文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

赤い部屋:江戸川 乱歩(99-133)/400

彼は自からその難しい患者を処理しようとしたらしいのです。

He seems to have tried to handle the difficult patient himself.

そしてしくじったのです、何んでも噂によりますとM氏はうろたえて了って、不当に長い間怪我人をいじくりまわしていたとかいうことです。

And I was frustrated, according to the rumor that Mr. M was completely upset, saying that he had been working with an injured person for an unfairly long time.

 私はそれを聞いて、何だかこう変な気持になって了いました。

When I heard that, I ended up feeling something strange like this.

 この場合可哀相な老人を殺したものは果して何人でしょうか。

How many people in this case have killed the poor old people?

自動車の運転手とM医師ともに、夫々責任のあることは云うまでもありません。

It goes without saying that both the driver and doctor of the car are responsible for each.

そしてそこに法律上の処罰があるとすれば、それは恐らく運転手の過失に対して行われるのでしょうが、事実上最も重大な責任者はこの私だったのではありますまいか。

And if there is a legal punishment there, it will probably be done against the driver's negligence, but in fact the most serious person responsible is this I?

若しその際私がM医院でなくてK病院を教えてやったとすれば、少しのへまもなく怪我人は助かったのかも知れないのです。

At that time, if I taught K Hospital instead of M Clinic, the injured person might have been saved for a while.

運転手は単に怪我をさせたばかりです。

The driver just injured him.

殺した訳ではないのです。

It is not a murder.

M医師は医術上の技倆が劣っていた為にしくじったのですから、これもあながち咎める所はありません。

There was no place for Dr. M to give up because he was disappointed because he had poor medical skills.

よし又彼に責を負うべき点があったとしても、その元はと云えば私が不適当なM医院を教えたのが悪いのです。

Well, even if he had a point to blame, it's bad that I had taught an inappropriate M clinic.

つまり、その時の私の指図次第によって、老人を生かすことも殺すことも出来た訳なのです。

In other words, depending on my instructions at that time, I was able to save and kill the old man.

それは怪我をさせたのは如何にも運転手でしょう。

It would be the driver how much he got hurt.

けれど殺したのはこの私だったのではありますまいか。

But is it not this one that killed me?

 これは私の指図が全く偶然の過失だったと考えた場合ですが、若しそれが過失ではなくて、その老人を殺してやろうという私の故意から出たものだったとしたら、一体どういうことになるのでしょう。

This is when I thought that my order was a total of accidental negligence, but what if it weren't negligence but what was out of my intention to kill the old man? It will be.

いうまでもありません。

Not to mention.

私は事実上殺人罪を犯したものではありませんか。

Aren't I actually guilty of murder?

併し法律は仮令運転手を罰することはあっても、事実上の殺人者である私というものに対しては、恐らく疑いをかけさえしないでしょう。

However, although the law punishes a temporary driver, it probably won't even sue me, the de facto murderer.

なぜといって、私と死んだ老人とはまるきり関係のない事がよく分っているのですから。

The reason is that I know that I have nothing to do with a dead old man.

そして仮令疑いをかけられたとしても、私はただ外科医院のあることなど忘れていたと答えさえすればよいではありませんか。

And, even if I was suspected, I would only have to say that I had forgotten something about the surgeon's office.

それは全然心の中の問題なのです。

That is a problem in my mind at all.

 皆さん。

everyone.

皆さんは嘗つてこういう殺人法について考えられたことがおありでしょうか。

Have you ever thought about such a murder law?

私はこの自動車事件で始めてそこへ気がついたのですが、考えて見ますと、この世の中は何という険難至極な場所なのでしょう。

I have noticed for the first time in this car incident, but if you think about it and see it, what is the most difficult place in this world?

いつ私の様な男が、何の理由もなく故意に間違った医者を教えたりして、そうでなければ取止めることが出来た命を、不当に失って了う様な目に合うか分ったものではないのです。

When a man like me will teach a doctor wrongly for no reason, or if it fits an eye that would otherwise end up with a life that could otherwise be withdrawn It is not something that

 これはその後私が実際やって見て成功したことなのですが、田舎のお婆さんが電車線路を横切ろうと、まさに線路に片足をかけた時に、無論そこには電車ばかりでなく自動車や自転車や馬車や人力車などが織る様に行違っているのですから、そのお婆さんの頭は十分混乱しているに相違ありません。

This is what I actually did and then succeeded, but when a rural lady crosses the railroad track and just put one foot on the track, it is obvious that not only the railroad but also cars, bicycles and carriages The head of the lady must be confusing enough because the rickshaw and so on are lined differently.

その片足をかけた刹那に、急行電車か何かが疾風の様にやって来てお婆さんから二三間の所まで迫ったと仮定します。

It is assumed that an express train or something came up like a ship and came close to a couple of minutes before the moment when the one-legged call was made.

その際、お婆さんがそれに気附かないでそのまま線路を横切って了えば何のことはないのですが、誰かが大きな声で「お婆さん危いッ」と怒鳴りでもしようものなら、忽ち慌てて了って、そのままつき切ろうか、一度後へ引返そうかと、暫くまごつくに相違ありません。

At that time, nothing happens if the old lady ends up crossing the track as it is without paying attention to it, but if someone is going to scream with a loud voice "Dangerous old lady", it will end up in vain Whether you want to leave it or return it back, it must be a bit messy.

そして、若しその電車が、余り間近い為に急停車も出来なかったとしますと、「お婆さん危いッ」というたった一言が、そのお婆さんに大怪我をさせ、悪くすれば命までも取って了わないとは限りません。

And if the train can't stop quickly because it's too close, the single word "Dangerous daughter" can cause the girl to be seriously injured, and if it gets worse, it will take up to even life It does not mean that you do not know.

先きも申上げました通り、私はある時この方法で一人の田舎者をまんまと殺して了ったことがありますよ。

As I said earlier, at one time I once finished killing a single countryman this way.

(T氏はここで一寸言葉を切って、気味悪く笑った)

(Mr. T cut a word here and laughed weirdly)

 この場合「危いッ」と声をかけた私は明かに殺人者です。

In this case, I was clearly a murderer who called out "Dangerous".

併し誰が私の殺意を疑いましょう。

But who doubts my murder intention.

何の恨みもない見ず知らずの人間を、ただ殺人の興味の為ばかりに、殺そうとしている男があろうなどと想像する人がありましょうか。

Is there anyone who imagines that there is a man who is trying to kill a stranger who has no regrets, just because of the homicide interest?

それに「危いッ」という注意の言葉は、どんな風に解釈して見たって、好意から出たものとしか考えられないのです。

Besides, the word of the word "dangerous" can only be thought of as something that comes out of favor, as it is interpreted and viewed.