文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

二癈人:江戸川 乱歩(83-110)/282

 朝眼を覚して見ますと、私の枕下に見知らぬ懐中時計が置いてあるではありませんか、妙だなと思っている内に、同じ下宿にいた、ある会社員の男が『時計がない、時計がない』という騒ぎなんでしょう。

When I woke up in the morning, I saw a strange pocket watch under my pillow, or while thinking that it was strange, a man from a company employee who was in the same boarding room said, "I have no watch. There is no clock, I wonder.

私は、『さては』と悟ったのですが、何とも極りが悪くて謝りに行くにも行けないという始末です。

I realized "Well done", but it is a misunderstanding that I can not go to apologize because it is so bad.

とうとう以前の友達を頼んで、私が夢遊病者だということを証明して貰って時計を返し、やっと其場は納ったのですが、さあそれからというものは『井原は夢遊病者だ』という噂がパッと拡って了って、学校の教室での話題にさえ上るという有様でした。

At last I asked for my previous friend, proved that I was a dream play sick, turned it back, and finally I got a play field, but from now on, "Ihara is a dream play sick" The rumor spreads quickly, and it seems that even the topic in the classroom of the school goes up.

 私はどうかして、この恥しい病を治し度いと、その方面の書物を買込んで読んで見たり、色々の健康法をやって見たり、勿論数人も医者を換えて見て貰うという訳で、出来る丈手を尽したのですが、どうして直るどころか、段々悪くなって行く計りです。

Somehow I will cure this shameful disease, buy books to read it, read various health laws, and, of course, change several doctors and see for a while. Well, I did my best to do it, but I am going to get worse and worse, not how to fix it.

月に一度、ひどい時には二度位|宛、かならず例の発作がおこり、少しずつ夢中遊行の範囲が、広くなって行くという始末です。

Once a month, when it's awful twice | to address, there is always an example of a seizure, and the scope of a gossip is gradually broadening the scope of the adventure.

そして、その度毎に他人の品物を持ってくるか、自分の持物を持って行った先へ落して来るのです。

And each time you bring someone else's goods or drop it to the point where you brought your belongings.

それさえなければ他人に知られずに済むこともあったのでしょうが、悪いことには、大抵何か証拠品が残るのです。

Even if it did not happen, it would have been impossible for others to know it, but the bad thing is that there is usually some evidence left.

それとも若しかしたら、そうでない場合にも度々発作を起していても、証拠品がない為に知らずに了ったのかも知れません。

Or if it is young, even if you have a seizure frequently if not so, it may have ended without knowing that there is no evidence.

何にしても我ながら薄気味の悪い話でした。

Anyway it was a creepy story.

ある時などは真夜中に下宿屋から抜出して、近所のお寺の墓地をうろついていたことなどもありました。

One day I pulled out of the lodgings in the middle of the night, and had wandered around the graveyard of a nearby temple.

拍子の悪いことには、丁度その時、墓地の外の往来を、同じ下宿屋にいるある勤人が宴会の帰りかなんかで通り合せて、低い生垣越しに私の姿を認め、あすこには幽霊が出るなどと云いふらしたものですから、実はそれが私だったと判ると、さあ大変な評判なんです。

The bad thing is that at that time a certain person in the same boarding house passes by as he or she goes out of the banquet, admits my appearance over the low hedge, and ghostly in the morning The fact is that when it turns out that it was me, it's a huge reputation.

 そんな風で私はいい物笑いなんです。

That's how I like to laugh.

成程、他人から見れば曾我廼家以上の喜劇でありましょうが、当時の私の身にとっては、それがどんなにつらく、どんなに気味の悪いことだったか、その気持は、とても当人でなけりゃ分りっこありませんよ。

In the eyes of others, it may be a comedy more than the Suga family, but how hard it was for me at the time, and how weird it was, if I felt that it was a very person and I would not I do not have this.

初めの間は、今夜も失策をしやしないか、今夜も寝とぼけやしないかと、それが非常に恐ろしかったのですが、段々、単に睡るというそのことが恐ろしくなって来ました。

During the beginning, it was so scary to wonder whether I would go wrong again tonight or to sleep and sleep tonight, but it was becoming scary that I just slept.

いや睡る睡らないに拘らず、夜になると寝床に入らなければならぬということが脅迫観念になって来ました。

No matter if I fall asleep, it has become a threat that I have to go to bed at night.

そうなると、馬鹿げた話ですが、自分のでなくても、夜具というものを見るのが、云うに云われぬいやな心持なんです。

When that happens, it is a silly story, but even if you are not your own, it is unbelievable to say that looking at things like nightwear.

普通の人達には一日中で最も安らかな休息時間が、私に最も苦しい時なのです。

For the average person the most peaceful rest time of the day is the most difficult time for me.

何という不幸な身の上だったのでしょう。

What an unhappy person he was.

 それに、私にはこの発作が起り始めた時から、一つ恐ろしい心配があったのです。

Besides, I have had one horrible worry from the time this attack started to occur.

というのはいつまでもこのような喜劇が続いて、人の物笑いになっている丈けで済めばいいが、若しこれが何時の日か取りかえしのつかぬ悲劇を生むことになりはしないか、という点でした。

For such a comedy will last forever, and it should be done with a length that has become a person's laugh, but if this does not mean that it will produce some tragic tragedy of a certain day. It was a point.

私は先にも申上げました様に、夢遊病に関する書物は出来る丈け手を尽して蒐集し、それを幾度も幾度も読み返していた位ですから、夢遊病者の犯罪の実例なども沢山知っていました。

As I mentioned earlier, the books about dreaming sickness are collected with all the best effort that can be made and read it over and over again, so there are many examples of crime of the dreaming sick person etc. I knew it.

そして、その中には数々の身震いする様な血腥い事件が含まれていたのです。

And, among them were included a number of bloody events that shudder.

気の弱い私がどんなにそれを心配したか、蒲団を見てさえ気持が悪くなるというのも決して無理ではなかったのです。

It was not impossible for me to know how I worried about it or to feel unwell even when I saw the group.

軈て私もこうしてはいられないと気がつきました。

I suddenly realized that I could not do this.

一層学業を抛って国許に帰ろうと決心したのです。

I made up my mind to return to the country with further study.

で、ある日、それは最初の発作が起ってからもう半年余りもたった頃でしたが、長い手紙を書いて親達のところへ相談して遣りました。

So one day, it was about half a year after the first attack, but I wrote a long letter and consulted with my parents.

そして、その返事を待っている間に、どうでしょう、私の恐れに恐れていた出来事が、とうとう実現して了ったのです。

And while waiting for the reply, what happened, the event that I was afraid of was finally realized and finished.

私の一生涯をめちゃめちゃにして了うような、とり返しのつかぬ悲劇が持上ったのです」

It's a tragedy that's irrevocable, like the end of my life.