文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

恐ろしき錯誤:江戸川 乱歩(508-552)/627

 妙子が残して行った金メダルと、学生時代に、同じクラスの者が集って写した四つ切りの写真とが、その材料だった。

The materials were the gold medals left by Taeko and the four-part photographs taken by people from the same class during school days.

 北川氏は先ずその金メダルと同じものを二つ作らせた。

Mr. Kitagawa first made two of the same gold medals.

そして、都合三つの、寸分違わないメダルが揃うと、今度はその中へ、夫々、野本氏、井上氏、松村氏の写真を、顔の所だけ切り抜いて貼りつけた。

Then, when the three inconspicuous medals were ready, I cut out the photos of Nomoto, Inoue and Matsumura, and put them in the face.

 何という簡単な準備だ。

What a simple preparation.

これであの重大な仇討が出来ようとは。

Let's do something serious about this.

「併し、対手のトリックは、もっと簡単でしかも自然だったではないか。

"But, isn't it a simple and natural trick?

世の中には、極めて些細な原因が、非常に重大な結果を招くことがあるものだ。

In the world, extremely minor causes can have very serious consequences.

このつまらないメダルと、古ぼけた切抜き写真が、一人の人間の一生の運命を左右する偉大な力を持っていないと誰れが断言出来るだろう。

Anyone can say that this trivial medal and the old-fashioned cut-out picture do not have the great power to decide the fate of one person's life.

 野本にしろ、井上にしろ、松村にしろ、この金メダルを見忘れている筈はない。

Nomoto, Inoue, Matsumura, There are no traps that have forgotten to see this gold medal.

殊にこの蓋の表面のヴィーナスの浮彫りは、あの頃俺の室へ来た程の青年達が皆熟知している筈だ。

In particular, Venus's relief on the surface of the lid is a habit known to the youths who came to my room at that time.

彼等が妙子の噂をし合う時には、いつもその本名を呼ぶ代りに、メダルの模様から思いついた『ヴィーナス』という渾名を使っていた程ではないか。

When they talk about the story of Myoko, instead of always calling his real name, isn't it enough to use the nickname "Venus" which came up from the design of the medal.

今若し、彼等の内の誰かが、妙子の手文庫の底深く秘めていた、このメダルの中に、自分の写真が貼付けてあったと知ったなら、どんなに狂喜することだろう。

Now how young would it be if someone inside them knew that their picture had been pasted in this medal, which was hidden deep in the bottom of the Taeko handbook.

と同時に若しその誰かが、妙子を焼殺した本人だったら、その男の悲痛はまあどれ程だろう」

If at the same time someone was the person who killed Taeko, how much would he be sorrowful?

 実を言えば、越野氏の教えて呉れた三人の中では、北川氏は野本氏を最も疑っていた。

As a matter of fact, Mr. Kitagawa was the most suspicious of Mr. Nomoto among the three who were taught by Mr. Koshino.

だが、他の二人とても妙子に無関心であった筈はないのだから、疑って疑えないことはなかった。

However, there was no doubt that the other two were very indifferent to Myoko, so I had no doubts.

そこで、最も嫌疑の重い野本氏を最後に残して、先ず、井上、松村の両氏に、北川氏|自から名案と信ずる、このメダルのトリックを試みることにしたのだった。

So, leaving Mr. Nomoto, who is the most serious, at the end, I decided to try a trick of Inoue and Matsumura, who believes in a good idea from Mr. Kitagawa.

 併し、両氏共、メダルを取出すまでもなく、その無実が明瞭になった。

However, both innocence became clear without having to take out the medal.

 彼等は申合せた様に、北川氏の変てこな話を聴くと、気の毒だという表情をした。

As they agreed, when they heard Mr. Kitagawa's strange story, he felt that it was a pity.

そして、

And

「君は細君に死なれて、少しとりのぼせているに相違ない。

"You must have died a bit, you must be a bit confusing.

そんな馬鹿馬鹿しいことがあってたまるものか、君はもっと気を落着けなくちゃいけない。

You have to be more careful if you have such stupid things.

まあまあそんなつまらない話は止しにして、さあ一杯やり給え」

So let's just stop talking about such a boring thing, so let's do our best.

 という様な調子で、他意もなく慰めてくれるのだった。

With such a tone, it comforts me without any other intention.

彼等の表情には、犯罪者の疑懼などは影さえも差さなかった。

The suspects of the offender did not even cast a shadow on their faces.

 北川氏は少なからず失望した。

Mr Kitagawa was a little disappointed.

「俺の考は、そんなに狂気じみているのかしら、若しかすると、これは彼等が云う様に、まるで根も葉もない妄想に過ぎないのではあるまいか。

"Well, my thoughts are so crazy, but as young they say, this is just a delusion with no roots or leaves.

 だが、まだ野本が残っている。

However, there is still no book left.

俺は最初から彼奴をこそ目ざしていたのではないか。

Aren't I aiming at him from the beginning?

兎も角も最後までやって見なければ」

I have to look at the end of my bag and my horn too "

 こうして、彼は今日野本氏を訪れたのだった。

Thus, he visited Nomoto today.

そして、予期以上の見事な効果を収めたのだった。

And, it had a wonderful effect than expected.

彼が狂者の様に歓喜したのは決して無理ではなかった。

It was not impossible for him to be delighted like a madman.

 北川氏は二時間余りも、汗でベトベトになって歩き続けていた。

Mr. Kitagawa has been sweating and walking for more than two hours.

ふと、時計を見ると、夏の日はまだ暮れるに間があったけれど、時間はもう夕食時を過ぎていた。

When I looked at the clock, summer day was still late, but time had already passed for dinner.

彼は漸く我に返った様に、今度は方向を定めて歩き出した。

As he finally returned to me, he walked out in a fixed direction.

 一日の興奮で疲れ切ったからだを、郊外電車に揺られながら、家にたどりつくと、彼はもう何をする気にもなれなかった。

When I reached home while being swayed by a suburban train because I was exhausted from the excitement of the day, he was no longer interested in doing anything.

すぐに床をとらせて、ぐったりと横になると、間もなく、快い鼾声が、今日の勝利に満足し切った彼の喉から、ゆったりしたリズムを以て、洩れて来るのだった。

As soon as I let it go to bed and lie down, a pleasant hoarse voice leaked out of his throat, satisfied with today's victory, with a relaxed rhythm.

 翌日、北川氏が眼を醒したのは、十時に近い頃だった。

The next day, Mr. Kitagawa woke up at around 10 o'clock.

熟睡の後の快い倦怠が、彼を殊更らいい心持にした。

The pleasant absence after a deep sleep made him especially happy.

彼は起上ると、寝衣のまま書斎へ入って行った。

When he got up, he went to study as he was in bed.

そこには甘い回想の材料が彼を待っていた。

There was sweet reminiscence material waiting for him.

野本氏の手に残して来たのと寸分違わない、二つの金メダルが、書物机の抽斗の中に待っていた。

Two gold medals waiting in the hand of Mr. Nomoto were waiting in the drawer of the book desk.

 彼はそれを取出して愛撫する様に眺めるのだった。

He took it out and watched to caress.

 始めの計画では、野本氏の所ばかりでなく、井上氏や、松村氏の所へも、それを残して来る積りだった。

In the first plan, not only Mr. Nomoto, but Mr. Inoue and Mr. Matsumura also had a lot of things to leave.

若し三人の内、誰が犯罪者だか判別しかねる様な場合には、どうしても一人に一つ宛メダルを残して来る必要があった。

If it was impossible to determine who was the offender among the three, it was necessary to leave one addressed medal for one person.