文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

二癈人:江戸川 乱歩(233-282)/282

 こういう仮定を先ず立てて見て、それが理論上成たつかどうかを調べて見ましょう。

Let's first look at these assumptions and see if they make it in theory.

さて、その木村という人はある機会を見て、あなたにありもしない作話をして聞かせます。

Well, the person named Kimura sees an opportunity, and lets you write stories that are not unique to you.

と、都合のいい事にはあなたが少年時代に寝とぼける癖があったことが一つの助けとなって、その試みが案外効果を収めたとします。

And, the convenient thing is that you had a habit of blurring when you were a boy, and one of the things that helped was that the trial had an unexpected effect.

そこで木村氏は、他の下宿人の部屋から時計その他のものを盗み出して、あなたの寝ている部屋の中へ入れて置くとか、気附かれぬ様にあなたの持物を盗み出して他の場所へ落して置くとか、自分自身があなたの様に装って墓場や下宿の廊下などを歩廻るとか、種々様々の機智を弄して益々あなたの迷信を深めようとします。

So Mr. Kimura steals the clock and other things from the room of the other lodgings and places it in your sleeping room, or steals your belongings out of the way to other places. I will try to deepen your superstition more and more, such as dropping and putting on yourself, walking like a graveyard or lodgings corridor, etc., or a wide variety of wisdom.

又一方、あなたの周囲の人達にそれを信じさせる為に色々の宣伝をやります。

On the other hand, I will do a lot of advertising to get people around you to believe it.

こうして、あなたが夢遊病だということが本人にも周囲にも完全に信じられる様になった上で、最も都合のいい時を見計らって、木村氏自身が敵と狙う老人を殺害するのです。

Thus, once you and your neighbors are completely convinced that you are dreaming of a gonorrhea, Kimura will kill the old man he aims at as his enemy, at the most convenient time.

そして、その財産をそっとあなたの部屋に入れて置き、前以て盗んで置いたあなたの所持品を現場へ遺して置くと、こういう風に想像することが、あなたは理論的だとは思いませんか。

And if you put the property in your room softly and leave your belongings you stole before you leave it on the scene, you can not imagine it being theoretical like this Hm?

一点の不合理も見出せないではありませんか。

Can you not find a single point of irrationality?

そしてその結果はあなたの自首ということになります。

And the result is your self-head.

成程それはあなたにとって随分苦しいことには相違ありませんが、刑罰という点では無罪とは行かずとも比較的軽く済むのは分り切ったことです。

It must be quite painful for you, but in terms of punishment it has been found that it is relatively light, even if it is not innocent.

よし多少の刑罰を受けた所で、あなたにして見れば病気のさせた罪ですから、真実の犯罪程心苦しくはない筈です。

Where you have received some punishment, it is a crime that has made you ill if you look at it, so it is not as painful as a true crime.

少くも木村氏はそう信じていたことでしょう。

Mr. Kimura would have believed that way.

別段あなたに対して敵意があった訳ではなかったのですからね。

It wasn't particularly hostile to you.

ですが若し彼があなたの今の様な告白を聞いたなら、さぞかし後悔したことでしょう。

But if he had heard your present confession, he would regret it.

 いやとんだ失礼なことを申上げまして、どうか気を悪くしないで下さい。

Please do not be offended by asking for a rude or rude thing.

これというのも、あなたの懺悔話を伺って余り御気の毒に思ったものですから、つい我を忘れて変な理窟を考え出して了ったのです。

This is something I felt sorry to hear about your confession, so I just forgot about me and came up with a strange science cave.

ですが、あなたのお心を二十年来悩まして来た事柄も、こういう風に考えればすっかり気安くなるではありませんか。

However, things that have plagued your heart for twenty years may not be completely cheaper if you think in this way.

如何にも私の申上げたことは当推量かも知れません。

It may be a guess at what I said.

でも、仮令当推量にしろ、そう考える方が理窟にも適い、あなたのお心も安まるとすれば、結構ではありますまいか。

However, let's assume that it's a good idea if you think so, and it would be fine if your mind was also cheap.

 木村という人が何故老人を殺さねばならなかったか。

Why did Kimura have to kill the old man?

それは私が木村氏自身でない以上どうも分り様がありませんが、そこにはきっと云うに云われぬ深い訳があった事でしょう。

There is no way I know it, unless I was Mr. Kimura himself, but there must have been a deep translation that could not be said.

例えば、そうですね、敵討といった様な……」

For example, yes, like an enemy ... ... "

 真青になった井原氏の顔色に気附くと、斎藤氏はふと話をやめて、何事かを虞れる様にうなだれた。

When I realized the color of Mr. Ihara who had turned blue, Mr. Saito suddenly stopped talking and was told to fear something.

 二人はそうしたまま長い間対座していた。

The two have been facing each other for so long.

冬の日は暮るるに早く、障子の日影も薄れて、部屋の中にはうそ寒い空気が漂い出していた。

It was early winter, and the shadow of Shoji faded, and a cold air was floating in the room.

 やがて、斎藤氏は恐る恐る挨拶をすると、逃げる様に帰って行った。

Before long, Saito made a terrifying greeting and went home to escape.

井原氏はそれを見送ろうともしなかった。

Mr. Ihara did not try to see it off.

彼は元の場所に坐ったまま、込み上げて来る忿怒をじっと圧えつけていた。

He sat in his original place and was squeezing the rage that came up.

思掛けぬ発見に思慮を失うまいとして全力を尽していた。

He did his best not to lose his mind to an unintended discovery.

 併し時が経つにつれて、彼のすさまじい顔色が段々元に復して行った。

As time went by, his terrific complexion gradually returned to its original state.

そして、遂に苦い苦い笑が彼の口辺に漂うのだった。

And finally, a bitter bitter laugh floated on his mouth.

「顔かたちこそまるで変っているが、あいつは、あいつは……だが仮令あの男が木村自身だったとしても、俺は何を証拠に復讐しようというのだ。

"The face is totally different, but the guy is ... but even if that guy is Kimura himself, I will try to revenge what evidence.

俺という愚かものは、手も足も出ないで、あの男の手前勝手な憐憫を有難く頂戴するばかりじゃないか」

The foolish thing I do not have hands and feet, I just have to be honored with the selfish habit in front of that man. "

 井原氏は、つくづく自分の愚かさが分った様な気がした。

Mr. Ihara felt that his foolishness was clearly understood.

と、同時に、世にもすばらしい木村の機智を、悪むというよりは寧ろ讃美しないではいられなかった。

And, at the same time, I could not but say that the beauty of Kimura, which is also wonderful to the world, is more beautiful than evil.

底本:「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」光文社文庫、光文社

Somoto: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 1 A Walk in the Attic" Koubunsha Bunko, Koubunsha

   2004(平成16)年7月20日初版1刷発行

July 20, 2004 First edition 1 print issued

   2012(平成24)年8月15日7刷発行

August 15, 2012 7 edition issuance

底本の親本:「江戸川乱歩全集 第二巻」平凡社

The main book of the bottom book: "Edogawa Ranpo Complete Works Volume 2" Heibonsha

   1931(昭和6)年10月

October 1931 (Showa 6)

初出:「新青年」博文館

First appearance: "New Youth" Hakubunkan

   1924(大正13)年6月

June 1924 (Taisho 13)

※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」(区点番号5-86)を、大振りにつくっています。

※ The bottom book is making a large number of "a" (ku number 5-86) used when counting things and place names.

※底本巻末の平山雄一氏による註釈は省略しました。

※ The commentary by Yuichi Hirayama at the end of the book is omitted.

入力:門田裕志

Input: Hiroshi Kadota

校正:江村秀之

Calibration: Hideyuki Emura

2017年9月24日作成

Created on September 24, 2017

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were the ones who took part in input, proofreading and production.