文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

恐ろしき錯誤:江戸川 乱歩(464-507)/627

『これ程自分を思って呉れた人を、俺はこの上もない残酷な手段で焼殺して了ったのだ』奴は取り返しのつかぬ失策に、毎日毎日嘆き悶えることだろう。

"I've burnt down a person who so much thought of myself so much, in a very cruel way," he will be grieving daily every day for his irrevocable failure.

こんな気味のいい復讐があるだろうか、何という申分のない手際だろう。

I wonder if there is such a vile revenge, what a perfect treat.

流石は北川だ。

The point is Kitagawa.

お前は偉い。

You are great.

お前の頭は、日頃お前が信じている通り、実にすばらしいものだなあ」

Your head is, as you always believe, really wonderful. "

 北川氏の歓喜は勝利の悲哀に転ずる一刹那前のクライマックスに達していた。

Mr. Kitagawa's delight had reached the climax of the last moment before turning into a sorrow of victory.

 彼は今、歩きつづけながらベースボールの応援者達が、「フレー、フレー、何とかあ」

He continues to walk now, while supporters of baseball, "fleece, flee, somehow"

 と喚いて躍り上る時の様に、躍り上った。

Like the time when you jumped up, it jumped up.

そして、気違いの様に涎を垂しながら、ゲラゲラと笑った。

Then, she laughed with a guerrilla while dripping like a mad.

夥しい汗が、シャツを通して、薩摩上布の腰のあたりをべっとりと湿していた。

A lonely sweat moistened the waist of the Satsuma upper cloth through the shirt.

真赤に充血した顔からは、ぽとりぽとりと汗の雫が垂れていた。

From the reddened face, there was a drip of sweat and sweat.

「ワハハハハハハハハハハハハ、何という馬鹿馬鹿しい、子供だましなトリックだ。

"Waha ha ha ha ha ha ha ha ha ha, what a foolish, kid-friendly trick.

野本先生まんまとしてやられたね。

Nomoto-sensei was treated as normal.

エ、野本先生」

Oh, Mr. Nomoto "

 彼は大きな声でこう呶鳴った。

He rang loudly.

 さて、北川氏が野本氏に話したことは、実は前の半分丈けがほんとうで、後半分は彼の復讐の為に考え出した一つのトリックに過ぎないのだった。

Well, what Mr. Kitagawa talked to Mr. Nomoto was, in fact, a half-length injury before, and the other half was only one trick that he had devised for his revenge.

 彼が妙子の死を悲しんだことは、実際野本氏に話した幾層倍か知れなかった。

That he was sad about Taeko's death was, in fact, several times as many as he told Nomoto.

 彼女が死んでから半月計りというものは、学校の方も休んで了って――それが彼の職業だった――夜の目も寝ずに泣き悲しんでいた。

Half-monthly counting after she died, the school was also absent--it was his job--we were crying and gloomy without sleeping at night.

「ママ、ママ」と母親の乳を尋ねる幼児と一緒になって泣いていた。

She was crying with "Mom, Mom" and a toddler asking her mother's milk.

 越野氏――あの火事の時に深切に手伝って呉れた越野氏が、彼の新居へやって来て、妙子の死因についてある暗示を与えたまでは、彼は彼女の死を疑う余裕さえない程、唯訳もなく悲嘆に暮れていた。

Mr. Koshino-Mr. Koshino, who helped in the deep fire at the time of the fire, came to his new home and gave him some hints about Taeko's death before he could not even doubt her death. I was unhappy and grieved.

 だが一たび越野氏の話を聞くと、彼は例の一本調子になって、悲しみを打忘れて復讐に熱中し出した。

However, once he heard Mr. Koshino's story, he became single-minded and forgot his grief and became passionate about revenge.

夜となく昼となく、彼は対手の残酷な復讐に対する返り討ちの手段のみを考えた。

Late at night and late at night, he considered only a means to avenge his brutal revenge.

 それは可成困難な仕事だった。

That was a difficult task.

第一、対手が誰であるか、それすら分らなかった。

First, I did not even know who the opponent was.

北川氏は越野氏が火事場で野本氏に逢った様に話したけれど、あれも作りごとだった。

Mr. Kitagawa talked that Mr. Koshino met Mr. Nomoto at the fire, but that was also his creation.

なる程、越野氏は見覚えのある男に逢ったと云った。

Mr. Koshino said that he had met a familiar man.

そして、その男が如何にも彼の目を怖れる様に人混みの中へ隠れて了ったとも云った。

And he said he had finished hiding in the crowd as he was afraid of his eyes.

 それが誰であったか、越野氏はよく見別ける暇がなかったのだった。

Mr. Koshino had no time to discern him well who he was.

「何でも、学校時代に親しく往き来した友達の一人なんだ。

"Everything is one of my friends who came back to school.

何にしろ、あの騒ぎで、気が転倒している際だったから、ハッキリしたことは云えないが、野本か、井上か、松村か、つまり、あの時分君の書斎へよく集った連中の一人だと思うんだがね。

Anyway, it was a moment when I was falling by the noise, so I can not say that I was not clear, but Nomoto, Inoue, Matsumura, that is, those who often gathered in your study at that time. I think you are alone.

野本のようでもあり、井上の様でもあり、そうかといって、松村でなかったとも断言し兼ねるが……とも角その三人の中の誰れかに相違ないのだけれど、どうしても思い出せない」

It's like Nomoto, Inoue, and I can say that I wasn't Matsumura, but I'm sure it's one of the three people in the corner, but I just can't remember. "

 越野氏はこんな風に云った。

Mr. Koshino said something like this.

 先ず相手から探してかからねばならないのだった。

First I had to look for it from the other party.

若し、間違った対手に復讐する様なことがあったら、取り返しのつかぬことになる。

If there is anything wrong with revenge against the wrong hand, it will be irrevocable.

それに、仮令対手が分ったとしても、余りに巧妙な遣り口にどうにも手のつけ様がないではないか、北川氏自身野本氏に白状した通り、それは絶対に証拠のない犯罪だった。

Besides, even if Mr. Goh did not know how to deal with such a clever opening, even as Mr. Kitagawa himself confessed to Mr. Nomoto, it was absolutely a crime without evidence.

純粋に心理的なものだった。

It was purely psychological.

つまり、そこには二重の困難が横わっていたのだった。

In other words, there were double difficulties lying there.

 幾日となく、そればかりを考えている内に、北川氏の頭に、ふとすばらしい名案が浮んだ。

A few days ago, while thinking about it, Mr. Kitagawa's head came up with a wonderful idea.

それは法律に訴えることでは無論なかった。

It was no doubt that it appealed to the law.

だといって、暴力を以て私刑を行うのでもなかった。

However, it was not a prison sentence for violence.

それは、復讐者は絶対に安全で、しかも、相手には、政府の牢獄や、そんな私刑の苦痛にもまして、深い、強い打撃を与え得る様な方法だった。

It was such a way that the avenger would be completely safe and, in addition, be able to hit the other side with a deeper, stronger blow than the government's prison or the pain of such a prison sentence.

そればかりでなく、もっといい事には、その方法による時は、態々真犯人を見出す面倒のないことだった。

Not only that, but the better thing was that when it was that way it was not bother to find the true culprit.

嫌疑者の凡てに、それを実行しさえすればよいのだった。

It was enough for all the suspects to do it.

 真の犯罪者には此の上もない苦痛を与えるけれども、他の者は何等の痛痒も感じない方法だった。

It was a way to give true criminals pains not insulting, but others did not feel any pain.