文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

双生児:江戸川 乱歩(198-233)/302

奇妙なことには、全体としての感じは殆ど同じなのに、さて部分部分になるとまるで違っているのです。

Oddly enough, the feeling as a whole is almost the same, but it is quite different when it comes to parts.

私は念の為に、それとなく、妻や女中達の指紋を取って見ましたが、それらは比べるまでもなく、少しも似ていませんでした。

I just took my fingerprints of my wife and maids to see them, but they didn't look a little like this, of course.

そこで、これは兄の指紋だと考える外はありません。

So, I can not think that this is my brother's fingerprint.

それが私の指紋と似ていたのも無理ではありません。

It is not impossible that it was similar to my fingerprint.

私共は似すぎた双生児だったのですもの、仮令|僅でも違っていたのは、さすがに指紋です。

We were just too similar twins, what the rule | The difference was, indeed, fingerprints.

 私はこんなものが他に沢山残っていては大変だと思いましたので、出来る丈け手を尽して探しました。

I thought it would be serious if there were a lot of other things left, so I did my best to find out what I could do.

沢山の蔵書を一冊一冊頁をくって調べたり、押入れや戸棚の隅のほこりの中を調べたり、あらゆる指紋の残ってい相な場所を探したのですが、日記の頁の外には一つも発見されませんでした。

I went through a lot of books one by one, looked in closets, dust in the corner of the cupboard, and looked for places where all the fingerprints remained. Were not found.

私は少し安堵して、この日記の頁さえ灰にして了ったら、もう心配することはないと、それをちぎって火鉢の中へ投入れようとしました。

I was a little relieved, and when I finished making the pages of this diary ashes, I was about to throw it into the brazier, without worrying about it anymore.

と、その時です。

And that's it.

ふとインスピレーションの様に――といっても神様のインスピレーションではなくて、多分悪魔のそれだったのでしょう――一つの妙案が浮びました。

It's just like inspiration-it's not God's inspiration, but maybe it's the devil-a good idea came up.

 若しこの指紋を型にとって置いて、いつか第二の罪を犯す様な場合が生じた時、犯罪の場所に、その型で指紋をつけて置けばどういうことになるだろう。

If you put this fingerprint in the form and someday you decide to commit a second crime, what happens if you put the fingerprint in that place in the place of the crime?

悪魔は私の耳許でそう囁いたのです。

The devil sow in my ear.

 例えば、極端な場合を例に取るならば、私自身が一人の人を殺すとします。

For example, in the extreme case, I kill myself.

私はその場合、先ず朝鮮へ行っていた弟としての私が、内地へ舞い戻って来たと想像して、心持から、身なりから、落魄した弟らしく装います。

In that case, I imagined that I, as a younger brother who had first been to Korea, came back to the inland, and dressed like a fallen brother from my heart, from my heart.

一方では私は兄としての私の現場不在証明を拵えて置きます。

On the one hand, I give my field absence certificate as my brother.

そして、殺人を犯します。

And I commit a murder.

現場に少しも証拠を残さぬ様に注意するのは勿論です。

Of course, be careful not to leave any evidence in the field.

これ丈けで或は十分かも知れません。

This may or may not be enough.

けれど、若し何かの調子で、兄としての私に疑いがかかった時は危険です。

However, it is dangerous when I was questioned by my brother as a young man.

仮令アリバイの用意があったとしても、どうしてそれが暴露しないと保証出来ましょう。

Even if you are ready for alibi, why not guarantee that it will not be exposed?

 ところで、その場合、若し現場に、この真実の兄の指紋が残っていたとしたらどうでしょう。

By the way, in that case, what if the fingerprint of this true brother remained in the field?

誰一人以前弟であった時代の私の指紋を記憶しているものはない筈ですから、その指紋が誰のものやら分り相な道理がありません。

There is no one who remembers my fingerprints of the time when I was my younger brother, so there is no reason for the fingerprints to be shared with anyone.

仮令私の犯行の現場を目撃した人があっても、ただこの指紋の相違が、私を無罪にしてくれるのです。

Even if someone witnessed my crime scene, the difference in this fingerprint just makes me innocent.

警察には、既に死んだ人の指紋を持った男を、そして、兄としての私の外には、もう此世にいる筈のない弟としての私を、永久に探さねばなりますまい。

For the police, I will have forever to find a man with a fingerprint of an already dead person, and, besides my brother as a brother, I as a brother without a bribe who is already in the world.

 私はこのすばらしい考えに有頂天になりました。

I was ecstatic to this wonderful idea.

丁度スティヴンソンの「ジーキル博士とハイド氏」という、あの夢幻的な小説を、現実に実行出来るのです。

That visionary novel, just Stevenson's Dr. Jekyll and Mr. Hyde, can actually be implemented.

悪人の私は、このからくりを考え出した時程、幸福を感じたことは、一生を通じて恐らく一度もなかったでしょう。

I have probably never felt happier as much as when I came up with this scheme, throughout my lifetime.

 併し、それを考え出した頃は、私はまだ幸福な生活に浸って、悪事を企らもうなどとは考えていませんでした。

At the same time, when I came up with it, I was still immersed in a happy life and was not thinking about trying to do wrong.

それを実地に試して見たのは、私が遊びを始めて、借金に苦しみ出してからです。

I tried it in practice after I started playing and suffered debt.

 ある時、この方法で、少し纏まった金を友達の家から盗み出しました。

One time, I stole a little bit of money from my friend's house in this way.

例の指紋をゴム判に作ることは、少し製版の方の経験があった私には、大して骨も折れませんでした。

Making the fingerprints of the example in rubber format was not a big pain for me, who had some experience in platemaking.

で、それ以来、遊びの金に困る毎にこの手を用いました。

And since then, I used this hand every time I had trouble with the play money.

そして、一度も少しの疑いさえかけられなかったのです。

And I could not even ask for any doubt.

或る場合は、被害者の方であきらめて警察へ届けなかったり、仮令警察沙汰になっても、指紋の発見まで行かぬ内に有耶無耶に葬られて了ったり、張合のない程楽々と泥棒が成功するのでした。

In some cases, even if the victim gives up and does not deliver it to the police, or even if the temporary police station is over, it will be buried in a rage without going to the discovery of fingerprints, or there will be no ties The thief just succeeded with ease.

そして調子に乗った私は、最後には、とうとう殺人罪まで犯して了ったのです。

And finally, I finally ended in committing a murder crime.

 この私の最後の犯罪については、記録もあることでしょうから、ごく簡単に申上げますが、私が例によって重なる借金の為に、少し纏った金の必要に迫られていた時、一人の知合が三万円という大金を、何かの都合で――それは何でも政治上の秘密な運動費かなんかでした――一晩自宅の金庫にしまって置かねばならぬということを、その金庫の前で、本人の口から聞いたのです。

I have a record for this last crime of my last, so I'll quite easily give it to you, but when I was pressed for the money I got for a bit of debt due to the repeated debts, one person For some reason-what is the secret money of the political campaign or something-that the union would have to pay 30,000 yen for any reason-that it must be kept in a safe at home overnight I heard from the person's mouth in front of the safe.