文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

双生児:江戸川 乱歩(119-159)/302

そして、私は二三日前、その庭師の所へ行って、是非今日――私の忍込んだその日――の朝から仕事を始めて呉れと命じて置いたのです。

And, a few days ago, I went to the gardener's place and started to work from the morning of the day I came in--and ordered to put in my heart that I was in love.

 私は身をかがめて灌木の繁みに隠れました。

I crouched and hid in the busy bush.

そして、じっと待っていました。

And I was waiting for you.

毎朝洗面の後で、深呼吸をしながら庭園をぶらつく習慣の兄が、近づいて来るのを今か今かと待っていました。

Every morning after the wash, I took a deep breath and took my habit of wandering around the garden, waiting for the approach to come.

私はもう夢中でした。

I was already crazy.

丁度|瘧にでも罹った様に、身体が小刻みに絶えず震えていました。

Just as he suffered from hemorrhoids, his body was constantly shaking in small steps.

腋の下から冷いものが、タラタラと腕を伝って落ちるのが分りました。

It was found that something cold from under the coffin fell along the arm with Tara Tara.

その耐え難い時間が、どれ程長く感じられたことでしょう。

How long would it be that excruciating time was felt?

私の感じでは三時間も待ったと思う頃、漸く遠くの方から下駄の音が響いて来ました。

When I felt that I waited for three hours, the sound of clogs came from far away.

私はその音の主が目の前に現われるまでに、幾度逃げ出そうと思ったか知れません。

I wondered how often I would like to run away by the time the Lord of the sound appeared in front of me.

でも僅に残っていた理性がやっと私を踏み止まらせました。

However, the reason that remained for a while finally kept me off.

 やがて、待ち兼ねた犠牲者が、私の隠れていた繁みのすぐ前までやって来ました。

Before long, a long-awaited victim came just before my hidden habit.

私は矢庭に飛出して、用意の細引をうしろから、兄の――その私と少しも違わないふたごの片割れ――の首へまきつけると、死もの狂いで締めつけました。

I jumped out to YANBA and put it on the neck of my brother's-half of the half of my brother-half the same as me-from the back of the ready-made finesse.

兄はしめつけられながらも、敵の正体を見極めようと、首をうしろへ捲じ向け相にしました。

My brother was tightened, but he turned his head to the back to find out the true nature of the enemy.

私は渾身の力でそれを妨げましたけれど、瀕死の彼の首は非常に強いゼンマイ仕掛けでもあるかの様に、じりじりと私の方へ捲じ向いて来るのでした。

I blocked it with the power of my whole body, but his neck of drowning came to me as if it was also a very strong spring mechanism.

そして、遂に、その真赤にふくれ上った首が――それは私自身のものとちっとも違わないのです――半分程私の方を向くと、白眼になった目の隅で、私の顔を発見して、一刹那ギョッとした様な表情を浮べました。

And finally, that red-red puffy neck-it is no different from my own-as I turn to half, my face in the corner of my white-eyed eye I found it and floated an expression that looked like one in a row.

――私はその時の彼の顔は死んでも忘れられないでしょう――が、じきに彼はもがくことを止めて、ぐったりとなって了いました。

--- I will not forget his face at that time, but-soon after he stopped moaning, he was lost.

私は強直して無神経の様になった私の両手を、絞殺した時の状態から元に戻すのに可成骨折らねばなりませんでした。

I had to break my bones in order to get back from my strangulated state from my strenuous state.

 それから、私はガクガクする足を踏みしめながら、そこに横った兄の死体を側の古井戸まで転して行き、その底へと押しおとしました。

Then, as I stepped on my feet, I rolled my brother's corpse lying there to the side of the old well and pushed it to the bottom.

そして、その辺に落ちていた板切れを拾って、側に積んであった土を、兄の死体がかくれるまで、ザラザラと井戸の中へかき落しました。

Then I picked up a piece of plank that had fallen to that side and scraped the soil that had been piled on the side into the rough and the well until my brother's corpse covered it.

 それは、若し傍観者があったなら、さぞかし奇妙な、白昼悪夢を見る様な光景だったに相違ありません。

It must have been a strange, day-to-day nightmare if you had a bystander.

一人の男が、同じ服装をした、同じからだつきの、顔まで全く同じなもう一人の男を、始めから終りまで一寸も物を云わないで、絞め殺して了ったのですもの。

One man, who had the same clothes, had the same body, had the same face-to-face another man, strung and killed from the beginning to the end without saying a bit.

 え、そうです、こうして私は兄殺しの大罪を犯したのです。

Well, yes, I have thus committed a slaughter of my brother.

あなたはさぞ、私が何の反省もなく、たった一人の兄弟を殺して了ったことを驚いていらっしゃるでしょう。

You will be surprised that I have killed only one brother without any remorse.

ご尤もです。

You are welcome.

ですが私に云わせれば、兄弟だったからこそ却って殺す気になったのです。

But to me, I was rather a brother because I was a brother.

あなたは御経験がおありですかどうですか、人間には肉親憎悪の感情というものがあります。

Whether you have experience or not, human beings have feelings of evil relatives.

この感情については小説本なぞにもよく書いてありますから、私一人が感じていることではない様ですが、他人に対するどんな憎悪よりももっともっと耐らない種類のものです。

This feeling is often written in novels, so it is not something I feel alone, but it is a type that is much less resistant to any hatred against others.

それが、私の様な顔形の全く違わぬ双生児の場合には、もう極度に耐らないのです。

That is no more extreme in the case of a completely different twin, such as my face shape.

外に何の理由がなくても、ただ同じ顔をした肉親であるということ丈けで、十分殺して了い度くなる程なんです。

Even if there is no reason to go outside, it's about being a close relative with just the same face, and it's enough to kill it enough.

この弱虫の私が、存外平気で兄を殺し得たのは、一つはそういう憎悪の感情があったからなのだと思います。

I think the reason why I was able to kill my elder brother with carelessness was because there was such a feeling of hate.

 さて、私は死骸に十分土をかけて了ってからも、じっと其場にしゃがんでいました。

By the way, I was still squatting on the field even after I had enough soil on my dead body.

そうして三十分も待っていますと、女中が庭師を案内して来ました。

Then, when I waited for thirty minutes, the maid guided the gardener.

私は兄としての初舞台を、多少ビクビクしながらふり向きました。

I turned around with my initial stage as my brother, with some excitement.

そしてなるべく自然らしく、

And as natural as possible

「おお、親方か、早いね。

"Oh, my parents, it's early.

今一寸こうして君達の御手伝いをしかけていた所さ。

I was just trying to help you in a minute.

ハハ……。

Haha .....

今日一日で大丈夫埋まるだろうね。

It will be all right in one day today.

じゃあどうかよろしく頼みますよ」

Well then I will ask for your help. "

 といって、ゆっくり立上ると、兄の歩調で部屋へ歩いて行きました。

However, when I got up slowly, I walked to my room at my brother's pace.