文学その3

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

赤い部屋:江戸川 乱歩(339-400)/400

奇怪な物語りの後のこの出来事は、私達に余りにも烈しい衝動を与えたのだ。

This event after the bizarre narrative gave us too intense impulses.

それは時計の目盛から云えば、ほんの僅かな時間だったかも知れない。

It may have been a very short time, in terms of the scale of the clock.

けれども、少くともその時の私には、私達がそうして何もしないで立っている間が、非常に長い様に思われた。

But at least at that time it seemed so long while we were standing up doing so.

なぜならば、その咄嗟の場合に、苦悶している負傷者を前にして、私の頭には次の様な推理の働く余裕が十分あったのだから。

Because, in the case of the bribe, in front of the afflicted injured person, my head had enough room for the following reasoning to work.

「意外な出来事に相違ない。

"It must be a surprising event.

併し、よく考えて見ると、これは最初からちゃんと、Tの今夜のプログラムに書いてあった事柄なのではあるまいか。

On the other hand, if you think about it carefully, it may not be something that was written in T's program from the beginning properly.

彼は九十九人までは他人を殺したけれど、最後の百人目だけは自分自身の為に残して置いたのではないだろうか。

He killed up to ninety-nine people, but may not have left only the last hundred for himself.

そして、そういうことには最もふさわしいこの『赤い部屋』を、最後の死に場所に選んだのではあるまいか、これは、この男の奇怪極る性質を考え合せると、まんざら見当はずれの想像でもないのだ。

And, I wonder if I chose this "red room" most suitable for such a place as the place of death in the last, this is not a misconception of misconception when considering the bizarre nature of this man 'S.

そうだ。

That's it.

あの、ピストルを玩具だと信じさせて置いて、給仕女に発砲させた技巧などは、他の殺人の場合と共通の、彼独特のやり方ではないか。

Well, isn't it the manner that he makes a pistol believe as a toy and makes the serving woman open fire unique to him in the same way as in the case of other murders?

こうして置けば、下手人の給仕女は少しも罰せられる心配はない。

In this way, there is no need to worry about being punished by a poor serviceman.

そこには私達六人もの証人があるのだ、つまり、Tは彼が他人に対してやったと同じ方法を、加害者は少しも罪にならぬ方法を、彼自身に応用したものではないか」

There are six of us witnesses, that is, T does not apply to himself the same way he did for others, and for the perpetrators to do nothing wrong with him "

 私の外の人達も、皆|夫々の感慨に耽っている様に見えた。

People outside of me also seemed to be in love with each other.

そして、それは恐らく私のものと同じだったかも知れない。

And that may have probably been the same as mine.

実際、この場合、そうとより他には考え方がないのだから。

In fact, in this case, there is no other way of thinking.

 恐ろしい沈黙が一座を支配していた。

A horrific silence dominated the troupe.

そこには、うっぷした給仕女の、さも悲しげにすすり泣く声が、しめやかに聞えているばかりだった。

There was only a whispering voice of sorrow and sorrow of the punished serving lady.

「赤い部屋」の蝋燭の光に照らし出された、この一場の悲劇の場面は、この世の出来事としては余りにも夢幻的に見えた。

The scene of this tragic tragedy, illuminated by the candlelight in the "red room," looked too imaginative as an event of the world.

「ククククク……」

"Kukokukukoku ..."

 突如、女のすすり泣の外に、もう一つの異様な声が聞えて来た。

Suddenly, another strange voice came in addition to the woman's sob crying.

それは、最早や藻掻くことを止めて、ぐったりと死人の様に横わっていた、T氏の口から洩れるらしく感じられた。

It was felt that it would leak from Mr. T's mouth, who had stopped rubbing algae and was lying like a dead man.

氷の様な戦慄が私の背中を這い上った。

An ice-like battle swept my back.

「クックックックッ……」

"Cook cook ......"

 その声は見る見る大きくなって行った。

The voice went to see and grow.

そして、ハッと思う間に、瀕死のT氏の身体がヒョロヒョロと立上った。

And while I was wondering, the body of Mr. T, who was dying, stood up with Hyohyo.

立上ってもまだ「クックックックッ」という変な声はやまなかった。

Even if it stood up, the strange voice of "Kook Kook Kook" did not stop still.

それは胸の底からしぼり出される苦痛の唸り声の様でもあった。

It was also like a roar of pain squeezed out from the bottom of the chest.

だが……、若しや……オオ、矢張りそうだったのか、彼は意外にも、さい前から耐らないおかしさをじっと噛み殺していたのだった。

But ... ...... Young, ...... Oh, I was expecting him, surprisingly, he had been bitten by the weirdness he had for a long time.

「皆さん」彼はもう大声に笑い出しながら叫んだ。

"Everyone," he shouted, laughing out loud.

「皆さん。

"everyone.

分りましたか、これが」

Did you understand, this is "

 すると、ああ、これは又どうしたことであろう。

Well, yes, this is what happened again.

今の今まであの様に泣入っていた給仕女が、いきなり快活に立上ったかと思うと、もうもう耐らないという様に、身体をくの字にして、これも亦笑いこけるのだった。

If the serving lady who had been crying like that up until now thinks that it has suddenly risen to a bright spot, it makes the body into a letter like this no longer resisting, and this also laughs The

「これはね」やがてT氏は、あっけにとられた私達の前に、一つの小さな円筒形のものを、掌にのせてさし出しながら説明した。

"That's it," Mr. T explained in front of us who had been taken aside, putting one small cylindrical thing on my palm.

「牛の膀胱で作った弾丸なのですよ。

"It's a bullet made of a cow's bladder.

中に赤インキが一杯入れてあって、命中すれば、それが流れ出す仕掛けです。

There is a lot of red ink in it, and if you hit it, it's a trick that starts to flow.

それからね。

Then you.

この弾丸が偽物だったと同じ様に、さっきからの私の身の上話というものはね、始めから了いまで、みんな作りごとなんですよ。

Just as this bullet was a fake, my story on my own from the beginning was finished from the beginning, and everyone is making it.

でも、私はこれで、仲々お芝居はうまいものでしょう……。

However, I think that this is how good the middle class plays ....

さて、退屈屋の皆さん。

Well, boring guys.

こんなことでは、皆さんが始終お求めなすっている、あの刺戟とやらにはなりませんでしょうかしら……」

In such a thing, it will not be that acupuncture and moxibustion that everyone is buying after all ... ... "

 彼がこう種明しをしている間に、今まで彼の助手を勤めた給仕女の気転で階下のスイッチがひねられたのであろう、突如真昼の様な電燈の光が、私達の目を眩惑させた。

The switch of the downstairs would have been turned by the whistle of the serving lady who had served as his assistant while he was making a showdown, and the light of the lightning like daytime was suddenly our I dazzled my eyes.

そして、その白く明るい光線は、忽ちにして、部屋の中に漂っていた、あの夢幻的な空気を一掃してしまった。

And that white light beam was ruined, and swept away that dreamy air that was floating in the room.

そこには、曝露された手品の種が、醜いむくろを曝していた。

There, the seeds of exposed magic were exposed to the crawling mole.

緋色の垂絹にしろ、緋色の絨氈にしろ、同じ卓子掛けや肘掛椅子、はては、あのよしありげな銀の燭台までが、何とみすぼらしく見えたことよ。

Whether it's a vermilion silk, a vermilion carpet, the same table rack or armchair, and even a nice silver sconce, it looked so shabby.

「赤い部屋」の中には、どこの隅を探して見ても、最早や、夢も幻も、影さえ止めていないのだった。

In the "red room", no matter what corner I looked for, no longer had dreams, visions, or shadows stopped.

底本:「江戸川乱歩全集 第1巻 屋根裏の散歩者」光文社文庫、光文社

Somoto: "Edogawa Ranpo Complete Works Vol. 1 A Walk in the Attic" Koubunsha Bunko, Koubunsha

   2004(平成16)年7月20日初版1刷発行

July 20, 2004 First edition 1 print issued

   2012(平成24)年8月15日7刷発行

August 15, 2012 7 edition issuance

底本の親本:「江戸川乱歩全集 第七巻」平凡社

The main book of the bottom book: "Edogawa Ranpo Complete Works Volume 7" Heibonsha

   1931(昭和6)年12月

December 1931 (Showa 6)

初出:「新青年」博文館

First appearance: "New Youth" Hakubunkan

   1925(大正14)年4月

April 1925 (Taisho 14)

※初出時の表題は「連続短篇探偵小説(三)」です。

※ The title at the time of first appearance is "Continuous Short Detective Novel (3)"

※「飽き飽き」と「飽きあき」、「深切」と「親切」の混在は、底本通りです。

※ The combination of “satiky, bored”, deep-cut ”and“ kind ”is the main street.

※底本巻末の編者による語注は省略しました。

※ We have omitted the word notes by the editor at the end of the book.

入力:門田裕志

Input: Hiroshi Kadota

校正:岡村和彦

Calibration: Kazuhiko Okamura

2016年6月10日作成

Created on June 10, 2016

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were the ones who took part in input, proofreading and production.