文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

赤い部屋:江戸川 乱歩(134-168)/400

表面上では、死者から感謝されこそすれ決して恨まれる理由がないのです。

On the surface, there is no reason to be grateful for being grateful from the dead.

皆さん、何と安全至極な殺人法ではありませんか。

Everyone, how safe is it?

 世の中の人は、悪事は必ず法律に触れ相当の処罰を受けるものだと信じて、愚にも安心し切っています。

People in the world are completely relieved to believe that wrongdoings must be legally punishable by punishment.

誰にしたって法律が人殺しを見逃そうなどとは想像もしないのです。

No one can imagine that the law would miss a murderer.

ところがどうでしょう。

But what about?

今申上げました二つの実例から類推出来る様な少しも法律に触れる気遣いのない殺人法が考えて見ればいくらもあるではありませんか。

If you think about the homicide law without a caring touch that touches the law a little, which can be analogized from the two examples I have just proposed, there is not much.

私はこの事に気附いた時、世の中というものの恐ろしさに戦慄するよりも、そういう罪悪の余地を残して置いて呉れた造物主の余裕を此上もなく愉快に思いました。

When I was aware of this, I felt more enjoyable without admiring the margin of the Creator who left the room for such guilt, rather than being scorned by the horrors of the world.

ほんとうに私はこの発見に狂喜しました。

Actually I was overjoyed with this discovery.

何とすばらしいではありませんか。

How wonderful is it?

この方法によりさえすれば、大正の聖代にこの私丈けは、謂わば斬捨て御免も同様なのです。

Even if it is done by this method, I am the same as Taisho Seiyo, so to say, I am abolished.

 そこで私はこの種の人殺しによって、あの死に相な退屈をまぎらすことを思いつきました。

So I came up with this kind of murder to avoid the boredom associated with that death.

絶対に法律に触れない人殺し、どんなシャーロック・ホームズだって見破ることの出来ない人殺し、ああ何という申分のない眠け醒しでしょう。

A murderer who absolutely does not touch the law, a murderer who can not see any Sherlock Holmes, ah, what a wonderful sleepless awakening.

以来私は三年の間というもの、人を殺す楽しみに耽って、いつの間にかさしもの退屈をすっかり忘れはてていました。

Since then, I have been for the past three years, looking forward to killing people, and for a long time I have completely forgotten all the boredom.

皆さん笑ってはいけません。

Don't laugh at you guys.

私は戦国時代の豪傑の様に、あの百人斬りを、無論文字通り斬る訳ではありませんけれど、百人の命をとるまでは決して中途でこの殺人を止めないことを、私自身に誓ったのです。

Although I am not the only one to kill the hundred people in the warring era, as the warring greats, I vowed to myself not to stop this murder in the middle until the one hundred lives.

 今から三月ばかり前です、私は丁度九十九人だけ済ませました。

It is just three months before now, I just finished ninety-nine people.

そして、あと一人になった時先にも申上げました通り私はその人殺しにも、もう飽きあきしてしまったのですが、それは兎も角、ではその九十九人をどんな風にして殺したか。

And when I was one more person, as I said earlier, I was already bored to kill him, but it is the horn and so on, what kind of style does the ninety-nine people Did you kill?

勿論九十九人のどの人にも少しだって恨みがあった訳ではなく、ただ人知れぬ方法とその結果に興味を持ってやった仕事ですから、私は一度も同じやり方を繰返す様なことはしませんでした。

Of course, I didn't feel a bit jealous of any one of the ninety-nine people, but because I'm just interested in the unseen method and the results, I would like to repeat the same method once did not do it.

一人殺したあとでは、今度はどんな新工夫でやっつけようかと、それを考えるのが又一つの楽しみだったのです。

After having killed alone, it was another pleasure to think about what kind of new device this will be done this time.

 併し、この席で、私のやった九十九の異った殺人法を悉く御話する暇もありませんし、それに、今夜私がここへ参りましたのは、そんな個々の殺人方法を告白する為ではなくて、そうした極悪非道の罪悪を犯してまで、退屈を免れ様とした、そして又、遂にはその罪悪にすら飽きはてて、今度はこの私自身を亡ぼそうとしている、世の常ならぬ私の心持をお話して皆さんの御判断を仰ぎたい為なのですから、その殺人方以については、ほんの二三の実例を申上げるに止めて置き度いと存じます。

However, at this seat, I have no time to talk about my ninety-nine different murder laws, and what I came here tonight is to confess how to kill each such individual It wasn't for the sake of being guilty, but he tried to escape from boredom until committing such a wicked guilt, and also, finally, getting bored with the guilty, this time I'm trying to kill this self, It is because I want to talk about my heart and ask for your judgment, so I will stop for a few examples of the murder policy, and I will keep it.

 この方法を発見して間もなくのことでしたが、こんなこともありました。

It was not long after I discovered this method, but this happened.

私の近所に一人の按摩がいまして、それが不具などによくあるひどい強情者でした。

There was a single Satsuma in my neighborhood, and it was a horrible atrocist who often suffers from disability.

他人が深切から色々注意などしてやりますと、却ってそれを逆にとって、目が見えないと思って人を馬鹿にするなそれ位のことはちゃんと俺にだって分っているわいという調子で、必ず相手の言葉にさからったことをやるのです。

When others do various attentions from the deep cut, on the other hand, they reverse it, don't think that they can't see it and make a fool of the person. I will do what I said in my words.

どうして並み並みの強情さではないのです。

Why isn't it pretty strong?

 ある日のことでした。

It was about one day.

私がある大通りを歩いていますと、向うからその強情者の按摩がやって来るのに出逢いました。

As I was walking on a certain main street, I came across the street where the strong man Satsuma came.

彼は生意気にも、杖を肩に担いで鼻唄を歌いながらヒョッコリヒョッコリと歩いています。

He is walking along with a stick while carrying a cane on his shoulder and singing his nose.

丁度その町には昨日から下水の工事が始まっていて、往来の片側には深い穴が掘ってありましたが、彼は盲人のことで片側往来止めの立札など見えませんから、何の気もつかず、その穴のすぐ側を呑気そうに歩いているのです。

Sewage work had begun in the town just yesterday, and a deep hole had been dug on one side of the traffic, but he is blind and can not see the sign of one-way traffic stop, so what a concern I am walking along the side of the hole in vain.

 それを見ますと、私はふと一つの妙案を思いつきました。

Seeing that, I came up with a strange idea.

そこで、

there,

「やあN君」と按摩の名を呼びかけ、(よく療治を頼んでお互に知り合っていたのです)

Called the name of "Hay N you" and Satsuma (I often asked for medical treatment and got to know each other)

「ソラ危いぞ、左へ寄った、左へ寄った」

"I'm sorry, I got to the left, I got to the left."

 と怒鳴りました。

I yelled.

それを態と少し冗談らしい調子でやったのです。

I did that in a rather joky way.

というのは、こういえば、彼は日頃の性質から、きっとからかわれたのだと邪推して、左へはよらないで態と右へ寄るに相違ないと考えたからです。

Because, in this way, he thought that he was supposedly fooled by the nature of everyday life, and he thought that he had to go to the right and to the right without going to the left.