文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

赤い部屋:江戸川 乱歩(255-295)/400

 そして、宿から半里程のある小高い崖の頂上へ辿りつき、私はそこでじっと夕闇の迫って来るのを待っていました。

Then I arrived from the inn to the top of a half high cliff, and I was waiting for the darkness to come.

その崖の真下には汽車の線路がカーブを描いて走っている、線路の向う側はこちらとは反対に深いけわしい谷になって、その底に一寸した谷川が流れているのが、霞む程遠くに見えています。

Just below that cliff, the railway track runs in a curve, and on the opposite side of the railway track, it becomes a deep valley opposite to this, and a valley river flowing at the bottom is flowing far away I can see it.

 暫くすると、予め定めて置いた時間になりました。

After a while, it was time to set in advance.

私は、誰れも見ているものはなかったのですけれど、態々一寸つまずく様な恰好をして、これも予め探し出して置いた一つの大きな石塊を蹴飛しました。

I didn't see what everyone saw, but I made a slight stumbling, and kicked off a large block of stone I found in advance.

それは一寸蹴りさえすればきっと崖から丁度線路の上あたりへころがり落ちる様な位置にあったのです。

It was in such a position that it would just fall from the cliff to the top of the track if only a quick kick was made.

私は若しやりそこなえば幾度でも他の石塊でやり直すつもりだったのですが、見ればその石塊はうまい工合に一本のレールの上にのっかっています。

I was going to do it again and again with other stone blocks if I missed it, but if you look at it, the stone blocks are nicely placed on a single rail for the craftsmanship.

 半時間の後には下り列車がそのレールを通るのです。

After half an hour, the down train passes the rail.

その時分にはもう真暗になっているでしょうし、その石のある場所はカーブの向側なのですから、運転手が気附く筈はありません。

At that time, it will be dark and the location of the stone is on the side of the curve, so there is no trap for the driver to care about.

それを見定めると、私は大急ぎで、M駅へと引返し(半里の山路ですからそれには十分三十分以上を費しました)そこの駅長室へ這入って行って「大変です」とさも慌てた調子で叫んだものです。

When I saw it, I was in a hurry and returned to M station (Hanri's mountain road, so it cost more than 30 minutes) I went to the station manager's room and said, "It's a big deal." It screamed out in tune.

「私はここへ湯治に来ているものですが、今半里計り向うの、線路に沿った崖の上へ散歩に行っていて、坂になった所を駈けおりようとする拍子にふと一つの、石塊を崖から下の線路の上へ蹴落して了いました。

"I am coming here to Hot Springs, but now I am going to take a walk on a cliff along the track, and I am at a time when I'm going to lift up a slope. Stone blocks were dropped from the cliff onto the track below.

若しあそこを列車が通ればきっと脱線します。

If a train passes there young people will surely derail.

悪くすると谷間へ落ちる様なことがないとも限りません。

If it gets worse, there is no doubt that it will fall into the valley.

私はその石をとりのけ様と色々道を探したのですけれど、何分不案内の山のことですから、どうにもあの高い崖を下る方法がないのです。

I searched the road and various ways to get rid of the stone, but it is a mountain for which there is no guidance for a minute, so there is no way to go down that high cliff.

で、ぐずぐずしているよりはと思って、ここへ駈けつけた次第ですが、どうでしょう。

Well, I thought it was more of a pain, and it was up to me to go here, but what about it?

至急あれを、取りのけて頂く訳には行きませんでしょうか」

As soon as possible, I will not go for the sake of getting rid of it. "

 と如何にも心配そうな顔をして申しました。

I was very worried about it.

すると駅長は驚いて、

Then the stationmaster was surprised,

「それは大変だ、今下り列車が通過した処です。

"It's tough, it's where the down train has passed.

普通ならあの辺はもう通り過ぎて了った頃ですが……」

Normally it was about time I had passed that side ...

 というのです。

It is said.

それが私の思う壺でした。

That was my thought.

そうした問答を繰り返している内に、列車顛覆死傷数知らずという報告が、僅かに危地を脱して駈けつけた、その下り列車の車掌によって齎らされました。

While repeating such questions and answers, a report that the train was overturned and killed and injured was beaten by the conductor of the descending train, who slightly escaped from the ground and burned it.

さあ大騒ぎです。

Now it's a fuss.

 私は行がかり上一晩Mの警察署へ引ぱられましたが、考えに考えてやった仕事です。

I was pulled over to the police station of M one night, but it was a job I thought for.

手落ちのあろう筈はありません。

There is no oversight.

無論私は大変叱られはしましたけれど、別に処罰を受ける程のこともないのでした。

Of course I was greatly beaten, but I didn't have to do anything else to get punishment.

あとで聞きますと、その時の私の行為は刑法第百二十九条とかにさえ、それは五百円以下の罰金刑に過ぎないのですが、あてはまらなかったのだそうです。

When I ask you later, my act at that time was only a fine of up to five hundred yen, even for Article 129 of the criminal code, but it was not true.

そういう訳で、私は一つの石塊によって、少しも罰せられることなしに、エーとあれは、そうです、十七人でした。

For that reason, I was seventeen, ah and that one, without being punished at all by a single stone block.

十七人の命を奪うことに成功したのでした。

It succeeded in taking the lives of the seventeen people.

 皆さん。

everyone.

私はこんな風にして九十九人の人命を奪った男なのです。

I am a man who has taken the lives of ninety-nine people like this.

そして、少しでも悔ゆる所か、そんな血腥い刺戟にすら、もう飽きあきして了って、今度は自分自身の命を犠牲にしようとしている男なのです。

And he is a man who is getting bored with such bloody acupuncture, even if he is a little regret, and is now trying to sacrifice his own life.

皆さんは、余りにも残酷な私の所行に、それその様に眉をしかめていらっしゃいます。

You are frowning like that on my way too cruel.

そうです。

That's right.

これらは普通の人には想像もつかぬ極悪非道の行いに相違ありません。

There is no doubt that these are the acts of the most complete unimaginable to the ordinary person.

ですが、そういう大罪悪を犯してまで免れ度い程の、ひどいひどい退屈を感じなければならなかったこの私の心持も、少しはお察しが願い度いのです、私という男は、そんな悪事をでも企らむ他には、何一つ此人生に生甲斐を発見することが出来なかったのです。

However, my heart that I had to feel such awful boredom that I could not avoid making such a great sin, I hope for a little bit, the man I call such evil But other than planning, I could not find anything worthwhile in my life.

皆さんどうか御判断なすって下さい。

Please make judgments about everyone.

私は狂人なのでしょうか。

Am I a madman?

あの殺人狂とでもいうものなのでしょうか。

Is that what you call a murderer?

 斯様にして今夜の話手の、物凄くも奇怪極まる身の上話は終った。

Thus, the talk of the tonight's speaker, a tremendously bizarre, is over.

彼は幾分血走った、そして白眼勝ちにドロンとした狂人らしい目で、私達|聴者の顔を一人一人見廻すのだった。

He was somewhat bloody, and with a white eye, a drone and a madman eye, we looked at each of the listeners' faces.