文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

双生児:江戸川 乱歩(234-272)/302

借金こそすれ、私はその方の信用は十分ありましたからね。

Debt is bad, I had enough credit for him.

その座には、その家の細君と、私の外に二三の客が居りました。

At that place, there were a few of the house and a few customers outside of me.

 私は十分、あらゆる事情を調べた上、その夜、弟の変装で、その友人の家へ忍び込みました。

I investigated all the circumstances, and in that night I stole into the house of my friend in disguise of my younger brother.

一方兄としての私のアリバイを拵えて置いたのは勿論です。

On the other hand, of course I left my alibi as my brother in honor.

私は金庫のある部屋まで、何なく忍んで行くことが出来ました。

I was able to go to a room with a safe, no matter what.

そして、手袋をはめた手で金庫の扉を開け――永年の友人のことでもあり、金庫の合言葉を知るのは至極容易でした――現金の束を取りだしました。

And I opened the door of the safe with my gloved hand-a long-time friend, and it was extremely easy to know the secret of the safe-I took out a bunch of cash.

 すると、その時、今まで消してあった部屋の電燈が突然パッとつきました。

Then, at that time, the lights of the room that had been erased so far suddenly burst.

驚いてふり向いた私は、そこに金庫の持主が私の方を睨んで突立っているのを発見したのです。

I was surprised and turned around and found that the owner of the safe stood there standing in love with me.

……………………もう是までと思った私は、矢庭に懐の小刀を抜くと、ぶッつかる様に、その友人の胸を目がけて突進しました。

.......... I thought so well, and when I pulled out a small sword in YANABI, I rushed out with eyes of the friend's chest, as if it were confusing.

……………………一瞬間の出来事です。

............ It is an event for a moment.

もう彼は私の前に死骸となっていました。

He was already dead before me.

私はじっと耳をすましました。

I listened closely.

幸い誰も起きては来ませんでした。

Fortunately no one came up.

いや、多分知っていても、恐ろしさにすくんでいたのかも知れません。

No, maybe you knew that you might have been scared.

私は手早く、例のゴムで作った指紋を、その辺に流れている血につけると、側の壁にベッタリと押しつけて置いて、その他に何の証拠も残っていないのを見定め、足跡をつけぬ様に注意しながら、大急ぎで逃げ出しました。

I quickly put the fingerprint made of the example rubber on the blood flowing around it, put it on the side wall and pressed it, and I found that there was no other evidence, and I made a footprint. I ran away in a hurry, being careful not to wear it.

 翌日刑事の訪問を受けました。

The next day I received a visit by a detective.

でも、十分自信のあった私は、少しも驚きませんでした。

But I was confident enough that I was not surprised at all.

刑事は如何にも申訳ないという様に、丁寧な言葉で、殺された友人の金庫に大金のあることを知っていたと思われる人々を、一人一人訪問したこと、現場に一つの指紋が残っていて、調べて見ても前科者の指紋の中にはそれと一致するのがないこと、で、御迷惑でしょうけれど、私にも、故人の御友達として、金庫に大金のあるのを知っていらしった一人として、一つ指紋をとらせてほしいことなどを述べるのでした。

The detective said in a polite manner, and every one of the people who visited the people who thought they knew that there was a lot of money in the safe of the killed friend, one fingerprint remains on the spot It would be bothersome to see that there is no match in the fingerprints of the anteologists when you look at it, but I also have a lot of money in the safe as a friend of the deceased As one who knew it, he stated that he wanted one fingerprint to be taken.

私は腹の中で嘲笑いながら、如何にも友人の死をいたむ様な調子で何かと質問しながら、指紋を取らせました。

I laughed in my belly and asked me to take fingerprints while questioning something about how my friend died.

「刑事先生、一生かかったって、知れっこない指紋の持主を、今頃はさぞ探し廻っていることだろう」

"Criminal teacher, it will be that I have been searching for a possessive of unknown fingerprints for a lifetime."

 思わぬ大金の入った私は、その事については、それ以上考え様ともしないで、早速車を命じて、いつもの遊び場所へ出かけたことです。

I, who had a huge amount of money, ordered that I immediately set up a car and go out to the usual play place without thinking about it any more.

 それから二三日して、私は再び同じ刑事の訪問を受けました。

A few days later, I received the same criminal visit again.

――その刑事が警視庁でも名うての名探偵だったことは後になって知ったのです――私は何気なく応接間へ入って行きました。

-I knew later that the detective was a famous detective in the Metropolitan Police Department-I went into the reception room without hesitation.

が、そこに立っていた刑事の目に微笑の影を認めた時、ある叫びに近い様な唸り声が、私の喉をついて迸りました。

But when I recognized the shadow of a smile in the eyes of a detective who was standing there, a roaring voice resembling a cry shook my throat.

刑事は非常に落ちついた様子で、テーブルの上に一枚の紙片を置きました。

The detective appeared very calm and placed a piece of paper on the table.

逆上していた私はその時はよく分りませんでしたが、後になって考えて見れば、それは私の拘引状だったのです。

At that time, I was not well understood, but when I thought about it later, it was my detention.

私がその紙片の方を一寸見てる間に、刑事はす早く私に近寄ると、私の両手に繩をかけて了いました。

While I was looking at the piece of paper, as soon as I got close to me, the detective put a bribe on my hands.

見れば入口の外には一人の巌乗な巡査が控えているのです。

If you look at it, there is a single trooper on the outside of the entrance.

私はもう、どうしようもありませんでした。

I did not do anything anymore.

 そうして、私はとうとう収監された訳ですが、収監されながらも、愚な私はまだまだ安心していました。

Then, I was finally imprisoned, but while imprisoned, stupid I was still relieved.

どうしたって私が殺したという証拠の上り相な道理がないと確信していました。

I was convinced that there was no upside reason for the evidence that I had killed.

が、どうでしょう。

How is it?

私は予審判事の前に引出されて、私の罪状を告げられた時、余りの事にアッと開いた口が塞がりませんでした。

I was drawn before the trial and when I was accused of it, I did not block my open mouth.

犯人の私自身が、変てこな笑い方で思わず笑った程も、それは滑稽な間違いでした。

It was a humorous mistake as much as the criminal's own self laughed involuntarily in a strange way of laughing.

 それは私の非常な手抜りには相違なかったのです。

It must have been my great oversight.

が、そんな手抜りをさせたのは誰でしょう。

But who made it so overkill?

それこそ、私はあの兄の恐ろしい呪だと思うのです、彼奴は最初の瞬間からそれを知っていたのです。

That is what I think is the horrible curse of that brother, he knew it from the first moment.

一つのほんの一寸した誤解に始まって、殺人罪の発覚という戦慄すべき結果を惹起すまで、彼奴はだまって見ていたのです。

He started looking at one small misunderstanding, and until he brought about the brutal consequences of the crime of murder.

 それにしても、実に馬鹿馬鹿しい程あっけない手抜りでした。

Even so, it was a stupid excuse.