文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

双生児:江戸川 乱歩(160-197)/302

 それからは万事順調に進みました。

From then on, everything went well.

其日一日、私は兄の書斎にとじ籠って、兄の日記帳と出納簿とを熱心に研究したものです。

One day every day, I stayed in my brother's study and researched my brother's diary and cash register.

――私が朝鮮行きを発表する以前に、あらゆることを調べた内、この二つ丈けが残されていたのです。

-Before I announced the trip to Korea, I was left with these two figures while I examined everything.

夜は妻と――昨日までは兄の妻であり、今や私の妻である女と、少しも悟られる心配なく、平常の兄と同じ態度で、面白く談笑しました。

In the evening I had a funny chat with my wife, who was my brother's wife until yesterday, and now my wife, in the same attitude as my ordinary brother, without worrying to be realized at all.

そして、その夜更けに、私は大胆にも、妻の寝室へさえ入って行ったのです。

And that night, I boldly even went into my wife's bedroom.

併し、それには少し危険を感じました。

At the same time, I felt a little dangerous.

閨房に於ける兄の習慣丈けは、私もまるで知らなかったのです。

My brother's habit in the kitchen was not known at all.

が、私には一つの確信がありました。

But I had one conviction.

それは、仮令彼女が事の真相を悟ったとしても、まさか昔の恋人である私を罪人にはしないだろうという自惚れでした。

It was a prejudice that even if she had realized the truth of the matter, she would not make me a lover of an old lover.

で、私は何気なく、妻の寝室の襖を明けることが出来ました。

So I was able to open my wife's bedroom without hesitation.

そして、何という幸運でしょう、妻は私を少しも悟らなかったのです。

And what a fortune, my wife never realized me at all.

こうして私は姦通罪さえも犯して了いました。

Thus I had committed even adultery crimes.

 それから一年の間というものは、世にも幸福な生活が続きました。

After that, for a year, a happy life continued in the world.

使うに余る金、昔恋した女、さすが貪婪な私の欲望もその一年間は少しも不足を告げなかったのです。

The money I had spent, the woman I used to love in the old days, and my desires, I have not said any shortage for the whole year.

――尤もその間にも、先刻も申上げました、兄の亡霊に丈けは絶えず悩まされていましたけれど――が、一年という月日は、物事に厭っぽい私には最大限でした。

-In the meanwhile, I asked for the last time, but my elder brother's ghost was constantly bothering me-but the day of the year is the limit for me who is jealous of things did.

その頃から私は妻に厭き始めたのです。

From that time I began to go to my wife.

さあ、昔の癖が出て、遊びが始まりました。

Now, the old kite came out and the play started.

これでもない、あれでもないと、あらゆる浪費の方法を考えては、金を湯水と使うのですからたまりません。

It's not this, it's not, and it's useless to spend money with hot water, considering all the ways of waste.

どんな財産だってまたたくひまです、借金の高は見る見る嵩んで行きました。

Whatever property is also worth it, the debt high went bulk to see.

そして、どうにも費用の出所がなくなった時、ああ、私は第二の罪を犯し始めたのです。

And, when there was no way out of the cost, oh, I started to commit a second crime.

 第二の罪というのは、あの第一の罪から当然生じて来る様な性質のものでした。

The second sin was of the nature that naturally arises from that first sin.

私は兄を殺すことを、決心した時、既にこういうことを考えていたのです。

When I decided to kill my brother, I was already thinking about this.

それは、若し、私自身が完全に兄になりおおせることが出来たならば、昔の私がどんな大罪悪を犯したとて、今は既に兄であるところの私自身には、何の影響もあり得ないという考えでした。

That is, if I was able to completely become an elder brother myself, what a mortal sin I used to be, and to myself who is already my elder brother now. It was the idea that there would be no impact.

云い換えれば、朝鮮へ出発して以来|杳として消息のない、弟としての私が、内地へ帰って来て、人殺しをしようが、強盗を働こうが、それは凡て弟としての私の罪であって、もし捕えられさえしなければ、兄である私には少しの危険もないということなのです。

In other words, since I left for Korea | I am a brother who has not heard as a prisoner, but I will come back to the inland and try to kill, I will work as a robber, but it is all my sin as a brother Even if I can not get caught, it means that I, as my brother, has no danger.

 ところが、私が第一の罪を犯して暫くしてから、私は一つの驚くべき発見をしました。

However, after a while after I committed my first sin, I made a surprising discovery.

そして、その発見によって、愈々第二の犯罪の可能性がハッキリして来たのです。

And by the discovery, the possibility of the second crime has often become clear.

 ある日、私は注意深く兄の筆蹟を真似ながら、兄の日記帳へ、兄としての私の、その日の日記を附けていました。

One day, I carefully copied the elder brother's brush, and attached the diary of that day to my elder brother's diary as my elder brother.

これは兄となった私の当然しなければならぬ、面倒な日課の一つでした。

This was one of my troublesome daily routine I had to do, my brother.

日記をつけて了うと、其当座いつもした様に、自分のつけた所と、真実の兄のつけた所とを、あちらこちら見比べていました。

When I finished writing the diary, as I always did, I saw and compared the place I put on and the place I put on my true brother.

すると、ふとある驚くべきものが目に入ったのです。

Then, something surprising happened to me.

というのは、そこには、真実の兄のつけた部分のある頁の隅に、一つの指紋がハッキリと現れていたのです。

For example, one fingerprint clearly appeared in the corner of the page where the true brother put it.

私はとんでもない手抜りをしていたことに気附いて、思わずギクリとしました。

I was shocked to realize that I was outrageous.

私と兄との唯一の相違点が股の黒子だけだと信じていたのは大変な思い違いだったのです。

It was a misunderstanding that I believed that the only difference between me and my brother was the crotch crocodile.

指紋というものは一人一人皆違うものだ、どんな双生児だって決して指紋丈けは同じでないということを、私はいつか聞いていたのです。

One day I heard that fingerprints are different from one another, and that every twin is by no means identical.

で、その日記帳の兄のに相違ない指紋を発見すると、これは指紋からばけの皮が現われやしないかという心配の為に青くなって了いました。

So, when I found a fingerprint that must be the same as that of my brother in the diary, this turned out to be bluish because of the concern that the skin of the ghost might appear from the fingerprint.

 私はソッと拡大鏡を買って来て、日記帳の指紋と、私自身の指紋を別の紙に押したのとを、綿密に比較研究しました。

So I bought a magnifying glass and compared the fingerprints of the diary and my own fingerprint on another sheet of paper.

その指紋と私のある指の指紋とは、一寸見ると違わない程よく似ていました。

The fingerprint and the fingerprint of my finger were similar to one another as if to look at a glance.

が、筋を一本一本たどって比べて見ますと、確に違っているのです。

However, it is definitely different when comparing and comparing the muscles one by one.