainly a genius of murder.

エ、そうじゃないか、野本君」

Oh, you're not, Mr. Nomoto. "

 北川氏は、ここでもう一度言葉を切った。

Mr. Kitagawa cut words again here.

そして、これから愈々俺の復讐を実行するのだぞと云わぬばかりに、ペロペロと脣を嘗め廻した。

And I said that I would do my revenge from now on, and I gave up Perello and the wolf.

 彼は、半殺しの鼠を前にした猫の様に、如何にも楽しそうに、物凄い目つきで野本氏の顔をジロジロ眺めるのだった。

He looked at the face of Mr. Nomoto with a dignified look, looking like a cat with a half-killed moth in front of him, looking at Girojiro's face.