文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

双生児:江戸川 乱歩(1-43)/302

双生児

twins

――ある死刑囚が教誨師にうちあけた話――

-A story that a certain death row opened for the teacher-

 先生、今日こそは御話することに決心しました。

Teacher, I decided to speak today.

私の死刑の日も段々近づいて来ます。

My death penalty day is getting closer and closer.

早く心にあることを喋って了って、せめて死ぬ迄の数日を安らかに送り度いと思います。

I think that I will give up several days of my dying niece at least after giving up what is in my heart soon.

どうか、御迷惑でしょうけれど、暫らくこの哀れな死刑囚の為に時間を御割き下さい。

Please do not bother me, but please spare time for this poor prisoner for a while.

 先生も御承知の様に、私は一人の男を殺して、その男の金庫から三万円の金を盗んだ廉によって死刑の宣告を受けたのです。

As you know, I was killed by a man and was sentenced to death by stealing 30,000 yen from the man's safe.

誰もそれ以上に私を疑うものはありません。

No one doubts me more than that.

私は事実、それ丈けの罪を犯しているのではありますし、死刑と極って了った今更ら、もう一つのもっと重大な犯罪について、態々白状する必要は少しもないのです。

In fact, I am guilty of it, and there is no need to swear a little more about the other more serious crimes of the death penalty and now.

仮令それが知られているものよりも幾層倍重い大罪であったところで、極刑を宣告せられている私に、それ以上の刑罰の方法がある訳もないのですから。

Where the probation was a massive crime that was many times heavier than what was known, there is no way for me, who has been sentenced to parole, to have any further punishment.

 いや必要がないばかりではありません。

It is not only that I do not need it.

仮令死んで行く身にも、出来る丈け悪名を少くしたいという、虚栄心に似たものがあります。

Even if you are going to die or die, there is something similar to vanity that you want to reduce the infamous name that you can do.

それにこればかりはどんなことがあっても、私は妻に知らせ度くない理由があるのです。

And there is a reason why I have not informed my wife no matter what happened.

その為に私はどれ程要らぬ苦労をしたことでしょう。

How much effort I needed for that purpose.

その事丈けを隠して置いたとて、どうせ死刑は免れぬと判っていますのに、法廷の厳しい御検べにも、私は口まで出かかったのを圧えつける様にして、それ丈けは白状しませんでした。

I know that the death penalty is inevitable if I hide it, but even in a tough examination in the courts, I try to press that I came out, I did not confess.

 ところが、私は今、それを先生のお口から私の妻に詳敷く御伝えが願い度いと思っているのです。

However, I now hope that the teacher's mouth spreads to my wife about it.

どんな悪人でも、死期が近づくと善人に帰るのかも知れません。

Any bad man may return to a good man as his death approaches.

そのもう一つの罪を白状しないで死んで了っては、余りに私の妻が可哀相に思えるのです。

If I die without confessing that other sin, my wife too seems to be a shame.

それともう一つは、私は私に殺された男の執念が恐ろしくてたまらないのです。

And one more thing, I am afraid of the obsessiveness of the man killed by me.

いいえ、金を盗む時に殺した男ではありません。

No, I'm not the one who killed me when stealing money.

それはもう白状して了ったことですし、大して気がかりになりませんが、私はそれよりも以前に、もう一人殺人罪を犯していたのです。

That's a complete confession, and I'm not very worried, but before that I had committed another murder crime.

そして、その男の事を考えるとたまらないのです。

And when I think about the man, I can not stand it.

 それは私の兄でした。

That was my brother.

兄といっても普通の兄ではありません。

It is not an ordinary brother even though he is a brother.

私は双生児の一方として生れましたので、私の殺した男というのは、名前は兄ですが、私と同時に、母の胎内から生れ出た、ふたごの片割れだったのです。

Because I was born as one of the twins, the name of the man who killed me was my brother, but at the same time I was a half of the twin, which came out of my mother's womb.

 彼は夜となく昼となく私を責めに来ます。

He comes to blame me at night and noon.

夢の中では、彼は私の胸に千鈞の重さでのしかかって私の喉を絞めつけます。

In my dream, he leans on my chest with the weight of a mochi and strangles my throat.

昼は昼で、そこの壁に姿を現わして何とも云えぬ目つきで私を睨んだり、あの窓から首を出していやらしい冷笑を浴せたりします。

During the daytime, during the daytime, I appeared on the wall and hate me with no apparent appearance, and I took my neck out of that window and bathed in a ridiculous laugh.

そして、もっといけないことは、ふたごの片割れであった彼が、顔から形から私と寸分違わなかった点です。

And what's more bad is that he, who was a half of the twin, did not differ from me in shape from my face.

彼は私がここへ入らぬ前から、そうです、私が彼を殺した翌日から、もう私の前にその姿を現わし始めました。

He was right before I entered here, and the day after I killed him, it began to appear in front of me.

考えて見れば、私が第二の殺人を犯したのも、あんなにも企らんだその殺人罪が発覚したのも、凡て彼の執念のさせた業かも知れません。

If you think about it, it may be the work of his obstinateness that I committed the second murder and the fact that the murder crime that I planned so much was uncovered.

 私は彼を殺した翌日から鏡を恐れる様になりました。

I was afraid of the mirror the day after I killed him.

鏡ばかりではありません。

It is not only a mirror.

物の姿の映るあらゆるものを恐れる様になりました。

I am afraid of everything that is reflected in the image of things.

私は家の中の鏡其他のガラス類を一切取去って了いました。

I finished removing all the other glass in the house.

併し、そんなことが何の役に立ちましょう。

At the same time, let's help what that is.

都会の町には軒なみショー・ウィンドウがあり、その奥には鏡が光っています。

There is an eaves window in the city and there is a mirror behind it.

見まいとすればする程、そこへ私の目は引つけられるのです。

The more you don't see it, the closer you are to my eyes.

そして、それらのガラスや鏡の中には、私に殺された男が――それは実は私自身の影なのですが――私の方をいやあな目つきで睨んでいるのです。

And in those glasses and mirrors, a man killed by me-which is actually a shadow of myself-is jealous of me.

 ある時などは、一軒の鏡屋の前で、私は危く卒倒しかけたことがあります。

At one time, in front of one mirror shop, I have been about to overthrow.

そこには、無数の同じ男が、私の殺した男が、千の目を私の方へ集中していたのです。

There, countless same men, my slaying man concentrated on my eyes with a thousand eyes.

 併し、そんな幻に悩まされながらも、私は決してへこたれませんでした。

On the other hand, I was never receded even though I was plagued by such a vision.

この明晰な頭で考えに考え抜いてやったことが、どうして発覚するものかという、自惚れすぎた自信が、私を大胆にしました。

The self-confident, over-confident self-confidence made me bold with this clear head and thinking about what I thought out through thinking.