文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

双生児:江戸川 乱歩(85-118)/302

そして、兄には随分迷惑をかけたものです。

And, it was something that bothered my brother a lot.

併し、それが度重なって来ますと、兄も私の際限のない無心に閉口して、段々私の頼みを聞入れない様になりました。

At the same time, when it came over again, my brother closed my heart without limit and I could not listen to my request.

しまいには、どんなに私が頼んでも、お前の身持が直るまではもう断じて補助しないといって、門前払いを食わせさえしました。

In the end, no matter how much I ask, I'll even give you a prepayment, saying that I will no longer assist you until your recovery.

 ある日のこと、私は又もや無心を断られて、兄の家から帰る道で、ふとある恐ろしいことを考えついたのです。

One day, again I was insulted, and on the way home from my brother's house, I thought of something horrible.

 その考えが初め胸に浮んだ時、私は思わず身震いしました。

When the idea first came to mind, I trembled involuntarily.

そして、その恐ろしい妄想をふるい落して了おうと努力しました。

And I made an effort to finish the terrible delusion.

ところが、段々考えている内に、それが必ずしも妄想でないことに気附いたのです。

However, while gradually thinking, I realized that it was not necessarily a delusion.

若し非常な決心と綿密な注意とを以て、それを実行しさえすれば、少しの危険もなく、財産と恋とを得ることが出来るのではないかと思う様になりました。

With great determination and careful attention, I think that if I do it, I will be able to get my wealth and love without any risk.

私は数日の間、ただそのことばかりを考えていました。

I was only thinking about that for a few days.

そして、あらゆる場合を考慮した結果、とうとうその恐ろしい企らみを実行しようと決心したのです。

And as a result of all the considerations, I finally decided to carry out the horrible idea.

 それは決して兄を怨んだが為ではありませんでした。

It was not for the sake of my brother.

悪人に生れついた私は、どんな犠牲を払っても、ただもう、自分の快楽を得たかったのです。

I was born to a bad man and I wanted to get my own pleasure, no matter what the cost.

併し、悪人でありながら非常な臆病者の私は、そこに少しの危険でも予想されたなら、決してそんな決心をしなかったのでしょうが、私の考えた計画には全く危険がなかったのです。

On the other hand, a bad man but a very coward I would never have made such a decision if I was expecting any danger there, but there was no danger in my plans I thought .

とまあ、信じていたのです。

Well, I believed.

 そこで、いよいよ私は実行にとりかかりました。

So, finally I started to run.

先ず予備行為として、私は目立たない程度で、しげしげと兄の家に出入りしました。

First of all, as a preparatory act, I went into and out of the house of Shishige and my brother to an unobtrusive degree.

そして、兄と兄嫁との日常行為を詳細に研究しました。

And I studied in detail the daily activities of my brother and my brother-in-law.

どんな些細なことでも見逃さないで、例えば、兄は手拭を絞る時、右に捩るか左に捩るかという様なことまで、洩れなく調べました。

Don't miss anything trivial, for example, my brother, when squeezing his hand, checked whether it twists to the right or to the left.

 一ヶ月以上もかかってその研究が完全に終った時、私は少しも疑われない様な口実を設けて、朝鮮へ出稼ぎに行くことを兄に告げました。

When it took me more than a month to complete the study, I made an excuse that I had no doubt, and told my brother to go to Korea.

――お断りして置きますが、私は当時までずっと独身を続けていたのです。

-I refuse to keep it, but I have been single until that time.

で、そうした目論見がちっとも不自然ではなかったのです――兄は私の真面目な思い立ちを大変喜んで、邪推をすれば、或は厄介払いを喜んだのかも知れませんが、兎も角、少し纏った餞別を呉れたりしました。

So, it was not unnatural and tended to be such a prospect-my brother may have been very pleased with my serious thinking, and may have been willing to pay off, if I dejected him, but the horns, I was amazed at the misery I got a little bit.

 ある日――それは凡ての点から私の計画に最も都合のよい日でした――私は兄夫妻に見送られて東京駅から下り列車に乗り込みました。

One day-it was the most convenient day for all of my plans-from my point of view, I got off the train from Tokyo Station.

そして汽車が山北駅に着くと、下関まで乗り続ける筈の私は、人目につかぬ様に下車して、少し待合した上、上り列車の三等室へまぎれ込んで東京に引返したのです。

Then, when the train arrived at Yamakita Station, I continued to ride to Shimonoseki, got off in a state of the eye, got up a little while waiting, and got back to Tokyo, getting into the third room of the up train.

 山北駅で汽車を待つ間に、私はそこの便所の中で、私の股にある、兄と私とを区別する唯一の目印であった所の黒子を、ナイフの先でえぐり取って了いました。

While waiting for the train at Yamakita Station, I finished scooping Kuroko at the tip of my knife, where I was the only marker in my crotch, to distinguish my brother from me, in the toilet there. It was

こうして置けば兄と私とは全く同じ人間なのです。

In this way, my brother and I are completely the same person.

兄が丁度私の黒子のある箇所へ傷をするということは、あり得ないことでもないのですからね。

It's not impossible for my brother to just scratch my Kuroko.

 東京駅に着いたのは丁度夜明け頃でした。

I arrived at Tokyo Station just around dawn.

これも、その時間になる様に予め計画して置いたことなのです。

This is also what I planned in advance to be that time.

私は出発の前に拵えて置いた、その頃兄が毎日着ていたふだん着の大島と同じ着物を着て、――勿論、下着も帯も下駄も一切兄のと同じものを用意してあったのです――時間を見計らって兄の家へ行きました。

Before leaving, I put on the same kimono as Oshima, which my brother used to wear everyday, and-of course, I prepared the same underwear, obi and clogs as my brother. I went to my brother's house to watch the time.

そして、誰にも見つからない様に注意しながら、裏の板塀を乗り越して、兄の家の広い庭園に忍込みました。

Then, I was careful not to be found by anyone, and I climbed over the back of the board and inserted it into the large garden of my brother's house.

まだ早朝の薄暗い時分でしたので、私は家人に発見される心配もなく、庭の一隅にあった一つの古井戸の側まで行くことが出来ました。

As it was still dim early in the morning, I was able to go to the side of one old well that was in one corner of the garden without the fear of being found by family members.

 この古井戸こそ、私が犯罪を決心するに至った一つの重大な要素だったのです。

This old well was one of the important factors that led me to decide on crime.

それはずっと以前から、もう水が枯れて了って廃物になっていたもので、兄は、庭の中にこんな陥穽があるのは危険だからといって、近い内に埋めて了うことにしていました。

It had been dead for a long time, and the water had already been drained away, and my brother had decided to bury it in the near future, just because it was dangerous to have such a pit in the garden.

井戸の側には小山の様に、埋める為の土まで用意され、ただもう庭師の手すきの時に、いつでも仕事にとりかかればいい様になっていました。

Just like the hills, the ground is filled with soil to fill the side of the well, and when the gardener's hands are just right, it was time to work for it.