文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

恐ろしき錯誤:江戸川 乱歩(323-371)/627

 それ以来彼は余り物を云わなくなった。

Since then he has not said much.

これまでの様に友達の家を遊び廻らなくなった。

I have stopped playing with my friend's house as before.

彼は唯、学問に没頭することによって、僅かに遣る瀬ない失恋の悲しみを紛らそうとした。

He was only trying to mislead the sadness of a broken heartbreak, which he spent a little by concentrating on learning.

北川氏はそれらの事情を知り過ぎる程よく知っていた。

Mr. Kitagawa knew enough about those circumstances.

野本氏が其後今日に至るまで妻帯しないことが、彼の失恋の悲しみが如何に烈しいものだったかを証拠立てていると思っていた。

It was thought that the fact that Mr. Nomoto had not been married until today is evidence of how intense the sadness of his broken heart was.

それ丈けに彼と野本氏との間柄は、表面は同窓の友として附合っていたけれども、実は可成気拙いものになっていた。

Although he was closely associated with him as a friend of the same window, he was actually a mature and ugly one.

 そうしたいきさつを考えると、野本氏があの様な復讐を企てるというのも随分尤もなことだったし、北川氏がそれを疑う心持も、決して無理ではなかった。

Considering such a history, it was quite possible that Nomoto would attempt revenge like that, and it was not impossible for Mr. Kitagawa to doubt that.

 さて、北川氏という男は、前にも一寸|言及んだ様に、少し変り者だった。

By the way, the man named Kitagawa was a little stranger as I mentioned before.

 社交的な会話、洒落とか常談とかいうものは、まるで駄目だった。

Sociological conversations, fallouts and side talks were all bad.

彼はユーモアというものをてんで解しない様な男だった。

He was a man who didn't understand humor.

併し議論などになると、可成雄弁に喋った。

At the same time, when he came to debate, he fell in love with the affair.

彼は何か一つの目的が極まらないことには何もする気になれぬらしかった。

He was unwilling to do anything to do something beyond one goal.

その代り、これと思い込むと、傍目もふらず突き進む方だった。

Instead, I thought it would be a way to move forward without a glance.

そういう時は、目的以外の事にはまるで盲目になって了った。

At that time, I was completely blinded except for the purpose.

この性質があればこそ、彼は学問にも成功した。

With this nature, he also succeeded in learning.

不得手な恋にさえ成功した。

Even a poor love succeeded.

 彼は二つの事を同時に念頭に置くことの出来ないたちだった。

He could not keep two things in mind at the same time.

 妙子を得るまでは妙子の事の外は何も考えなかった。

Until I got Taeko, I didn't think about anything outside of Taeko.

妙子を得て了うと、今度は学問に熱中した。

When I finished getting Taeko, I was passionate about learning.

あれ程執心だった妙子を独りぼっちに抛ったらかして学問の研究に没頭した。

I was devoted to the study of learning if I fell in love with Taeko, who was so much obsessed.

そして、今や妙子の死に会するに及んでは「可哀相な妙子」のことの外は何も考えられぬ彼であった。

And now, in order to meet the death of Taeko, it was he who can not think anything other than "a sloppy Taeko".

野本氏に対する復讐についても彼は狂的に熱中した。

He was crazy about revenge against Mr. Nomoto.

そして、その目的を果すと狂的に歓喜した。

And I was enthusiastically delighted when I achieved that purpose.

 凡てが極端から極端へと走った。

All ran from extreme to extreme.

 彼は一つ間違うと気違いになり兼ねぬ様な素質を多分に持っていた。

He was possessed of the kind of character that would be mad if he made a mistake.

いや、現に、妙子の死因についてのある突飛な想像、野本氏に対するあの奇怪なる復讐、それらは北川氏の正気を信ずるには余りに気違いじみた思想ではなかったか。

No, actually, there were some strange imaginations about Taeko's cause of death, that bizarre revenge against Mr. Nomoto, were they not too mad to believe in Kitagawa's sanity?

 併し、北川氏は彼の想像の適中を固く信じていた。

At the same time, Mr. Kitagawa firmly believed in his imagination.

そして、その信念が今確証されたのであった。

And that conviction was now confirmed.

 讐と狙う野本氏は見事に北川氏の術中に陥って、彼の目の前に、あさましい苦悶の姿を曝したのであった。

Mr. Nomoto, who aims at acupuncture and moxibustion, was beautifully trapped in Kitagawa's art and exposed the appearance of a painful agony in front of him.

 北川氏の話は、やっと長々しい前提を終って、復讐の眼目に入るのだった。

Mr. Kitagawa's story finally came to an eye of revenge, after a long presumption.

「その男の恐ろしい復讐には少しの手落ちもなかった。

"The man's horrible revenge had no defeat.

仮令それを推量することは出来ても、それは推量の範囲を一歩だって越えることは出来ないのだ。

Even if you can guess it, it can not go beyond the scope of guessing in one step.

お前はこういう罪を犯したではないかと責めたところで、対手がそれに服しなければ、どうにもしようがないのだ。

When you accuse you of having committed such a crime, if your opponent does not wear it, you can not help it.

僕は唯その男の機智に感じ入って、じっとしている外はなかった。

I felt only in the man's wisdom, and I was not alone.

対手は分っている。

I know the opposition.

而かもそれを責める方法がない。

There is no way for you to blame it.

こんな苦しい、変てこな立場があるだろうか。

Is there such a difficult, strange position?

だが、野本君、安心して呉れ給え。

But Nomoto, you should feel safe and be happy.

僕はとうとうその男をとっちめる武器を発見したんだ。

At last I found a weapon that would fix that guy.

けれど、それは僕にとって何という残酷な武器だったろう。

But what a cruel weapon for me.

 僕が発見した事実というのは、その男を苦しめると同時に僕を苦しめる。

The facts I have found bother me and the man at the same time.

それを復讐の手段に用いる為には、先ず僕自身が対手と同様の苦しみを嘗めた上でなければ、役に立たない様な種類のものだった。

In order to use it as a means of revenge, it was a kind of useless that I had to give up on the same pain as my opponent first.

僕は、あの、讐に毒饅頭を食わせる為に、先ず自から命を的にその一片を毒見した昔の忠臣の話を思出した。

I first recalled the story of an old loyalist who had poisoned a piece of his own life in order to feed that poison wharf with his niece.

敵を斃せば自分も滅びる、自分が先ず死なねば対手を殺すことが出来ない。

If you forgive the enemy, you will die, but you can not kill the opponent if you die first.

何という恐ろしい死にもの狂いな復讐だろう。

What a horrible death, a crazy revenge.

 だが、昔の忠臣の場合はまだいい。

But in the case of the old loyalties it is still good.

彼は復讐を思い止まりさえすれば、身を殺す必要はなかったのだ。

He didn't have to kill himself if he could stop revenge.

ところが、僕の場合は、復讐をしようがしまいが、そんなことに関係なく、その恐ろしい事実は、一刻一刻鮮明の度を加えて僕に迫って来るのだった。

However, in the case of me, I tried revenge, but regardless of such a thing, the horrible facts came close to me with a degree of vividness every moment.

始めの間はボンヤリしたあるかなきかの疑だったものが、徐々に、ほんとうに徐々に、事実らしくなって行った。

During the beginning, things that had been confusing for a while were gradually gradually becoming true.